ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:my study ( 135 ) タグの人気記事

1980年1月3日、沢田研二さんはテレビドラマ『源氏物語』で光源氏役を主演しました。(※1)
どういう時期の沢田さんかといいますと、同じ年の元旦に『TOKIO』を発表しています。(※2)
当時、最先端ミュージックだったテクノポップと世相を意識し(※3)、世間をあっと言わせたあのびっくりセット付き衣装と光源氏。
ジュリー、芸の幅が広い~
でもあの電飾ネオン+パラシュートを、お笑いにせずにかっこよく見せてしまうのですから、平安貴族の装束くらい着こなせないはずがありません。
31歳のジュリーの表情に、若いころの愛らしさはなくなりましたが、その代わりにクールな翳りが現れてきます。
この時期以降のジュリーを、歌番組でない映像でもっとよく観ておけばよかった。

さて今日の記事は、この頃の沢田さんや主演のドラマのことでなく、文学としての『源氏物語』とタイガース時代の可愛らしいジュリーを絡めてみたいと思います。

You Tube には、タイガース時代の動画や画像がたくさんUPされています。
そのころのジュリーの可愛らしさときたら。
当時の少女たちが熱狂した気持ち、わかります。
わたしは当時のことは知りませんので、そのころからジュリーを支持し、今日までお宝を大切に保存し、勇気を奮って公開されている熱心なファンの方々に本当に感謝しています。

後年の特集番組で吉田建さんが、紅白歌合戦で『時の過ぎゆくままに』を歌うジュリーを視て(※4)、その美しさを「誰でも好きになっちゃう」と表しましたが(※5)、タイガース時代のジュリーこそは「誰でも好きになっちゃう」可愛らしさです。

あまりの可愛らしさに、パソコンに向かって「ラブリ~!」と叫んでしまうのですが、その時に『源氏物語』についてのある文章を思い出しました。
それは、光源氏は幼少のころ、とても可愛かったというものです。
どれくらい可愛かったかというと、桐壺帝の寵愛を独り占めしたために源氏の母親を憎んでいた弘徽殿の女御でさえ、すげなくできなかったほどです。
弘徽殿の女御からすれば、源氏は自分の息子のライバルでもあり、一時は東宮の座も取られかねないと危惧していました。
ですから本来は可愛いと思うはずがない。
それでも構わずにほおっておくことができないほど、源氏は可愛かったのです。
そしてそれくらいに可愛いく魅力がなければ、後ろ立てのない子供が宮廷で生き延びられるはずがないというものでした。
読んだ資料がみつかりませんので、出典を挙げることができません、ごめんなさい。

では円地文子の口語訳でこのあたりを読んでみましょう。
『源氏物語 巻一』(新潮文庫)より P37

  たとえ荒くれ武者や仇敵であっても、この御子を見ては、思わず微笑まずにはいられない
  御様子なので、さすがの女御もすげなく構いつけずにはお置きになれない。このお方のお
  生みになった女御子がお二方いらっしゃるけれども、若宮のお美しさには及びもつかな
  かった。

平安時代は母系社会です。
通常子供は母親の家で育てられます。
しかし源氏は幼いころに母親を、そして唯一の後ろ立てだった祖母も続けて亡くしたため、誰も育てる人がいなくなり、宮中に引き取られます。
これは異例のことです。
帝は、弘徽殿の女御が生んだ一の御子よりもこの子をと思うのですが、様々に慮って、結局は一の御子を東宮にします。
このような状況では普通は何が起こるでしょうか。
ぶっそうな言い方ですけど、消されますよね。
古今東西の宮廷史上、よくあることではありませんか。
子供のことなので、事件が歴史の表に出てくることは少ないですが。

