ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:You Tube ( 153 ) タグの人気記事

金環日食 予習

お風呂も済ませ、ごはんも食べた。
さあ、明日に備えて予習です。


「21日(月)午前6時15分より金環日食の映像を国立天文台 太陽観測所からライブ配信」(YouTube 国立天文台チャンネルより)
http://www.youtube.com/user/naojchannel?v=b53R6npSThM



「5/21の金環日食、前日にチェックすべきこと…曇りの日の危険も」(excite.ニュースより)
上掲の国立天文台以外にストリーミング放送するところを紹介してます。
空模様の兼ね合いもありますからね。
http://www.excite.co.jp/News/education/20120520/Resemom_7781.html


おお、地元科学館も負けてはいないぞ。
自分で直接観察して、ネットもテレビもチェックして、その隙に朝の支度、忙しくなりそう~
「2012年5月21日◯金環日食情報」(名古屋市科学館)
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/study/astro/astro_news/2012_0521.html

穴あきお玉、塩入れのフタ、滑り止めシート、木漏れ日による写真。
「金環日食の楽しく安全な観察方法」(上掲)
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/study/astro/astro_news/2012_0512_kansatsu.html
私は、穴あきフライ返し、おろし器、穴あき落し蓋、敢えて穴が四角いザルを用意。


なんと名古屋では932年ぶりだそうです。
「金環日食:21日朝、8300万人観測可能 起こる仕組み、歴史、安全な観察方法紹介」(毎日jpより)
http://mainichi.jp/select/news/20120517mog00m040005000c.html


とてもわかりやすい説明です。
「もうすぐ金環日食! 壮大な天体ショーはどうやって起こるのか」(msn.より)
http://topics.jp.msn.com/otoko_blog/science/article.aspx?articleid=1042509


「いよいよ金環日食間近、ところで3大天文現象って?」(前掲より)
http://topics.jp.msn.com/otoko_blog/science/article.aspx?articleid=1036061


「日食網膜症」(kotobankより)
http://kotobank.jp/word/%E6%97%A5%E9%A3%9F%E7%B6%B2%E8%86%9C%E7%97%87


買いました。
今晩は、これ読んで寝ます。
『Newton 臨時増刊 金環日食2012』
http://www.newtonpress.co.jp/eclipse2012/kounyuu.html


付録の日食メガネを製造している㈱ピクセンのHPより
「ビクセン「日食グラス」ご紹介・販売店情報(デザイン一覧)」
いろいろなデザインがあってカラフル~
サイト内には安全に観察する方法を紹介した動画もあります。
ご参考に。
http://www.vixen.co.jp/se2012/shop.htm

「ビクセン(企業)」(wikipediaより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%B3_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)
[PR]
by honnowa | 2012-05-20 21:53 | 自然
今回の記事は私のメモです。
黒紅葉が絡まないと数字も清々しかったりする。

2011-12まで
20位まで(204.12点以上)
(2011-12は赤字)

Total Score

Name Nat. Event Date SP FS Total
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER World Championships 2011 01.05.2011 72.98 144.87 217.85 S
2 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN XXI Olympic Winter Games 2010 28.02.2010 76.66 139.91 216.57 S
3 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN ISU GP Final 2009/2010 06.12.2009 75.36 138.89 214.25 S
4 Qing PANG / Jian TONG CHN XXI Olympic Winter Games 2010 28.02.2010 71.50 141.81 213.31 S
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS European Championships 2010 24.01.2010 73.92 139.23 213.15 S
6 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER ISU Grand Prix Final 2011/12 11.12.2011 69.82 142.44 212.26 S
7 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS ISU Grand Prix Final 2011/12 11.12.2011 71.57 140.51 212.08 S

8 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER European Championships 2010 24.01.2010 74.12 137.60 211.72 S
9 Qing PANG / Jian TONG CHN World Championships 2010 28.03.2010 75.28 136.11 211.39 S
10 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS World Championships 2011 01.05.2011 70.35 140.38 210.73 S
11 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER ISU GP Final 2010/2011 12.12.2010 74.40 136.32 210.72 S
12 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER XXI Olympic Winter Games 2010 28.02.2010 75.96 134.64 210.60 S
13 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS European Championships 2012 29.01.2012 72.80 137.65 210.45 S
14 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER ISU GP Rostelecom Cup 2011 27.11.2011 68.72 139.97 208.69 S

15 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER ISU GP HomeSense Skate Canada International 2009 22.11.2009 74.16 132.55 206.71 S
16 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN ISU Grand Prix Final 2005 19.12.2004 70.52 136.02 206.54 S
17 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER European Championships 2011 30.01.2011 72.31 133.89 206.20 S
18 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER World Championships 2010 28.03.2010 69.52 135.22 204.74 S
19 Tatiana TOTMIANINA / Maxim MARININ RUS XX Olympic Winter Games 2006 26.02.2006 68.64 135.84 204.48 S
20 Qing PANG / Jian TONG CHN World Championships 2011 01.05.2011 74.00 130.12 204.12 S


※()内は試合の開催年でシーズンではありません。
Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY 9回(2011 2011 2010 2010 2010 2011 2009 2011 2010)
Xue SHEN / Hongbo ZHAO 3回(2010 2009 2005)
Qing PANG / Jian TONG 3回(2010 2010 2011)
Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV 1回(2010)
Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV 3回(2011 2011 2012)
Tatiana TOTMIANINA / Maxim MARININ 1回(2006)
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 18:25 | パフォーマンス
今回の記事は私のメモです。

ヴォロトラ、以前のペアでもハイスコア出していたのね。

2011-12まで
10位まで(+高トラまで)
(2011-12は赤字)


Total Score

Name Nat. Event Date Total
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER World Championships 2011 28.04.2011 217.85 S
2 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN XXI Olympic Winter Games 2010 15.02.2010 216.57 S
3 Qing PANG / Jian TONG CHN XXI Olympic Winter Games 2010 15.02.2010 213.31 S
4 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS European Championships 2010 20.01.2010 213.15 S
5 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS ISU Grand Prix Final 2011/12 10.12.2011 212.08 S
6 Tatiana TOTMIANINA / Maxim MARININ RUS XX Olympic Winter Games 2006 13.02.2006 204.48 S
7 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV RUS European Championships 2010 20.01.2010 202.03 S
8 Wenjing SUI / Cong HAN CHN Four Continents Championships 2012 12.02.2012 201.83 S
9 Dan ZHANG / Hao ZHANG CHN World Championships 2008 19.03.2008 197.82 S
10 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS European Championships 2012 26.01.2012 193.79 S
11 Jessica DUBE / Bryce DAVISON CAN World Championships 2008 19.03.2008 192.78 S
12 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN World Championships 2012 30.03.2012 189.69 S


