人気ブログランキング |

ニュートラルな気づき 


by honnowa

<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日07/12/30の記事のつづきです。

昨日のような記事を書くと、なんだかわたしが一夫多妻制の肯定論者のように思われかねないので、きっぱり否定しておきますね。
だってどうみても紫の上より、雲居の雁のほうが女性としては幸せだもん。
世間体が悪かろうが、雲居の雁は実家でぬくぬくと暮せるんですよ。
父親は権勢家だから生活の心配はいらないし、なにより娘がかわいいから無理やり戻そうともしない。
後の話ですけど、別居しても雲居の雁は正妻の座であり続けるし、夕霧は左大臣に出世するし、夕霧は不公平のないように、雲居の雁と落葉の宮の許を半月づつきっちり通うし、上の娘は東宮に入内、次の娘も二の宮の正妻となります。
こうなると昔の流行語、「亭主元気で留守がいい」の見本ではありませんか。

それにしても源氏物語のなかで、どうして紫の上は女性の鑑のように持ち上げられるのでしょうか。
主人公が男性である光源氏ということもあるでしょう。
でも筆者は女性の紫式部。
彼女は何も感じなかったのでしょうか。
あれだけの才女が?

今回『夕霧』、『御法』と口語訳を読み返して、ようやく気づいたことがあります。
もし夕霧が面倒を見なければ落葉の宮は果たしてどうなっていたか、ということです。
柏木はけして落葉の宮を愛していたわけではありませんでした。
でも表向きは内親王を粗略に扱ったと評判が立たぬよう、大切に扱ってきました。
そして亡くなる直前に、夕霧に後のことを託します。

そもそも落葉の宮といい、彼女の妹にあたる女三の宮といい、内親王は独身で通すのがほとんどなのに、なぜ臣下に降嫁したかというと、父親の帝、もしくは院が万一のことになり、母方にしっかりした後見がいない場合、内親王であっても十分な暮らしが成り立ってゆかないからです。
柏木が夕霧に後見を頼んだのも、そういうわけです。
後の巻きでは、薫も同じ理由で内親王と結婚することになります。
内親王でさえそのような状況なので、ましてもっと身分の劣る女性たちの身の上は、ということになります。

六条院で源氏に引き取られた女君たちも、みなちゃんとした後見のない女性たちばかりでした。
まず紫の上がそうなのです。
ですから紫の上は一夫多妻を素直に受け入れたわけではなく、共済というか共生の精神で他の女性たちとうまくつきあっていったのではないでしょうか。
そこのところを同性の式部は美徳として受け止め、紫の上を称揚して描いているのだと思うのです。
そして同性として、そういうことに思い至らない雲居の雁を傲慢で思慮の足りない女性として落としているのでしょう。


本年最後の記事となりました。
一年間ほんとうにありがとうございました。
また来年も素晴らしいもの、素敵なものにたくさん出会える一年になりますように。
そして少しでもみなさまにも楽しんでいただけますように。
よいお年をお迎えください。
by honnowa | 2007-12-31 08:14 |
昨日07/12/29の記事のつづきです。

先に『夕霧』について考察し、つぎに『御法』を読むと、なぜこの順番なのか、ということに思い至りました。
『夕霧』の記事で、「この絵の前は風流な『鈴虫』で、後は紫の上が亡くなる『御法』ですから、ちょっと一息といったところでしょうか」と書きました。
絵的にはそうなのです。
いくら美しい絵でも何枚も同じようなのを見続けますと飽きますから、お口直しにちょうどいい感じなのです。
ですけど、口語訳のほうを読みますと、もう少し深い物語の構成の意図がわかります。

以下、引用はすべて円地文子の口語訳(新潮文庫)からです。

阿闍梨が落葉の宮の母親に、夕霧が宮のところから早朝に出てきたことを告げながら、(P118)