紫式部はノンフィクション作家ではないので、そのようなお話しにはしませんでした。
そこまでリアルに書いてしまっては、読者がつかないどころか、宮使いクビです。
でもそれならば、並みの作家ならば継子いじめの物語にしたのではないでしょうか。
継子いじめの物語も世の東西を問わず、たくさん創作されています。
『落窪物語』・『白雪姫』・『シンデレラ』etc
その方が王道といいますが、物語の常套手段です。
源氏のようにそのような状況に置かれながらも、それらをいっさい寄せ付けない設定の方が珍しい。
物語を、普通では思いつかないようなストーリーに進行させるために、紫式部は光源氏を輝くばかりに美しく、女の子よりも愛らしくしました。
ということは、光源氏は白雪姫よりも可愛かったのです。
あのディズニーの描いた可愛らしい白雪姫でさえ、継母からいじめ抜かれ、あげくに毒殺されかかりました。
弘徽殿の女御もそこまでしてもおかしくない状況だったにもかかわらず、彼女は幼少時の源氏をいじめることはできなかった。
(源氏が大人になってからはやりましたけど)

では白雪姫よりも可愛いとは、具体的にどういう容姿なのでしょうか。
そこでタイガース時代のジュリーです。
女の子よりも可愛い!
しかもただ可愛いだけではだめなのです。
大切なのは、見飽きない可愛さ、過ぎない美しさです。
過度の美貌は鼻について、却って嫌われるもとです。
「美人は3日見たら飽きる」という表現がありますが、それもまただめです。
飽きられたらおしまいですもの。
人気家業のジュリーも、後ろ立てのない光源氏も。
芸能界でゆるぎない地位を築くまで、または6歳で宮中に引き取られ、12歳で元服して左大臣家の姫君と結婚して強力な後ろ立てを得るまでは、ジュリーも源氏もその魅力的な容姿で切り抜けてゆきます。
そういう運命を力強く切り開いてゆく伸び盛りの愛らしさ、女の子よりも可愛らしいという点で、わたしはタイガース時代のジュリーを幼少期の光源氏と重ねてみるようになりました。


  《出典》
※1 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 『沢田研二』

※2 前掲より 『沢田研二の作品』

※3 YMO シングル『テクノポリス』 (1979年10月25日)
          〃  『ライディーン』 (1980年6月21日)
   前掲より 『イエロー・マジック・オーケストラ』

※4 You Tube で「沢田研二」と検索すると、最も再生回数が多いのが(09/01/02現在)
    この動画です。
   http://jp.youtube.com/watch?v=M4O1di7fmW8

※5 You Tubeより http://jp.youtube.com/watch?v=XX3it5stkqk 


  《参考文献》
『源氏物語のテーマを探る ─母のない娘、娘のない女、紫の上の場合─』 
  (河地修 東洋大学通信教育部学友会)
[PR]
by honnowa | 2009-01-02 16:38 |

本日も古事記の勉強です

c0100148_13112674.jpg

3日間でこれだけの本+プリント。
全部でなく、一部分ですけどね。
[PR]
by honnowa | 2008-07-26 07:35 |

古事記の勉強中

c0100148_1382959.jpg

昨日から古事記の講義を受けています。
この物語をどう受けとめればよいのやら。
ギリシャ神話のように物語として楽しむわけにはいきません。
律令国家を作るほどの人々の知性や教養と、神話的おおらかさに隔たりがありすぎです。
[PR]
by honnowa | 2008-07-25 13:15 |

森鴎外と草なぎ剛

タイトルを見てピンときた方は、ある特定の分野の勉強をした方だと思います。
「明治の文豪とSMAPがなにか?」と思われた方、あっさり読まないで、ちゃんと字を見て下さいね。
わたしはと言いますと、森鴎外についてはパソコンが普及する以前のワープロ時代から、よく取り上げられていたことなので認識しておりましたが、草なぎ君についてはネットの芸能ニュースで、変わった表示をするなあと思うばかりで。
これまで見たのは、草なぎ、草ナギ、草薙、草剪、草弓剪、草〓
でも草なぎ君はアイドルですし、若い人たちはシャレで「弓剪」のように、漢字を分解して別々に全角で表記したりしますから、その流れかなと、案外と納得しておりました。
草☆剛というのも見たことがあります。
こうなると正式なハンドルネームかな?とか、「チョナン・カン」のようなキャラクター名かな?と勘違いしそうです。