Short Program Score

Name Nat. Event Date Score
1 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN XXI Olympic Winter Games 2010 14.02.2010 76.66 S
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER XXI Olympic Winter Games 2010 14.02.2010 75.96 S
3 Qing PANG / Jian TONG CHN World Championships 2010 23.03.2010 75.28 S
4 Dan ZHANG / Hao ZHANG CHN World Championships 2008 18.03.2008 74.36 S
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS XXI Olympic Winter Games 2010 14.02.2010 74.16 S
6 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV RUS European Championships 2010 19.01.2010 73.54 S
7 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS European Championships 2012 25.01.2012 72.80 S 8 Tatiana TOTMIANINA / Maxim MARININ RUS World Championships 2005 14.03.2005 70.12 S
9 Jessica DUBE / Bryce DAVISON CAN World Championships 2008 18.03.2008 68.66 S
10 Tatiana VOLOSOZHAR / Stanislav MOROZOV UKR European Championships 2010 19.01.2010 67.60 S
11 Maria PETROVA / Alexei TIKHONOV RUS ISU Grand Prix Final 2005 17.12.2004 67.42 S
12 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS European Championships 2012 25.01.2012 66.89 S
13 Wenjing SUI / Cong HAN CHN Four Continents Championships 2012 11.02.2012 66.75 S
14 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN World Championships 2012 28.03.2012 65.37 S



Free Skating Score

Name Nat. Event Date Score
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER World Championships 2011 28.04.2011 144.87 S
2 Qing PANG / Jian TONG CHN XXI Olympic Winter Games 2010 15.02.2010 141.81 S
3 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS World Championships 2012 30.03.2012 140.90 S
4 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN XXI Olympic Winter Games 2010 15.02.2010 139.91 S
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS European Championships 2010 20.01.2010 139.23 S
6 Tatiana TOTMIANINA / Maxim MARININ RUS XX Olympic Winter Games 2006 13.02.2006 135.84 S
7 Wenjing SUI / Cong HAN CHN Four Continents Championships 2012 12.02.2012 135.08 S
8 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV RUS ISU GP Final 2009/2010 05.12.2009 128.57 S
9 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS European Championships 2012 26.01.2012 126.90 S
10 Dan ZHANG / Hao ZHANG CHN World Championships 2010 24.03.2010 126.58 S
11 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN World Championships 2012 30.03.2012 124.32 S
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 16:29 | パフォーマンス
2011-12シーズン、表現力を課題として取り組んでいましたが、その成果は・・・?
私にとっては予想外な結果でした。


比較用に、7月のアイスショーで滑ったEX
Takahiko Kozuka / 小塚崇彦 ~THE ICE 2011完全版
【小塚崇彦 ~ チェロソング / Takahiko Kozuka - Cello Song】


Takahiko Kozuka / 小塚崇彦 ~THE ICE 2011完全版
【小塚崇彦 ~ インナー・アージ / Takahiko Kozuka - Inner Urge】


ともに初期アイスショーお披露目のせいか、2つのプログラムに特にスケーティングに違いは感じられません。
SPの表情はいい。


RecintoMoxo様 「Takahiko Kozuka SP Skate America 2011」


顔がはっきり映ってなくても笑顔かどうかわかるもんですね。
どんな曲でも基本は笑顔で滑る事かな。
笑顔でないと硬さだけが伝わってきます。
なるべく笑顔で、要所要所で目は鋭く、口元ニヤリなんて表情ができたらいいんだけど。


frida340様 「2011 NHK Takahiko Kozuka SP B ESP」


見直すとNHK杯で既に変化は現れていました。
前半部で、以前より重心を下げているような。


icechannel2011様 「Takahiko Kozuka - 2011 Japanese Nationals SP」


今見直しての感想ですが、全日本故の安全策で、本人が余裕を持って滑っています。
でもスリリングな曲に、余裕と安心感はちょっとマッチしないかな。
ただし試合の結果をハラハラしながら見守るのとは感想は当然異なるでしょう。
全日本の感想、書き残しておけばよかった。


Azixpc様 「Takahiko Kozuka SP Worlds 2012 Nice」


ジャンプは残念だったけど、これすごく良かった。
特に後半の疾走感。
ジャッジへの表情での煽りもうまくやっている。

世戦は佐藤親子組が全員ジャンプを多く失敗したので、佐藤式スケーティングが徹底的に氷と合わなかったんだなと、この時は思っていました。が・・・


hitadely様 「Takahiko Kozuka - WTT 2012 - SP」


カメラワークもあるかもしれませんが、後半は従来の疾走感よりも力強さが、前半もスケーティングの質が変わった?と思わせるほど、対極だと思っていたPちゃんの滑りに(1目盛り程度ですが)似てきたように見えて吃驚しました。

この2人は、感情を全面に出すタイプではない、踊るタイプではない、スケーティング技術でアピールするタイプという面で同質でありながら、最も遠いスケーティングを披露してきて、私はコヅ君の摩擦抵抗も力技もない(ように見える)スケーティングこそフィギュアスケートらしく、もう一人の選手に対してはホッケーやスピスケの選手に半年ほどみっちりとステップの練習だけ集中特訓させたら、これくらいに滑れるのでは?と冷ややかに見ていたので、この変質は少々ショック。

20代前半の青年が世界レベルのトレーニングを続け、筋力をつけると、こうなってくるのは自然で仕方ないのかな?
とSP直後は考えていたのですが・・・

この後FSを見て、

hitadely様 「Takahiko Kozuka - WTT 2012 - LP」


あれ? いつものコヅ君?

さらにEXで、

hitadely様 「Takahiko Kozuka - WTT 2012 - EX」


この一番本人らしいプログラムを見て、SPのスケーティングの変化は、彼の表現であることを理解しました。

ここから先はぼやきです。
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 13:33 | パフォーマンス
さて前の記事の考察を経て、次ぎは浅田真央選手の腕の使い方です。

今シーズンも最後までジャンプが安定しませんでした。
佐藤式スケーティングが身についてきたのは、演技を見れば一目瞭然です。
ただどうしてもジャンプとの整合性がつかない。
それは腕の使い方がまだわかっていないからではないでしょうか。

浅田選手はジャンプの際に腕を使いません。
昔の高橋選手や、先の動画のアモディオ選手、羽生選手のように、直前まで腕をぶらんと下げています。
(真央ちゃん、それ男子の飛び方だよ)
注意して他の女子選手を見ると、3回転ジャンプを飛ぶのにクワドを飛ぶPちゃんのように腕を上げて構えます。
助走の間から体を持ち上げようと意識し、腕の振りを体を浮かせるのと回転速度を得るのに使っています。

ではどうして彼女は他の女子のように腕を使わないのでしょう?