  それにしても困ったことです。御本妻の御威勢がまことに強い。お里方が今を盛りの御一
  族で大した権力です。お子さま方は、七八人にもなっておいででしょう。ここの内親王さま
  でも、上へ出ることはとてもお出来になりますまい。

花散里に答えて、夕霧は、(P163~164)
「南の御殿の上」とは紫の上のことです。

  それでも、私は決してあれのほうも疎かにはいたしません。失礼ではございますが、あな
  たさまなどの御身の上でもご推察下さい。女というものは、素直なのがついには勝ちをとり
  ます。口やかましく事を荒立てるのも、しばらくは面倒でもあり、うるさくもあるので気を遣っ
  ておりますが、男はいつまでもそう言いなりになっているわけでもないので、何か一騒動起
  った後では、お互いに厭気がさし愛想も尽きるものです。やはり南の御殿の上のお心遣い
  は何かにつけて御立派で、また、こちらのお心用いなどもとりどりにお見事なものと、近頃
  つくづく感じ入っております。

冷静に状況や夕霧の性格を判断すれば、雲居雁の正妻の座は揺るぎないので、同居していた三条の邸で様子を見ていればよかったものを、雲居雁はさっさと実家に帰ってしまいました。
ところが相手の落葉の宮は結婚状態になっても、まだ夕霧を拒み続けました。
そうでしょうとも。
亡き夫のよき友人として応対していたのが急に態度を変えられ、自身は内親王だから普通は独身でいるものなのに、最初の降嫁でさえ恥ずかしいと思っていたのが、さらに再婚ということになってしまったのです。
しかも夕霧の正妻は、亡き夫の妹なので、さらに恥ずかしく、そう簡単に納得できないのです。

ここで浮き彫りになるのは、雲居雁と紫の上との比較です。
紫の上は源氏から第一夫人のように大切に扱われましたが、ついに正妻「北の方」にはなれませんでした。
そして子供にも恵まれませんでした。
源氏には大勢の交際相手がいますが、どなたともうまく付き合って、おおらかに暮してゆきました。

『御法』では次のように書かれています。(P201)

  世の中には幸いを得て栄えていられる人でも、何ということなく世間の人々に妬まれ、身
  分が高ければ高いで際限なく驕り高ぶり、他人に辛い思いをさせる人もあるものである
  が、亡き紫の上は不思議なほどつまらぬ人々にまで好意を持たれ、ちょっとしたことをなさ
  っても、みな世間の評判がよく、奥ゆかしくて、その折々につけて気転がきき、まことに珍し
  い御気性であった。

紫の上がいかに素晴らしい女性であったかを称揚するために、前の巻きが思慮に欠ける雲居雁の登場となるのです。    

  
by honnowa | 2007-12-30 07:31 |
『御法』 (加藤純子作)
  (図録『よみがえる源氏物語絵巻』よりP34)

  大病ののち、健康が思わしくない紫の上は出家を願うが、別れて暮らすに忍びない源氏
  は、それを許さない。三月、紫の上が催した法華供養に多くの人たちが参会した。死期が
  近いことを悟っている紫の上は、盛大な儀式の様子を感慨深げに眺める。夏、明石中宮
  は、匂宮らを連れて紫の上を見舞い、紫の上は庭の紅梅と桜をこの後も慈しんでくれるよ
  うに頼む。秋の日の夕暮れ、紫の上は源氏や明石中宮と別れの歌をかわし、翌朝ついに
  不帰の人となった。

画像ですが前回と同じく、原本の国宝『源氏物語絵巻』は、

  五島美術館様のサイトより 『コレクション』から 『源氏物語絵巻』

平成復元模写は、

  『Fuji-tv ART NET』様より 『特別展 よみがえる源氏物語絵巻』
    (http://www.fujitv.co.jp/event/art-net/go/291.html)