『講座社会言語科学2 メディア』 (橋元良明編 ひつじ書房)の、『漢字コード問題』 (笹原宏之)に、森鴎外の「鴎」の字、草なぎ君の「なぎ」の字が取り上げられていました。

正しい表記は「鷗」「彅」です。
さてここで注意ですが、わたしのパソコンでは、直接この字は変換できませんので、他のサイトからコピペしたものです。
みなさんのパソコンではいかがでしょうか。

なにぶんにも「JIS漢字」について、上記の本を読んで初めて知ったばかりなので、これ以上この話を続けることはできませんが、わたしのパソコンと同じように、森鴎外と草なぎ君を正しく表示できない方は、以下のサイトを参考にして下さい。

  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 『森鴎外』

  同じく 『草なぎ剛』

どちらにも、右側のプロフィールの上に「この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)」と記載されています。
「JIS X 0213:2004」、「詳細」それぞれを、クリックして先をご覧下さい。

森鴎外や草なぎ君を正しく変換したい場合は、「JIS2004 対応 MS ゴシック & MS 明朝フォントパッケージ」をインストールする必要があります。

そうですねえ・・・
読書系ブログ(のつもり)としては、森鴎外は森鷗外と表示させたいですね。
[PR]
by honnowa | 2008-05-29 06:06 |

「排」と「配」

『情報サービス概説』という、図書館情報学のテキストを読んでいます。
読んでいて、どこの業界にもそれぞれ特有のことがあるもんだな、と感じる箇所があります。
そういう見方ができるというのは、「年の功」のおかげですね。

さて、その本の中に、「排架」、「排列」という言葉が使われていました。
読めますし、文脈で意味もわかるのですが、なんとなく違和感です。
「書架に情報源(冊子=私注)を排架し」、「排列方法は、基本的な検索手段である。一般的には、五十音順、アルファベット順・・・」という具合です。
どうして「配架」、「配列」ではないのでしょう。

わたしの手持ちの国語辞典と漢和辞典、ならびにネットで利用できる『大辞林 第二版 (三省堂)』では、「排」と「配」の使い分けはわかりませんでした。
もう少しネットで調べてみると、意外なことがわかりました。

  『国立国会図書館』様の 『調べ方案内』>『レファレンス共同データベース』
    >『レファレンス事例詳細』より 『なぜ図書館用語の「ハイカ」を「排架」と書くのか。』


みなさん、「排」と「配」にこんな区別があったなんて、ご存知でした?
しかも、「排」が一時期使えなかったから代わりに「配」を使っていたということも。
「排」の字は、いまや「温暖化ガス排出削減」など、新聞に載らない日はないくらい、よく使われてますのに。
わたしの手持ちの、中高生が勉強に使うような漢和辞典では、どちらにも「並べる」という意味が載ってますし、順番があるかどうかの区別までは記載されていません。
「排」のほうだけ、「兄弟の順序」と載っているくらいです。

そこでネットで利用できる中日辞典で調べてみました。
『デイリーコンサイス中日辞典』 (三省堂)より

  【排】 p a i 『名』
  (1) 列:
  [后~]後列.
  (2) 《軍》小隊.
  ━ 『動』
  (1) 列を作る,並べる:
  *把酒杯~整齐|グラスを整然と並べる.
  (2) リハーサル(稽古)をする.
  (3) 排除する,押しのける:
  *把水~入河里|水を川に押し流す.
  (4) 押し開ける:
  *~门而出|ドアを押し開けて出る.
  ━ 『量』列になったものを数える:
  *一~汽车|一列に並んだ自動車.
  《食》パイ状のもの:
  [苹果~]アップル‐パイ.
  [牛~]ステーキ.