・子供のころに理屈抜きにあっというまに3Aまで習得してしまい、腕の使い方などを意識して考えてこなかった(よいしょ、って飛んでたんだよね♪)
・身長は伸びつつもあまり体型は変わらなかったので、飛び方を変える必要になかなか迫られなかった。
・更に身長が伸びた時に、彼女のポジションがじっくりとジャンプの見直しを許す状況になかった。
・そこで自己流で修正する時には、スピードコントロールとタイミングと脚力で補った(結局それでオリンピックさえ乗り切ってしまった)

しかし佐藤コーチについて独自のスピードコントロールとタイミング取りを見直すことになったので、これまで全くやってこなかった腕を使ってのバランスとタイミングと回転速度を得ることを身につけなければならず、想像以上に難しくなってしまっているのではないでしょうか。

「想像以上に難しい」と大げさに書いたのは、彼女の手足の長さや素晴らしい柔軟性、スタイルの良さ、上半身の薄さを考えると、ジャンプ以外、日常にまで及んで、あまり肩甲骨や背筋、上腕の神経を駆使する必要が無かったのではないかと思うからです。
ビールマンは遠心力に逆らうため腕の力を物凄く使うと聞きますが、彼女の手足の長さと柔軟性なら、他の選手ほど筋力は使わずに済んだでしょう。

そのせいか振付をされた箇所では彼女の腕の使い方の優美さは群を抜いていますが、振付されていない部分、それこそジャンプの助走中など、彼女の腕は休んでいるように見えます。
多くの女子選手が少しでも自分を美しく見せようと、演技中ずっと腕にまで気を張っているのと対照的です。
(女性だし人に見られる競技だから、当然の如く意識することを無意識にできてしまうのかもですが)
この辺りは一長一短で、浅田選手は無駄に力を使わずにスタミナを持たせていると言えるかもしれませんし、だから3Aと鬼ステップがこなせるわけです(が、とちらかというと男性的な発想)
また無理な使い方をしないから、長い選手生活をまして3Aを飛びながら大きな怪我なくやってこれたのだと思います。
短所としては、だらんとして見えてしまう。
また男子選手よりも助走が長いので、間延びして見えてしまう。
意識して腕を上げている選手は、演技が途切れずに振りが継続しているように見えます。

また彼女が腕の神経を使いこなせていないと思わせるものに、ドーナツスピンでのポジション取りのもたつきがあります。
ビールマンが楽々できるのですから、もっとさっとエッジを掴めそうなものなのですが。
プルシェンコ選手は磁石のようにぴたっと手足がくっつきますよね。
もたつくのは手足を一度にベストポジションに同時にもっていけず、手がエッジの位置を探しているのでしょう。
意識が軸足や反対側の腕の所作に先に大きく気をを取られているのかもしれません。
(その辺りは単にエッジが恐くて慎重にやっているだけなのかもしれないし、スピンの得意な選手が同じ回転系のジャンプを必ずしも得意とも限らず、人の体の面白さでもありますが)

「腕の使い方がまだわかっていない」などと書いてしまいましたが、もしかしたら「わかってきたけどまだ器用に使いこなせない」状態にまでなっているのかもしれません。

目を瞠ったEXリベラの力強い所作は、腕を力強く使う意識の成果の表れのように見えます。


≪参考動画≫


「浅田真央(mao asada) 何をしていたのかなあ-凄く大切な事をしていたよ!」
http://youtu.be/c7tWCkYPQMs

この動画は先の世選のSP公式練習、6分間ウォームアップ、本番、FS公式練習、6分間ウォームアップ、本番が収められています。
練習映像は大部分がジャンプで、信夫コーチが見守る中、久美子コーチが浅田選手に何度も上半身や腕の動きを伝えていました。
真央ちゃん、女性コーチの方がいいのかな。
この動画を見ても、やはりジャンプのポイントは腕とよくわかりました。 
[PR]
by honnowa | 2012-05-05 21:34 | パフォーマンス
シングルとペア用の2012-13シーズンのSOV、LOD、GOE採点のガイドラインが発表されました。
公式和訳が出るまで待つとして(他力本願)、ざっと見ると、ジャンプのBASEとSOVは変更なし、ステップのレベル要件だった片足ステップが消されています。
あらぁ、見応えあったのに残念。


さてジャンプの話に。
今回の国別対抗戦の高橋大輔選手の圧巻のFSを視ながら、ふと(と言うよりも、やっと)気づいたことがあります。
彼はクワドの助走で右腕を背中につけるのですね。

彼の最近の動画を視ていたら、興味深い特集がありました。

dai3sexy様 「20120503 Daisuke Takahashi 特集」


1:05~ 2007年全日本のクワド
1:45~ 怪我後の練習時のクワド(髪型から昨年の夏かな?)
2:10~ 今シーズンのチャン選手と羽生選手とアモディオ選手のクワド(試合)
2:30~ 昨年のNHK杯のクワド
4:21~ NHK杯以降の練習(本田コーチが右腕を背中につけるよう指導しています。その直後のジャンプでは、助走は背中につけていますが、飛び上がるよりだいぶ先に腕を背中から離して以前の構えに)
5:42~ 世戦SPクワド(以前に比べ右腕を背中から離して前に持っていき軸を絞る体勢を作るまでが短くなった。ここでコツを完全に収得したか)
5:55~ 世戦FSクワド

どうやら高橋選手はクワドを完全に取り戻したようです。
ところで、なぜ右腕を背中につけるのでしょう?

ここからはスポーツ音痴の好き勝手な独り言なので、生暖かく読んでください。

・元々クワドを飛ぶのに腕の勢いは使っていなかった。
・腕は回転軸を作るためにだけに使っていた。
・足の筋力は試合に単発で入れるくらいは回復した
・怪我後のリハビリにより関節の駆動域が広がったが、逆にポジションがわからなくなった。

そこで関節の位置を固定するために、上半身を敢えて動きにくくするために右腕を固定することにした?