美しい絵です。
この絵の場面を、これまた美しい円地文子の口語訳(新潮文庫P192~193)で味わいましょう。

  紫の上は、あるかなきかに痩せ細っておいでになるものの、かえってこうなられたお姿こ
  そ、限りなく高貴になまめかしい風情が一段と増さって、何一つ足りぬところもなくお見え
  になる。今まであまりに艶やかに匂い満ちて、美しさの濃艶すぎた盛りの頃には、まことに
  この世に咲き誇る花の色香にも譬えられるようであったが、今はこの上なく無垢な御様
  子で、この世をはかない仮初のものと思いとっていられるようなのが、譬えようもなくおい
  たわしくて、何とはなしにもの悲しい。
    風が荒く吹き出でた夕暮れに、前栽の草木を御覧になろうと、脇息に寄りかかっていら
  っしゃる時、殿がお出でになって、
  「今日はよくまあ、起きておいでになりますね。中宮の御前においでたと、大そう気分が晴
  れ晴れなさるようですね」
    とおっしゃる。
    このくらい気分のよいのさえ、ひどくお喜びになる殿の御様子を御覧になるのも上は辛
  く、いよいよ亡くなった時には、どんなにか気もそぞろにお嘆きになるであろうと思うと悲し
  くて、
  
     置くと見る程ぞはかなきともすれば風にみだるる萩の上露
     (こうして起きているのもしばらくのこと、萩の葉の上に置く露のように、いつ消えると
     も知れぬ命です)

    とお詠みになる。まことに風に吹き散らされて、こぼれるに違いない花の露のはかなさ
  にも、ちょうど較べられるお身の上と思える時だけに、殿はいっそう忍びがたくて、

     ややもせば消えをあらそふ露の世に後れ先だつほど経ずもがな
     (先を争って消えて行く露に変らぬはかない命も、せめて間をおかずに果てたいもの
     です)

    と仰せられて、涙を拭いきれぬほどお流しになる。中宮は、

     秋風にしばしとまらぬ露の世を誰が草葉の上とのみ見む
     (秋風とともに散るはかない露の命は、草葉の上のこととだけは思えません)

    とお詠み交わしになる。
    御器量はもとより、どなたも申し分ない方々なので、まことに見る甲斐のある御様子で
  いらっしゃるにつけても、このままにして千年も暮すことが出来たらと院はお考えになる
  が、思うにまかせぬことなので、お命を取り止めようもないのが悲しいことである。

復元模写の左側、強く撓められた秋草に直接露は描かれていませんが、下地が銀泥ですから、吹き零れた露がきらきらと地面に散り敷かれたように見えます。

この巻きを読み返してみて3つ気づいたことがありますが、長くなりましたので、続きは明日にします。

     
by honnowa | 2007-12-29 07:53 | 美術
先日26日に、『youTubeでみつけた美しい女性の肖像画』 という記事で、youTube の動画を紹介しましたが、それについて『弐代目・青い日記帳』のTakさんより、トラックバックをいただきました。
Takさん、どうもありがとうございました。
それにしてもさすがですね。
記事を書くとき、ふと、Takさんあたりはとっくの昔にチェック済みだろうなあと思ったのです。
そしてトラックバックを辿ってゆくと、案の定5月31日の記事でした。

  『弐代目・青い日記帳』様より 『Women In Art 』

そのTakさんの記事にトラックバックされた方の記事をみますと、「Technoratiによると2007年6月5日現在、世界の動画ランキング1位」 (カイエ様の 『Women In Art 』より)なのだそうです。
どうりで!
この動画、本日12月28日 10:55現在、「再生回数: 6,524,414 追加日: 2007年04月22日」です。