  【配】 p e i 『動』
  (1) 結婚する,男女が結ばれる:
  [许~](女子の)婚約が整う.
  (2) (家畜を)交配させる.
  (3) 適切に調和させる,取り合わせる:
  *药~好了|薬が調合できた.
  (4) (計画的に)配備する,配分する:
  [~售]配給販売する.
  (5) 欠けている物を補う:
  *纽扣~了|ボタンは取りつけた.
  (6) 効果的な取り合わせとなる,引き立てる:
  *颜色不~|色が合わない.
  (7) (人が)…に値する,…する資格がある:
  *她不~当一名代表|彼女は代表たるにふさわしくない.

  犯罪者を流刑にして軍務につかせる:
  [刺~]《史》入墨を施したうえで流刑にする.

なるほど~
「排架」、「排列」のほうが、漢字本来の意味に適っているわけです。
[PR]
by honnowa | 2008-02-25 07:28 |
昨日08/02/01の記事のつづきです。

まずはこちらをご覧下さい。

  『Excite Bit 』より 『“コンピューター”と“コンピュータ”正しいのはどっち?』

わたしが長く勤めていた会社はパソコンや通信機器関係ではなかったのですが、やはり社内の文書はすべて、語尾の長音をとっていました。
「モーター」→「モータ」、「インバーター」→「インバータ」という具合です。
当初は不思議な感じがしたのですが、きっと漢数字の「一」やハイフン「-」等と区別をつけるためだろうと、自分なりに解釈していました。
というのも、(歳がばれますが)、わたしが入社した頃はオフコンやワープロさえ珍しく、手書き全盛だったので、伝票や仕様書、報告書などで、数字の「1」とアルファベットの「I」、数字の「0」とアルファベットの「O」や「D」などを区別するよう、書き方のルールがあったのです。
きっと長音をつけないのも、そういった理由なのだろうと思い、いつしかしっかり身についておりました。

上記の『Excite Bit 』のコネタニュースは昨年7月のものですが、これを読んで初めて本当の理由を知ったのです。
このニュース、わたしのように関心を持った方が多くいらしたようで、たくさんのトラックバックがつきました。
こちらは、そのなかでパソコンインストラクターをされている方のブログ記事です。

  『デザインと町と私』様より 『悩むカタカナ英語 パソコン用語編』

しかしこの長音の表記は、冒頭のコネタニュースほど簡単な問題ではないようです。
といいますのも、平成3年の内閣告示では、長音符号を付けるのが原則なのです。
内閣告示とJISの違いをわかりやすく取り上げたサイトがありましたので、ご覧下さい。

  社団法人土木学会様の 『土木学会の情報ポータルサイト』より
    『外来語の表記 (#180)』 (宮田 卓)


技術的な文書や仕事上のことでなければ、長音符号つけたほうがいいのかなあ。  
昨日取り上げた「ディストリビューター」ですが、「ディストリビューター」ですと、代理店という感じがして、「ディストリビュータ」ですと、機器という感じがしませんか。
いかがでしょう。
[PR]
by honnowa | 2008-02-02 07:57 |
『情報サービス概説』という本を読み始めたのですが、たくさんのカタカナ語が頭に入りません。
たまに知っている言葉があっても、情報処理用語としては意味が異なる場合もあります。
なのでお勉強です。

  ディストリビューター [distributor]  (『大辞林 第二版』 (三省堂)より)
(1)販売代理店。卸売業者。
(2)配電器。分電器。

わたしは「信号分配器」という意味で知っていました。
機械メーカーに長く勤めていましたが、そこは直販でなく代理店制を採っていまして、「販売代理店」「卸売業者」と呼んでいても、「ディストリビューター」という言葉を使ったことはありませんでした。
(1)の意味で「ディストリビューター」と言うと、なんだかネットワーク販売の世界の言葉に聞こえます。

この記事を書きながら、また別のことが気になってきました。
「ディストリビューター」の最後の長音(ー)を付けたほうがいいのか、付けないほうがいいのかです。
(2)の意味ならば、わたしは最後の「ー」は付けません。
たぶん、機械、機器に関連したお仕事を経験したことのある方は、付けないと思います。
でも(1)の場合はどうしようかなあ。