面白いのが他選手ですが、羽生君もアモ君も以前の大ちゃんのように、飛ぶ直前まで腕をぶらんとさせています。
腕は軸を作るだけ。
2人とも細見でまだ筋力やスタミナが十分とは言えませんが、それでもクワドが飛べてしまうくらいの筋力があるのです。
(細いから浮きやすいのもあるかも)
3回転ジャンプの延長線上でクワドを習得したともいえます。

対照的なのがPちゃんで、バレエダンサーのポーズのように、助走の長い時間腕を水平に構えています。
彼ほどの脚力とスタミナならば、助走なしの垂直飛びでも4回転できそうな気もするのですが。
ただ彼がクワドを入れたのは2010-11シーズンからで、それまでは挑みもしないどころか公式練習で飛ぼうともしなかったので、実は影で努力はしていたのでしょうが、それまでは全く飛べなかったのでしょう。
そこで3回転の延長戦で飛ぶのでなく、クワドのための飛び方を構築する必要があってのあの飛び方になったのかなと思うのです。
(世戦後に別れたコーチがジャンプについて独特のメゾットを持っていたと、最近の話題にありました)
腕を水平に絞ることにより回転の勢いも得ているように見えます。

面白くなってプルシェンコ選手の動画も探してみましたが、彼の腕の構えも独特で、斜め45度下から絞ると同時に回転の勢いも得ています。

腕を使わないという選択肢も含めて、選手ごとにどのように使うかが大事と教えてくれるよい特集でした。
[PR]
by honnowa | 2012-05-05 20:55 | パフォーマンス
今回の記事は私のメモです。

連休3日目。
ジャンプのコツは腕かな?と考えながら動画を見直す。

大会の Starting Orders / Results http://www.isuresults.com/results/wtt2012/

FS結果 http://www.isuresults.com/results/wtt2012/SEG004.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/wtt2012/wtt2012_Ladies_FS_F_Scores.pdf
総合順位 http://www.isuresults.com/results/wtt2012/CAT002RS.HTM

以下、FSの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
FS曲
コーチ
振付
BIO
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。


1 Ashley WAGNER USA 122.29 61.49 60.80 7.64 7.29 7.68 7.68 7.71 0.00 #8
http://youtu.be/YkC7TsYuNsc
Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
Coach: John Nicks
Choreographer: Philipp Mills
http://www.isuresults.com/bios/isufs00008996.htm
7.68<7.71(+0.03)
Skate Canadaの結果↓
(4 Alena LEONOVA RUS 102.47 50.35 52.12 6.68 6.21 6.50 6.57 6.61 0.00 #4)
NHK杯の結果↓
(3 Ashley WAGNER USA 109.77 54.45 55.32 7.04 6.61 7.04 7.00 6.89 0.00 #6)
4CCの結果↓
(1 Ashley WAGNER USA 128.34 66.61 61.73 7.61 7.46 7.93 7.71 7.86 0.00 #20)
WCの結果↓
(3 Ashley WAGNER USA 120.35 62.91 57.44 7.25 6.75 7.36 7.25 7.29 0.00 #18)

本人がノリノリだったプログラム。
いいシーズンで良かった。
男子たち、トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ・・・

2 Akiko SUZUKI JPN 120.28 57.04 63.24 8.14 7.54 7.89 8.00 7.96 0.00 #11
http://youtu.be/yLZSNc1ffOg
Die Fledermaus Ouverture by Johann Strauss
Coach: Hiroshi Nagakubo, Yoriko Naruse
Choreographer: Anjelika Krylova, Pasquale Camerlengo
http://www.isuresults.com/bios/isufs00004484.htm
8.00>7.96(-0.04)
Skate Canadaの結果↓
(1 Akiko SUZUKI JPN 119.44 63.84 55.60 7.32 6.50 7.14 6.93 6.86 0.00 #7)
NHK杯の結果↓
(2 Akiko SUZUKI JPN 119.43 57.04 62.39 8.07 7.50 7.71 7.75 7.96 0.00 #10)
GPFの結果↓
(3 Akiko SUZUKI JPN 118.46 56.53 61.93 8.00 7.32 7.82 7.75 7.82 0.00 #4)
WCの結果↓
(2 Akiko SUZUKI JPN 121.30 62.06 59.24 7.64 7.07 7.46 7.32 7.54 0.00 #23)

FSのPCSとトータルのPB更新おめでとう。
人柄か(年の功かもしれないけど)、演技前のコーチとのやりとりで、安心して見ていて下さいと言わんばかりの力強い笑顔がいいな。

3 Carolina KOSTNER ITA 116.24 51.18 66.06 8.46 7.86 8.04 8.46 8.46 1.00 #12
http://youtu.be/euq1mHjEkRI
2nd movement (Adagio) from Concerto No. 23 in A major for Piano and Orchestra by Wolfgang Amadeus Mozart
3rd movement (Allegro assai) from Concerto No. 23 in A major for Piano and Orchestra by Wolfgang Amadeus Mozart
Coach: Michael Huth
Choreographer: Lori Nichol
http://www.isuresults.com/bios/isufs00004864.htm
8.46=8.46
Skate Americaの結果↓
(1 Carolina KOSTNER ITA 117.12 55.45 61.67 7.75 7.46 7.79 7.86 7.68 0.00 #9)
Cup of Chinaの結果↓
(1 Carolina KOSTNER ITA 120.26 56.95 63.31 8.04 7.61 7.89 8.07 7.96 0.00 #10)
Ericの結果↓
(3 Carolina KOSTNER ITA 119.62 55.97 63.65 8.11 7.50 7.82 8.14 8.21 0.00 #8)
GPFの結果↓
(1 Carolina KOSTNER ITA 121.05 55.83 65.22 8.25 7.86 8.00 8.36 8.29 0.00 #5)
ECの結果↓
(1 Carolina KOSTNER ITA 120.33 56.29 64.04 7.89 7.57 8.14 8.18 8.25 0.00 #22)
WCの結果↓
(1 Carolina KOSTNER ITA 128.94 63.22 65.72 8.39 7.96 8.25 8.11 8.36 0.00 #22)

FSのPCSのPB更新おめでとう。

浴衣、何度見ても笑える~
次から宿舎はロゴの大きく入った特製を用意すべし。
(あっ、どこに泊まるのかあまり大っぴらにしないほうがよいのかな)

4 Adelina SOTNIKOVA RUS 113.57 56.04 57.53 7.32 6.79 7.39 7.25 7.21 0.00 #7
http://youtu.be/Miv_fmy7LX0
Liebestraum by Franz Liszt
Coach: Elena Buianova
Choreographer: Irina Tagaeva, Tatiana Tarasova
http://www.isuresults.com/bios/isufs00010832.htm
7.25>7.21(-0.04)
Cup of Chinaの結果↓
(3 Adelina SOTNIKOVA RUS 106.21 51.69 54.52 7.00 6.61 6.75 6.96 6.75 0.00 #8)
Rostelecomの結果↓
(3 Adelina SOTNIKOVA RUS 111.96 56.34 56.62 7.32 6.82 7.21 7.04 7.00 1.00 #8)

