人気ブログランキング |

ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

沢田研二LIVE 『Pleasure Pleasure』 名古屋公演 本番 2

昨日の記事のつづきです。
それでは下へ参ります~ (エレベーターガール?)
 ↓















予想はしておりましたが、お客様の年齢層高かったです。
ジュリーよりも年上のお姉様もいっぱいみえました。
若い方、男性はほとんどいませんでした。
1割、もしかしたら5%くらいだったのかも。
お陰様でわたしのような新参者には居やすかったです。
わたしは通勤スタイルで、パンプス、ジャケット、プリントのフレアースカートという恰好で、とてもロックコンサートの装いではなかったのですが、ジュリコンならば大丈夫でした。

まるで合唱の音楽会のような雰囲気だったのですが、1曲目の『ROCK'N ROLL MARCH』のイントロのズズチャチャ ズズチャチャのドラムが始まった瞬間、スポーツの応援のウェーヴのように、1列目から後へザーと立ち上がり、あっという間に総立ちになった状態でジュリーが舞台後から登場しました。
思い出しても鳥肌立つ~
ジュリ友さんからは、「さっと立てるように、入場したらバッグを座席の下に置くように」とメールをもらっていたのでバッチリでした。
ありがと~
「これね、これね」と津波がくるのを?余裕を持って待っていました。
そこから9曲目のバラード『明星』が始まるまでは、総立ちでした。
その後は各自、座ったり立ったりでしたが、1階の先頭列から数列のコアな方々は2時間半の公演中ずっと「立ちっぱ」でした。
すごすぎる・・・

ジュリーが「サプリメントなんて飲んでも・・・」とMCで突っ込みいれてましたが、1階前列の方たちいらないでしょ~
好きなものがあるからストレスは溜まらないし、ジュリコンで足腰鍛えてるし。
わたしもそういうアラカンになるぞ~!

それよりも更に驚いたのは、自分自身のことでした。
わたし、全曲歌えちゃいました。
予習の成果ですね。
暗記が苦手なのに、なんてミラクルな。
予習は歌詞の内容を把握しようと聴いていたので、覚えるつもりはなかったんですよ。
それにキーの高さが違うので、好きな歌でも、予習中一緒に歌ったりはしていなかったですし。
行きの電車の中で、セットリストをみていたら、タイトルだけで曲を思い出せたので、それだけでも感心していたのですが。

もしわたしのように、これから一人で初参加する方がみえましたら、やはり予習をお勧めします。
イントロ聴いただけで、「バラードだから座ってじっくり聴こう」とか「これは立たなきゃ」とか、無駄な動きをしなくてもすみますよ。


記事は次回につづきます。

《関連記事》

  「沢田研二LIVE 『Pleasure Pleasure』 名古屋公演 本番 1」 (09/06/27)
by honnowa | 2009-06-28 09:06 | 音楽