『情報サービス概説』では、「ディストリビュータ」、「プロデューサ」、「オペレータ」、「エンドユーザ」、とする一方、「サーチャー」、「ブローカー」、「ベンダー」です。
なんでしょう、この使い分け。
ちなみにこの本では、「コンピュータ」、「データ」です。

「コンピュータ」に関しては、わたしも最後の「ー」は付けません。
みなさんはいかがでしょうか。
「プリンタ」は「プリンタ」と書きますか、それとも「プリンター」でしょうか。

なぞなぞみたいですね、フフフ。
この続きはまたあした。
[PR]
by honnowa | 2008-02-01 06:26 |

横書き文書の句読点

横書き指定のレポートを作成しているのですが、どうにも句読点が気になってきました。
何のことかわからない方は、何でもよいのでお手元の本で横書きになっているものを、何冊か見てください。
句読点どうなってますでしょうか。
縦書きと同じ「、 。」もあれば、「, 。」だったり、「, .」というのもありませんか。

日常、自分で仕事やメールやブログと、横書き文書を書くのは、もっぱら「、 。」でした。
今回レポート作成のために、テキストの関連箇所を抜書きしていると、テキストに倣って「, 。」がいいのかなあ、と気になりだして。
そういえば、横書き文の句読点の書き方なんて、正式に習った記憶もありません。
そこで何冊か手持ちの本を見たら、上記のように書き方が混在していたのです。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には、興味深いことが載っていました。

  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 『句読点』

パソコンの変換の都合ならば、「、 。」のほうがありがたいです。
テキストを数行写し、句読点を「, 。」に直しているうちに、面倒くさくなってしまいました。
さらに『ウィキペディア(Wikipedia)』を読んで、まあ、いいかあ。
わたしは「、 。」でいきます。

 《メモ》
[PR]
by honnowa | 2008-01-31 06:39 |

「俊頼」さんのこと

もし万一、「俊頼」というお名前の方がご覧になられてましたら、ごめんなさい。
きょう取り上げるのは、平安時代の「俊頼」さんのことです。

『中古文学研究』(神作光一編 双文社出版)の第八章『伝統と革新──歌学の隆盛と後期和歌』(日比野浩信)よりP217『基俊と俊頼』、『俊頼の歌学『俊頼髄脳』』を読んでいてのことです。
俊頼って誰?
実はその前の項目で勅撰集『金葉集』の編者として、しっかり説明がされていたのですが、少しづつ読み進めていたので、前の項目とつながっていると気付かなかったのです。
本では説明済みとして、フルネームでなく名前だけの表記で、彼を軸にライバル関係にあった藤原基俊や前後の時代の人物について記述されてたので、俊頼のことが頭に入っていないと、チンプンカンプンの状態なのでした。

俊頼って誰だろう。
こういう場合の調べものは、圧倒的にネットを使います。
自称本好きなのに、ハハハ~
辞書を棚から取り出し、またもとの位置に戻すのが面倒で・・・

さてネットで調べる場合、「俊頼」ですと、もちろん現在にもそのようなお名前の方はいらっしゃるでしょうから、フルネームで検索をかけたほうがいいわけです。
でも今回は、苗字がわかりません。
平安時代の歌人だから、まあ「藤原」だろう、その項目に登場する他の歌学者もみんな藤原姓だし。
「藤原俊頼」でGoogle検索をかけてみました。
そうしましたら61件出てきました。 (08/01/29現在)

ここで古典に詳しい方はたぶん吹き出していらっしゃるでしょう。
ここまで真面目に読んでくださった方、ごめんなさい。
これは悪い調べ方の見本です。
けしてこのような調べ方をしてはいけません。
いけませんの見本です。
以下その顛末です。

その「藤原俊頼」61件のサマリー(タイトルの下に抽出された3行の抜粋)を見渡すと、なんとなくおかしい。
なにやらものすごく専門的そうで、一般的なサイトなさそうです。
だいいち61件なんて、件数が少なすぎます。
特殊な人物を論述の基準に据えるでしょうか。
違和感を覚えて、念のため歌論書「俊頼髄脳」を検索してみたところ5420件も出てきました。
しかもサマリーには「源俊頼」の表示がみえます。
えっ、藤原でなく源だったの?
そこで「源俊頼」で検索してみますと、10700件。
これはもう疑いようもなく、源俊頼さんですね。
失礼しました。
では藤原俊頼は何者?