応援団、まるきり修学旅行の様相。
エレーナちゃんですら、普通の女子高生。
アデリーナちゃん、難しいシーズンだったね、お疲れ様。
後半ジャンプ3つ。

5 Gracie GOLD USA 110.58 54.34 56.24 7.29 6.71 7.11 7.04 7.00 0.00 #9
http://youtu.be/EQh4zMQDLSI
The Mission (soundtrack) by Ennio Morricone
The Untouchables (soundtrack) by Ennio Morricone
Coach: Alexander Ouriashev, Scott Brown, Toni Hickey
Choreographer: Scott Brown, Pasquale Camerlengo, Oleg Epstein
http://www.isuresults.com/bios/isufs00013680.htm
7.04>7.00(-0.04)

変顔(笑
後半ジャンプ3つ。
意外にGOEが低い。
ナショナルでもシニアの大会に出ていなかったのに、スタミナ素晴らしい。
同じプログラムをキャリアのある選手がしたら、もっと退屈に見えていただろうに、彼女の場合
魅力的で時間が短く感じられたのは、若さが持つ天然の躍動感と腕に力があるからだろうな。

6 Alena LEONOVA RUS 102.79 48.43 55.36 7.21 6.57 6.82 7.00 7.00 1.00 #4
http://youtu.be/SMHz4FnPTuM
Adagio for Strings by Samuel Barber
Requiem for a Tower by Clint Mansell
Coach: Nikolai Morozov, Alla Piatova
Choreographer: Nikolai Morozov
http://www.isuresults.com/bios/isufs00010055.htm
7.00=7.00
Skate Canadaの結果↓
(4 Alena LEONOVA RUS 102.47 50.35 52.12 6.68 6.21 6.50 6.57 6.61 0.00 #4)
NHK杯の結果↓
(4 Alena LEONOVA RUS 108.92 50.50 58.42 7.54 6.86 7.43 7.32 7.36 0.00 #9)
Rostelecomの結果↓
(2 Alena LEONOVA RUS 116.54 57.53 60.01 7.46 7.18 7.61 7.57 7.68 1.00 #9)
GPFの結果↓
(4 Alena LEONOVA RUS 115.96 57.95 59.01 7.50 6.89 7.54 7.32 7.64 1.00 #3)
ECの結果↓
(6 Alena LEONOVA RUS 104.28 49.57 55.71 7.04 6.57 7.11 6.96 7.14 1.00 #20)
WCの結果↓
(4 Alena LEONOVA RUS 119.67 60.57 59.10 7.43 6.96 7.43 7.43 7.68 0.00 #19)

7 Valentina MARCHEI ITA 99.07 46.60 52.47 6.61 6.18 6.71 6.54 6.75 0.00 #5
http://youtu.be/m3m_cEavzQ0
Big Bad Voodoo Daddy
Who Framed Roger Rabbit
Minnie the Moocher by Big Bad Voodoo Daddy
Jumping Jack by Big Bad Voodoo Daddy
Coach: Jason Dungjen, Yuka Sato
Choreographer: Pasquale Camerlengo, Anjelika Krylova, M. Scali
http://www.isuresults.com/bios/isufs00005597.htm
6.54<6.75(+0.21)
Chinaの結果↓
(9 Valentina MARCHEI ITA 81.44 32.76 49.68 6.43 5.86 6.04 6.29 6.43 1.00 #4)
Skate Americaの結果↓
(6 Valentina MARCHEI ITA 91.98 44.21 48.77 6.32 5.64 6.14 6.14 6.25 1.00 #2)
ECの結果↓
(9 Valentina MARCHEI ITA 93.32 44.24 51.08 6.25 6.00 6.50 6.54 6.64 2.00 #18)
WCの結果↓
(9 Valentina MARCHEI ITA 97.96 48.87 49.09 6.21 5.75 6.32 6.04 6.36 0.00 #13)

FSのPCSのPB更新おめでとう。
これ自転車だけでなく風景が流れて見えるところまで小芝居やってるんですね。
恐れ入った。
さすがイタリア人、立体に物を捉える上手さは、こんな所にも表れるんですね~

8 Kanako MURAKAMI JPN 95.84 37.73 58.11 7.54 6.96 7.29 7.32 7.21 0.00 #10
http://youtu.be/klXHWYbP5bE
Violin Concerto
Coach: Machiko Yamada, Mihoko Higuchi
Choreographer: Marina Zueva, Machiko Yamada, Mihoko Higuchi
http://www.isuresults.com/bios/isufs00009568.htm
6.86>6.57(-0.29)
Cup of Chinaの結果↓
(7 Kanako MURAKAMI JPN 97.11 44.10 54.01 6.96 6.61 6.61 6.82 6.75 1.00 #7)
Ericの結果↓
(4 Kanako MURAKAMI JPN 105.54 51.66 53.88 7.04 6.25 6.82 6.82 6.75 0.00 #6)
4CCの結果↓
(5 Kanako MURAKAMI JPN 105.87 51.58 54.29 7.00 6.68 6.82 6.86 6.57 0.00 #22)
WCの結果↓
(5 Kanako MURAKAMI JPN 112.74 55.53 57.21 7.39 6.96 7.18 7.11 7.11 0.00 #21)

FSのPCSのPB更新おめでとう。
ややふっくら?
世戦まで成長期の子がどれほど節制していたのだろう。
よく頑張ったシーズンだったよ。

9 Mae Berenice MEITE FRA 95.58 49.98 45.60 5.68 5.32 5.82 5.75 5.93 0.00 #2
Fever
Jessica's Theme (from "Who Framed Roger Rabbit" soundtrack) by Alain Silvestri
Hey Pachuko (from "The Mask" soundtrack)
Coach: Katia Krier
Choreographer: Karine Arribert
http://www.isuresults.com/bios/isufs00010706.htm
5.75<5.93(+0.18)
NHK杯の結果↓
(7 Mae Berenice MEITE FRA 91.64 47.68 43.96 5.68 5.18 5.54 5.54 5.54 0.00 #3)
Ericの結果↓
(6 Mae Berenice MEITE FRA 94.95 51.87 44.08 5.79 5.00 5.61 5.61 5.54 1.00 #4)
ECの結果↓
(15 Mae Berenice MEITE FRA 87.47 45.94 43.53 5.50 5.14 5.50 5.50 5.57 2.00 #16)