もちろんyouTubeの中で、もっと再生回数の多い動画はいくらでもあるでしょう。
でもこのような真面目なアートが一時でも世界の中の1位になったというのが嬉しいですね。
by honnowa | 2007-12-28 11:22 | サイト
『夕霧』 (加藤純子作)
  (図録『よみがえる源氏物語絵巻』よりP32)
  落葉の宮が静養中の母一条御息所とともに滞在していた小野の山荘を訪れた夕霧は、
  以前から抱いていた想いを宮に訴え一夜を過ごす。落葉の宮は強引な態度を不快に思い
  応じなかったが、翌朝夕霧の帰り姿が祈祷僧に目撃され二人の仲が疑われる。一条御息
  所は夕霧の本心を確かめようと病をおして手紙を送るが、その文を夕霧の妻雲井雁に奪
  い取られてしまう。手紙の内容を知らない夕霧は返事を送れず、一条御息所は夕霧の不
  実を恨みつつ世を去る。夕霧は、出家を願う落葉の宮を強引に一条邸へと連れ戻した。夫
  の行状に怒った雲井雁は子供たちを連れ、実家の致仕の大臣(頭中将)家へと去る。

画像ですが前回と同じく、原本の国宝『源氏物語絵巻』は、

  五島美術館様のサイトより 『コレクション』から 『源氏物語絵巻』

平成復元模写は、

  『Fuji-tv ART NET』様より 『特別展 よみがえる源氏物語絵巻』
    (http://www.fujitv.co.jp/event/art-net/go/291.html)

この巻きは悲喜こもごものホームドラマです。
しかも誤解が誤解を招くタイプのコメディです。
「喜劇を書くのは難しい」ということを聞いたことがありますが、紫式部は喜劇のセンスも抜群です。
この絵を見てもどこか滑稽でしょう。
雲井雁の姿も寝巻きです。
この絵の前は風流な『鈴虫』で、後は紫の上が亡くなる『御法』ですから、ちょっと一息といったところでしょうか。

夕霧のキャラクターは「まめ人」です。
「まめ」とは真面目、誠実、実直などの意味です。
夕霧と雲井雁は幼馴染で初恋の相手です。
その初恋を遂げ、雲井雁一筋だった夕霧が他の女性を好きになってしまったので、周りはびっくりなのです。

以下、円地文子口語訳(新潮文庫)からの引用ですが、
夕霧自身、「相当の身分の者で、私のように一人の女を守りつづけて、臆病な雄鷹のようにおどおどしているのはまずいますまい」と語りますし、雲井雁は「世間のお手本にもなるほどの品行方正なお方と殿をお讃め申し、親兄弟を始めとして、自分のことを結構な果報者のように讃めそやして下さっただけに、長い間連れ添うた後の今となって、こんな外聞の悪い目にあうとは何事であろうか」と嘆きます。
源氏も「(夕霧は)落ち着いてすべてに思慮深く、人に譏られる点とてもなく、万事無難に暮していられるのを親として誇らしく思い、自分が若かった頃、少々好色事が過ぎて浮名を流したことの不面目を償ってくれると嬉しく思っていた」が、「このように生真面目な人が思いつめていることは、意見しても聞き入れないであろうから、それを承知でもっともらしく諭してみたりするのもつまらぬことだとお思いになって、口をおつぐみになった。」

さて相手の落葉の宮は、実は夕霧を拒み続けます。
夕霧自身も誠実な人ですから、無理やり強引にというところまではしません。
ですから二人は何事もないのです。
ところが周囲がどんどん誤解していくのです。
そして夕霧は、いつか落葉の宮の心が折れ、自分を受け入れてくれるようになるということは、もうないだろう。
ならば周囲が勝手に誤解していることを利用し、亡くなった落葉の宮の母親が了解していたということにして、邸を整えて宮を移し、表面上の既成事実を固めてしまうのです。

落葉の宮は朱雀院の内親王ですが、朱雀院は出家し、母親は亡くなりましたので、たいした後見はいません。
雲井雁は権勢家の父がおり、なんといっても夕霧との間に8人もの子供がいますから、そのままでんと構えていればよかったのですが、短気を起し実家に戻ってしまいました。

さてその後、この三角関係はどうなったかと言いますと、宿木巻きに20年後が書かれています。
明石の中宮は、夕霧の娘六の君との結婚を逃げ回っている息子の匂宮をこう諭します。