ここでようやく本を紐解きました。
基礎知識を手っ取り早く調べるなら、高校生が授業に使用する「便覧」などの副読本が一番うってつけです。
たまたま「藤原俊頼」61件のサマリーに、「藤原俊頼(1114~1204)」という表記がありましたので、便覧でその時代を調べてみました。
すると!
1114~1204年の方は藤原俊成!
『千載集』の選者で、藤原定家の父親です。
いや~、もしかしたら同じ生年没年にあまり有名でなかった藤原俊頼という方がいたのかもしれませんが、古典初心者のわたしにはこれ以上何とも申し上げようがありません。
しかし中には勘違いかな?というのも見受けられます。
俊成が選者となった『千載集』に52首も選ばれた歌人は源俊頼です。
そして『金葉集』の選者も源俊頼です。
でもこれはあくまでサマリーを見ただけで、サイトの中を確認していませんから。
それに本当に実在の無名の「藤原俊頼」がいて、どなたか研究していらっしゃる方がいないとも限りませんし。
それにそれに、そもそもわたしが変な調べ方をしなかったら、気付かなかったことなのです。
[PR]
by honnowa | 2008-01-30 06:44 |
なぜタイトルに、「角川文庫の~」と断ってあるかといいますと・・・

『伊勢物語』の特徴についてのレポートをまとめようとしたところ、「角川文庫本の解説を読んでみてください」と指示が載っていました。
なぜ角川文庫?
講談社学術文庫ならばもっているのに~

以前に別の先生の『枕草子』の講義を受けたときも、参考文献に角川文庫の『新版枕草子』が指定され、その解説を丹念に読みなさいという指示でした。

さて『枕草子』は角川文庫本をもっていたので気に留めなかったのですが、違う先生からも角川文庫を指定されると気になります。
角川書店は辞書も刊行している老舗の出版社ですが、どうも世代的に角川文庫=映画と派手な宣伝というイメージが強くて。
今はどうなんでしょう。

そこで本屋に行ったわけなのですが、訳注が『枕草子』も『伊勢物語』も石田穣二という方でした。
『枕草紙』の解説は、文庫本の解説の域を超えた立派な論文で、さすがに専門家が勧めるだけのことはありましたが、『伊勢物語』のほうも本文248ページに対し、解説42ページという立派なものでした。
その立派な解説を見て、観念して?買いました。
わたしは読書マニアで活字中毒ですが、本を集める趣味はないんですけどもね。
きょうは、本文そのものでなく、解説目当てで本を買ったという珍しいケースとして記事にしました。

せっかく買ったので、較べてみましょう。
角川の『新版 伊勢物語』は、原文を全段載せた後、補注をまとめて載せ、その後に現代語訳です。
語釈は原文の下に脚注が付いています。
解説の他に、「業平卒伝」 「略系図」 「略年譜」 「和歌索引」 「語彙索引」が載っています。
文字はやや小さめです。
天福本系統の学習院大学蔵本を底本に、武田本に見られる本文の異同は脚注か補注に示した。

講談社の『伊勢物語』は上下本で、一段づつ原文、口語訳、語釈、補説となっています。
系図なども都度、補説に載っています。
解説のほかに「所収和歌一覧表」が載っています。
文字は大きめです。
底本は天福本系統の三条西家旧蔵本で、底本になく他本に見られるものは巻末に付載。
こちらの訳注は阿部俊子氏です。
『伊勢物語』全体の解説は13ページと少ないですが、一段ごとに詳細な補説が載っています。
[PR]
by honnowa | 2008-01-26 08:52 |