10 Amelie LACOSTE CAN 95.27 45.05 50.22 6.43 6.04 6.14 6.32 6.46 0.00 #3
http://youtu.be/bkCqwR6ebuI
Don't Cry For Me Argentina (from "Evita") by Andrew Lloyd Webber, performed by Pierre Porte
Coach: Nathalie Martin, Sylvie Fullum
Choreographer: Julie Marcotte, Shae-Lynn Bourne
http://www.isuresults.com/bios/isufs00006980.htm
6.32<6.46(+0.14)
Skate Canadaの結果↓
(6 Amelie LACOSTE CAN 95.80 43.22 52.58 6.68 6.21 6.36 6.82 6.79 0.00 #5)
Rostelecomの結果↓
(7 Amelie LACOSTE CAN 97.85 46.98 50.87 6.43 6.07 6.43 6.36 6.50 0.00 #2)
4CCの結果↓
(8 Amelie LACOSTE CAN 95.93 43.84 53.09 6.75 6.50 6.57 6.75 6.61 1.00 #15)
WCの結果↓
(17 Amelie LACOSTE CAN 89.23 44.89 46.34 5.96 5.46 5.75 5.79 6.00 2.00 #10)

トラン君~

11 Yretha SILETE FRA 83.80 43.24 44.56 5.93 5.32 5.25 5.71 5.64 4.00 #6
http://youtu.be/cqQhvIMwHuc
Xotica by Rene Dupere
Coach: Claude Peri-Thevenard
Choreographer: Sandra Garde
http://www.isuresults.com/bios/isufs00011810.htm
5.71>5.64(-0.07)
Ericの結果↓
(7 Yretha SILETE FRA 87.65 47.60 42.05 5.39 4.93 5.25 5.46 5.25 2.00 #2)
ECの結果↓
(11 Yretha SILETE FRA 92.75 49.41 44.34 5.71 5.25 5.57 5.57 5.61 1.00 #14)
WCの結果↓
(8 Yretha SILETE FRA 99.76 55.85 44.91 5.68 5.25 5.68 5.64 5.82 1.00 #12)

みんな、なんて優しいだ。

12 Cynthia PHANEUF CAN 80.96 35.91 47.05 6.18 5.61 5.75 6.00 5.86 2.00 #1
Rhapsody on a Theme by Paganini by Sergei Rachmaninov
Coach: Brian Orser
Choreographer: David Wilson
http://www.isuresults.com/bios/isufs00005665.htm
6.00>5.86(-0.04)
Skate Canadaの結果↓
(7 Cynthia PHANEUF CAN 92.00 42.48 50.52 6.68 5.82 6.25 6.36 6.46 1.00 #3)
NHK杯の結果↓
(8 Cynthia PHANEUF CAN 86.40 38.71 48.69 6.36 5.71 5.96 6.18 6.21 1.00 #2)
4CCの結果↓
(7 Cynthia PHANEUF CAN 96.71 44.83 51.88 6.54 6.21 6.50 6.54 6.64 0.00 #14)


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
(現在は、見られません)
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。
SPでは、男子のPCSは1倍、女子は0.8倍、ペア0.8倍、アイスダンスはCH0.8倍に対し、INは1倍と設定が異なるのでコヅチェックはしません。
FSでは、男子2倍、女子1.6倍、ペア1.6倍、アイスダンスもCH・INとも1倍です。
[PR]
by honnowa | 2012-05-05 13:03 | パフォーマンス
今回の記事は私のメモです。

連休2日目。
大ちゃんと真央ちゃんの動画チェックで暮れてしまった。
大ちゃん新EXフルver.早くみたいよ~


大会の Starting Orders / Results http://www.isuresults.com/results/wtt2012/

FS結果 http://www.isuresults.com/results/wtt2012/SEG006.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/wtt2012/wtt2012_Pairs_FS_P_Scores.pdf
総合順位 http://www.isuresults.com/results/wtt2012/CAT003RS.HTM

以下、FSの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
FS曲
コーチ
振付
BIO
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。


1 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 118.68 58.52 61.16 7.68 7.50 7.61 7.75 7.68 1.00 #5
http://youtu.be/TR1t-dBm8b8
Doctor Zhivago (soundtrack) by Maurice Jarre
Coach: Liudmila Kalinina
Choreographer: Sergei Petukhov, Alexei Gorshkov
http://www.isuresults.com/bios/isufs00009807.htm
7.75>7.68(-0.07)
Skate Americaの結果↓
(5 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 114.32 58.72 55.60 7.25 6.89 6.79 7.11 6.71 0.00 #6 )
Ericの結果↓
(2 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 125.85 65.34 60.51 7.64 7.43 7.64 7.61 7.50 0.00 #6 )
ECの結果↓
(2 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 126.90 63.81 63.09 7.86 7.71 8.04 7.89 7.93 0.00 #16)
WCの結果↓
(7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 118.66 57.64 63.02 8.00 7.75 7.75 8.14 7.75 2.00 #14)

2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 118.35 61.91 56.44 7.07 6.96 7.07 7.14 7.04 0.00 #3
http://youtu.be/0jpGaZ_94Mk
Viva la Vida by Coldplay
Yellow by Coldplay
Coach: Richard Gauthier, Bruno Marcotte, Sylvie Fullum
Choreographer: Julie Marcotte
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012877.htm
7.14>7.04(-0.10)
Cup of Chinaの結果↓
(3 Amanda EVORA / Mark LADWIG USA 112.75 60.51 53.24 6.75 6.57 6.68 6.64 6.64 1.00 #4)
Ericの結果↓
(3 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 115.56 61.35 57.21 7.32 6.96 7.11 7.25 7.11 3.00 #7)
GPFの結果↓
(5 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 109.39 55.32 55.07 6.89 6.89 6.86 6.96 6.82 1.00 #2 )
4CCの結果↓
(4 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 114.23 62.27 52.96 6.71 6.50 6.54 6.71 6.64 1.00 #3 )
WCの結果↓
(5 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 121.72 63.73 57.99 7.32 7.14 7.29 7.29 7.21 0.00 #9 )

3 Caydee DENNEY / John COUGHLIN USA 117.05 62.33 54.72 6.96 6.46 7.07 6.82 6.89 0.00 #2
http://youtu.be/5ZXVSxsvTJA
Nessun Dorma by Giacomo Puccini
Coach: Dalilah Sappenfield, Larry Ibarra
Choreographer: Dalilah Sappenfield, Marina Zueva
http://www.isuresults.com/bios/isufs00013629.htm
6.82<6.89(-0.07)
Skate Americaの結果↓
(4 Caydee DENNEY / John COUGHLIN USA 115.78 59.36 56.42 7.11 6.54 7.43 7.07 7.11 0.00 #7)
NHK杯の結果↓
(4 Caydee DENNEY / John COUGHLIN USA 108.27 55.61 53.66 6.96 6.50 6.75 6.71 6.61 1.00 #5 )
4CCの結果↓
(2 Caydee DENNEY / John COUGHLIN USA 122.07 62.82 59.25 7.43 7.00 7.57 7.46 7.57 0.00 #9 )
WCの結果↓
(8 Caydee DENNEY / John COUGHLIN USA 117.89 59.04 58.85 7.46 6.93 7.61 7.39 7.39 0.00 #11)