  かの大臣の、まめだちながらこなたかなたうらやみなくもてなして、ものしたまはずやは
  ある。まして、これは、思い掟てきこゆることもかなはば、あまたも侍はむになどかあらむ

  あの大臣はあのように物堅いお方のように見えながら、三条の北の方にも一条の宮にも、
  どちらからも恨まれぬように上手に振舞っていられます。ましてあなたは、かねて私の考
  えているように東宮におなりになれば、お側に大勢お置きになっても何の差し支えもない
  のですから

ちなみに夕霧は藤典侍という女性とのあいだに4人の子供がいるので、計12人の子持ちです。
そして宇治十帖の主役、匂宮と結婚する六の君は、この女性との間の娘です。


《注意》
図録には「雲井雁」の字になっていましたが、円地文子訳のほうは「雲居雁」でした。
ほかの資料をあたっていませんので、今回は図録に従いました。
by honnowa | 2007-12-27 07:13 | 美術
きょうも youTube でみつけた動画です。
とても素敵なので、ほんとうは画面を表示させたいのですが、このブログはそれができないので残念です。
いつもどおりリンクを張りましたので、ご覧ください。

  youTubeより eggman913様の 『Women In Art 』

これは目の付けどころと順番がよいんでしょうね。
そしてパソコン技術。
こういうことができてしまう方、尊敬してしまいます。
そしてさらにいいのは、BGMの選択かしら。
バッハ様の『無伴奏チェロ組曲第1番 第4楽章サラバンド』 (BWV1007)です。

でもわたし、「BWV 182」を検索したんですけど。
なぜかこれがヒットしました。

  
by honnowa | 2007-12-26 07:03 | 美術
時節柄 youTube でバッハ様のクリスマスオラトリオを探してみました。
この曲はリコーダーが使われていないため、まだじっくりと聴いたことがないのですが、クリスマスらしい明るい曲が多そうです。
いま習い事はずっとヴィヴァルディをやっているので、きりがついたら久々にバッハ様に戻ろう。

さて選んだ曲は第19楽章のアリア『Schlafe, mein Liebster』です。
残念ながら画像にはまったく映っていないのですが、歌声と同じメロディーをフラウト・トラヴェルソが奏でています。

  youTubeより artgo2000様 『Schlafe, mein Liebster, genieße der Ruh 06』

この曲はアルトですが、バッハ様の時代にはこの動画のように少年が歌っていました。
それにしてもこの歌っている男の子、まだ小さい子ですよね。
よくこの9分もの歌を歌いきったものです。
あっぱれ!

古楽器演奏によるこの動画。
場所もずいぶんと渋い雰囲気の教会ですね。
始まりのほうに映っている彫刻もクリスマスらしく、まるで童話の世界のようです。
いったいこの教会はどこなのでしょう。
指揮はニコラウス・アーノンクールです。
若い!
この動画、いったい何十年前に撮影されたものなのでしょう。
それにしてはずいぶんと画像の状態がよろしいです。
そうするとソロの男の子もいい壮年になっています。
そのまま大人のプロの歌手になったのかしら。
彼と他の少年たちは、テルツ少年合唱団。
演奏はウィーン・コンツェントゥス・ムジクスです。

動画は全部で18個ありました。
せっかくですから、第1楽章もリンクを張っておきましょう。
お祝いムード満点です。
教会の様子と、彫刻がたっぷり楽しめました。

  同じく 『Jauchzet, Frohlocket, auf, preiset die Tag 01 』

現在のアーノンクール氏ですが、雑誌『音楽の友』より『バックナンバー』で『2007年8月号』を辿っていただきますと、画像があります。
by honnowa | 2007-12-25 07:27 | 音楽
今日はクリスマス・イブ。
なので源氏の図録は脇に置き、こんな絵を眺めています。

c0100148_10481582.jpg古川美術館が所蔵する『プシコー派の画家の時禱書』の図録より、『キリストの誕生』の一部です。
(正しくは「禱」の字の偏は、「示」です)
生まれたばかりのキリストを見つめる、驢馬と牛がなんとも優しい表情です。

楽しいクリスマス休日をお過ごしください。
by honnowa | 2007-12-24 11:11 |

『中古文学研究』

タイトル    中古文学研究
編  者     神作光一
発行所     双文社出版
発行日     1999年4月14日初版
         2005年5月15日3刷
Cコード    3095 (専門 単行本 日本文学、評論、随筆、その他)
内 容     中古=平安時代の文学史
動 機     大学のテキスト
私の分類   勉強
感 想     このブログで何度も書いていることですが、わたしがそもそも『源氏物語』など
  の古典文学の勉強を始めたのは、美術鑑賞が好きで、昔の日本美術を理解するには、ど
  うしても『源氏物語』と『古今和歌集』を押さえおく必要を感じたからです。
  
そうしてこの本で平安時代の文学史を俯瞰してみると、結局『伊勢物語』などの歌物語の系譜と『竹取物語』などの作り物語の系譜を集結し、さらに『古今和歌集』の和歌、『長恨歌』の漢詩も取り込んで最高峰として聳え立つのが『源氏物語』であると、あらためて源氏の意義を感じました。
一度最高のものができてしまうと、それ以降は、いかに源氏と違ったことするかの展開になります。
それは第二次世界大戦後の新しい価値観の導入まで、日本の文学界の基軸になっていたように、わたしには思えます。
高度成長期の最中に生まれ、バブルに青春を過ごした、たぶん現在の日本人で一番お気楽な世代であるわたしには、とくに精神的にすさんでいく現在に対し、文学はあらためて源氏に向かっていくといいのではと考えます。
源氏、とくに光源氏を主人公とした正編は、美しいもの素晴らしいものへの人間の美意識、創造力の挑戦だったと思うのです。

 
by honnowa | 2007-12-23 07:51 |

蔵書印の世界

源氏物語絵巻の記事はまだまだつづきますが、たまには話題を変えましょう。

『中古文学研究』 (神作光一編 双文社出版)の 『第九章 源氏以降の物語と歴史物語の展開』 (大倉比呂志)のP246、247に、「松阪の西荘文庫本」という言葉が登場しました。
平安末期から鎌倉初期にかけて成立したと考えられている『有明の別れ』、鎌倉時代成立とされている『あさぢが露』は、ともに散逸物語と考えられていたものが、昭和27年にその文庫から発見されたそうです。

その文庫についてまるで知らなかったので、Google検索かけたところ、興味深いサイトにいきあたりました。
それは国立国会図書館のサイトにある、『蔵書印の世界』というページです。
西荘文庫について、またその本を収集した小津桂窓についての紹介があるのみならず、さまざまな歴史的人物が取り上げられています。
新井白石、勝海舟、正岡子規、松平定信などなどの名前がありますが、わたしが注目したのは、渋江抽斎です。
渋江抽斎と言えば、そう、あの方。
森鴎外の小説になった、あの渋江抽斎です。
わたしこの小説大好きなんです。
とくにどこが好きかと問われれば、鴎外がこの歴史的に名を残したわけでもない市井の人物を調べるようになったいきさつです。
その手がかりとなったのが、武鑑に捺されていた抽斎の蔵書印です。
おこがましいのですが、鴎外が収集した武鑑に次々と渋江の印を見つけた興奮を少し実感することができました。
この小説が好きな方、ぜひぜひご覧ください。

  国立国会図書館様の 『電子展示会』より 『蔵書印の世界』


《語句の意味》 大辞林 第二版 (三省堂)より
ぶかん 【武鑑】
江戸時代、大名や旗本の姓名・出自・紋所・職務・石高・家臣の氏名などをまとめた名鑑。「大名武士鑑」「本朝武鑑」「太平武鑑」などの類。江戸前期より幕末まで民間書肆(しよし)により逐次改訂・出版された。
by honnowa | 2007-12-22 06:14 | サイト