4 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN 112.64 54.82 59.82 7.57 7.54 7.21 7.57 7.50 2.00 #6
http://youtu.be/T2ThvsoT50Q
Concerto de Quebec by Andre Mathieu
Coach: Richard Gauthier, Bruno Marcotte
Choreographer: Julie Marcotte
http://www.isuresults.com/bios/isufs00010548.htm
7.57>7.50(-0.07)
Skate Canadaの結果↓
(5 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN 108.81 51.91 56.90 7.07 7.14 7.04 7.39 6.93 0.00 #6)
NHK杯の結果↓
(2 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN 114.20 55.92 58.28 7.32 7.29 7.32 7.46 7.04 0.00 #7)
GPFの結果↓
(6 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN 104.88 51.68 55.20 6.86 6.93 6.64 7.07 7.00 2.00 #1)
4CCの結果↓
(5 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN 109.57 55.32 55.25 6.93 6.86 6.71 7.14 6.89 1.00 #8)
WCの結果↓
(3 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN 124.32 61.34 62.98 7.86 8.00 7.75 8.00 7.75 0.00 #16)

あれ?今動画見て気づいたわ。
サフゾル飛び入り参加、ありがとう~
カナダ人コーチたちもお疲れ様です。
ところでオリンピックの時は外国人コーチはキスクラに参加できるのでしょうか?

5 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 99.46 47.45 53.01 6.71 6.46 6.57 6.64 6.75 1.00 #4
http://youtu.be/sdn69pVWaHg
Adagio in G minor for Organ and Strings by Tomaso Albinoni and Remo Giazotto
Coach: Franca Bianconi, Jason Dungjen
Choreographer: Pasquale Camerlengo, Anjelika Krylova
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012078.htm
6.64<6.75(+0.11)
NHK杯の結果↓
(5 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 107.60 52.49 55.11 6.89 6.71 7.07 6.89 6.89 0.00 #6)
Rostelecomの結果↓
(3 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 107.89 51.94 55.95 7.00 6.75 7.07 7.11 7.04 0.00 #5)
ECの結果↓
(4 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 104.61 51.50 54.11 6.75 6.57 6.68 6.93 6.89 1.00 #13)
WCの結果↓
(11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 107.77 53.76 54.01 6.86 6.50 6.75 6.96 6.68 0.00 #5)

6 Daria POPOVA / Bruno MASSOT FRA 77.03 34.52 42.51 5.57 5.11 5.32 5.39 5.18 0.00 #1
http://youtu.be/1eMLKZljAac
Broken Sorrow by Nuttin' but Stringz
Coach: Jean Francois Ballester, Ingo Steuer
Choreographer: Karine Arribert, Pierre-Loup Bouquet
http://www.isuresults.com/bios/isufs00013737.htm
5.39>5.18(+0.21)
ECの結果↓
(9 Daria POPOVA / Bruno MASSOT FRA 86.07 43.03 45.04 5.93 5.50 5.36 5.79 5.57 2.00 #11)

キスクラにサフチェンコさん飛び入り参加。
はて、この出来立てペアとどのようなご関係で?と思ったら、彼らはドイツまで習いに行ってるのですね。
BIOによると女性はモスクワ生まれ。


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
(現在は、見られません)
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。
SPでは、男子のPCSは1倍、女子は0.8倍、ペア0.8倍、アイスダンスはCH0.8倍に対し、INは1倍と設定が異なるのでコヅチェックはしません。
FSでは、男子2倍、女子1.6倍、ペア1.6倍、アイスダンスもCH・INとも1倍です。
[PR]
by honnowa | 2012-05-04 23:56 | パフォーマンス
高橋大輔選手の2011-12のFS曲です。
初めて聴きましたが、いや~渋い。
リピートが止まりません。
7分の曲と思えないくらい、あっと言う間に終ってしまう。
このオリジナルで、大ちゃんが即興で滑るのを見たくなりました。

diezelle57様 「EDDY LOUISS - Blues for klook」



連休2日目、国別3日目をまとめるつもりが、朝イチから「Blues for klook 」が止まらない。

EDDY LOUISS さんはkeyboards奏者で、メインはハモンドオルガンのようなので、この曲ももしかしたらそうなのかも。
アルバムの楽器編成は、
    Eddy Louiss (keyboards)
    Dominique Pifarely (violin)
    Michel Alibo (b)
    Paco Sery (ds)
ギターでなくベースだったのね。    


hitadely様 「Daisuke Takahashi - WTT 2012 - LP」



≪参考サイト≫

「前向きに Jazz!」より 「Sang Mele + / Eddy Louiss 」
http://jazzstream.blog107.fc2.com/blog-entry-302.html

Wikipediaより 「Eddy Louiss 」
http://en.wikipedia.org/wiki/Eddy_Louiss
[PR]
by honnowa | 2012-05-03 21:02 | 音楽
http://www2.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=1057
「ISU World Team Trophy in Figure Skating, Day 2
20 April 2012」より、機械翻訳。


フィギュアスケートのISUワールドチームトロフィーの第2版にはペアのショートプログラム、フリーダンスと男子フリースケートで日本、東京で金曜日に続いた。

日本チームは東京でのリードを強化
日本チームはワールドチームトロフィーの二日目にアメリカとフランスからチームを介してリードを強化しました。日本はこれまでに59ポイントを集め、米国は51点を持っており、フランスは44点で3位に残った。

"私は二日後の最初の場所は非常に満足しています。私は自分のパフォーマンスを準備しなければならなかったので、私はアイスダンサーやペアを見ることができませんでしたが、この最初の場所で私はその誰もが彼らの最善の努力をして感じることができます。私はチームに集中していたこの大会に入ってくる。私は日本チームに貢献することができるように私は、自分のパフォーマンスに焦点を当てた。多分私はそれを認識していませんでしたが、無意識、私は "世界選手権よりも優れてやってみたかったという感じのこの種を持っている必要があり、チームcapitain高橋大輔は言った。

"今日はアメリカ代表チームのために良い一日でした。私たちのペアチームがフリースケートに入ってよく配置する良いポジションに自分自身を置く。そこに本当のタイトです。メリルと私はワクワクしています。それは間違いなく一生に一度のパフォーマンスだった。アダムとジェレミーの両方が、私が思うに、より良いスケートを期待していたが、私は彼らが示した戦いを称賛。私はそれは簡単ではありません知っている "、米国チームcapitainチャーリー·ホワイトはコメントしています。 "日本チームは強い探しています。今後は、我々は女性とペアをリードで離れてチップをしたいと思います。我々はと "そこの上の私達のコンドミニアムから我々の指を交差することができてくるだろう、と彼は続けた。


"フランスcapitainとして、私はのためのフランスチームの公演で、今日は素晴らしい日を持ちました。それは非常に良い大会だった、と私は非常にこの種の感覚で今シーズンを終えることを嬉しく思います。ファビアンと私はとても幸せです "、ナタリーシャラは記者に語った。 "我々は強いですが、我々は良いチームです。我々はそれと同じ方法で保存しておきたい明日のために、楽しみを持っています。私は誰かが強調されないようにする。これが最後の大会です。私はちょうどあなたの最善を尽くし、それを行うには、私のチームメイトに言った。私たちはキス&クライであなたを応援しますので、あなたの最善を尽くしていない場合、気にしない "、と彼女は付け加えた。

高橋大輔は、日本のメンズイベントでの勝利と12ポイントを確保した。 "Klookためのブルース"、4回転トゥループを釘付け現世界選手権銀メダリスト、二つのトリプルアクセルと5つのトリプルだけでなく、2つのレベル4のスピンを滑る。彼は182.72点の新パーソナルベストスコアを投稿し、276.72ポイントの合計を苦しむ。 "それはシーズンの最後のプログラムでした。私は本当によく滑ることができました。私はとても幸せでした。そこに私はうまくやっていなかったいくつかの詳細があったが、私はそこに良い感じることができたと私は大きなミスなく、私のプログラムを終えることができたと私はチームに貢献することができました。今朝はかなり緊張してフォームであった。私が最後に本当にホッとしました "、と彼は説明した。
鳴海高橋/マーヴィン·トランのペアショートプログラムでリードを奪った。 "イマジン"に、そのルーチンは、トリプルサルコウと4レベル4の要素を投げる、トリプルツイストを特色にしたが、彼女はトリプルサルコウの外につまずいた。世界のブロンズメダリストは64.92点を獲得しています。 "前回は我々だけでこのイベントに参加していましたが、今回は実際に我々はチームのために電荷をリードすることができます。それは非常に良い感じです。私は昨日のように準備ができて感じたので、私はそう、今日は競争するために興奮していました。私は他人に触発された、 "トランは言った。
小塚崇彦は、第六のアイスダンサーキャシー·リード/クリス·リードは7位でフィニッシュしました。

メリル·デイビス/チャーリー·ホワイトはアメリカ代表チームのためにアイスダンスのイベントを獲得しました。 2011年の世界チャンピオンは、レベル4のスピン、リフトやツイズルを獲得し、 "こうもりダイ"に彼らのダンスの技術的にしっかりとエネルギッシュなパフォーマンスを出した。カップルは111.18点を拾って183.36点となりました。 "我々は本当に今日の我々のパフォーマンスに興奮しています。これは我々が実際に持つと最後の時間をそこに出すように恋に落ちたプログラムであり、我々は本当に私たち2人の間には特別なものにしたかった "とDavis氏は述べた。
ジェレミー·アボットは、彼がダウングレードクワッドつま先に落ちたとして、男性のイベントで5位にサードから削除フリップを選び出し、他の2つのジャンプを(234.37点)倍増した。アダムリッポンは222.73点で7位にとどまった。ペアスケーターCaydeeデニー/ジョン·コフリンは58.93点で5位に座っている。彼らはトリプルツイスト、トリプルトウを上陸させたが、彼女はスロウトリプルフリップで着陸。

アイスダンサーナタリーシャラ/ファビアンBourzatとブライアン·ジュベールは、そのevenstの両方仕上げ第三者にそれらの3位入賞にチームフランスを導いた。シャラ/ Bourzatは、複雑なフットワークと革新的なリフトを実行すると、そのエジプトの踊り "ロテルと彼のミイラ"の好調な業績を達成しました。欧州チャンピオンズは、全体の167.83ポイントまで追加されたこのプログラムの101.26点を獲得しています。 "我々は非常に我々が滑った方法に満足しているに加えて、我々は、日本でこのプログラムを行っていたんでした。雰囲気が良かった、観客は素晴らしかった、私たちは私たちに余分なエネルギーを与えた、彼らのサポートと拍手を感じました。私はこのようにシーズンを終えることが幸せ "、シャラは指摘する。
ジュベールとフロランアモディオはメンズ競争の中で一つの場所を移動しました。ジュベールのマトリックス·プログラムは、2アクセルを含む6つのクリーンなトリプルを特色にしたが、彼はそれをダブルつま先をタックする前に回転トゥループのうち3ターンでした。 3度の欧州チャンピオンは154.95ポイントを獲得し、全体の239.64点を持っていた。 "それは、非常に大変でした。私は最後の完全なニースの私の長いプログラムの実行を通じてました。私はまだ非常に私がやったことに満足しています。私はよく戦った。全体的に私はこの大会で良いと感じ、これは良いカムバック "を持って私の気持ちを確認し、フランス人はコメントしています。アモディオは(238.33ポイント)第四の5位からアップするクワッドサルコウを上陸させた。ダリアポポワ/ブルーノMassotはペアショートプログラムで6位でフィニッシュ。

チームはイタリアペアスケーターとして四位(42ポイント)まで移動ステファニBerton /オンドレイHotarekはペアショートプログラムの開発(59.28点)でサードました。アイスダンサーアンナ·カッペリーニ/ルカLanotteはアイスダンスのイベントで4位にとどまった。

カナダは5位(40点)に転落した。世界チャンピオンのパトリック·チャンは、クワッドつま先が不足して、アイスダンスチャンピオンテッサ/スコット·モイアは、同様に第二位に甘んじなければならなかったアクセルと世界を倍増した後Men'seventで二番目に来た。

ベラBazarova /ユーリ·ラリオーノフはペアショートプログラムで二番目に置いたものの、チームは、ロシアはまだ、(34ポイント)第六位にランクされています。

フィギュアスケートのISUワールドチームトロフィーでの競争がペアと女子フリースケートで土曜日と結論付けた。
[PR]
by honnowa | 2012-05-03 20:49 | パフォーマンス