ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:Ha緑地 ( 87 ) タグの人気記事

21日はha緑地の定例作業に参加しました。
毎月第3月曜日に行なわれるため、祭日にならないとなかなか参加できません。
今回は今まで参加した中で、一番ハードでした。

当日の名古屋の気象です。(気象庁HPより)
9時   気温:24.8℃ 快晴
10時  気温:25.8℃
11時  気温:25.5℃ 
12時  気温:26.2℃ 晴

この日もツクツクボウシが鳴いていました。
セミはいつまで鳴くんでしょう。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、

  平地から山地まで、森林に幅広く生息する。地域によっては市街地でも比較的普通に発生す
  るが、基本的にはヒグラシと同じく森林性である。成虫は特に好む樹種はなく、ヒノキ、クヌギ、
  カキ、アカメガシワなどいろいろな木に止まる。警戒心が強く動きも素早く、クマゼミやアブラゼ
  ミに比べて捕獲が難しい。

  成虫は7月から発生するが、この頃はまだ数が少なく、鳴き声も他のセミにかき消されて目立
  たない。しかし他のセミが少なくなる8月下旬から9月上旬頃には鳴き声が際立つようになる。
  9月下旬にはさすがに数が少なくなるが、九州などの西南日本では10月上旬に鳴き声が聞こ
  えることがある。

別段、この時期に鳴いても不思議はないのですが、先週がとても涼しかったせいか、すっかり忘れていた夏の落し物が出てきたような感じです。
俳諧歳時記によると、秋の季語にありました。
『新改訂版 俳諧歳時記(秋)』(新潮社編 昭和43年改版) P140より

  法師蝉(ほうしぜみ) つくつくし つくつくぼ
  つくつくぼうし、つくつくぼうしと鳴く蝉で、一般に「法師蝉」と呼ばれている。体は暗黄緑色で黒
  い班があり、金色の毛が多い。翅は透明で、翅脈は褐色である。立秋の頃から鳴き出す。夕方
  灯のともる頃まで鳴いている。

ツクツクボウシを詠んだ句を探しましたら、正岡子規に辿り着きました。
子規が1901(明治34)年9月11日に聞いたツクツクボウシの鳴声は、「夏の落し物」といった風情ではなかったようです。

  「日本農業新聞」 > 四季(コラム) > 「[四季]9/11」
  (http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin11/article.php?storyid=997)

  コラム本文
[PR]
by honnowa | 2009-09-23 21:53
今日の午前は、恒例の、「秋の八竜緑地・市民緑地自然観察会」のガイドのお手伝いをしました。
今回は記録係をしたので、自分用のメモや写真を撮ることができませんでした。
記憶のある内に様子をUPします。

久々に暑い日でした。
雑木林の中では蝉が鳴いていて、意表をつかれました。
気温が25℃を越えたのかもしれません。
気象庁のHPに結果が出たら確認しておこう。

(09/09/23追記)
当日の名古屋の気象です。(気象庁HPより)
9時   気温:23.4℃ 晴
10時  気温:24.8℃
11時  気温:26.1℃ 
12時  気温:27.1℃ 晴


さて、今回は一般参加者の数があまり多くなく、4つにグループ分けすると、ちょうど1グループ8人くらいで、ガイドするのにちょうどよかったです。
Kさんをリーダーに出発です。

一般の方から見れば、春に比べてどうしても見劣りする秋の八竜。
まだまだ夏草が鬱蒼としている時期なのですが、Kさんが実がなっている植物にポイントを絞ってガイドしてゆきました。

観察したものを書き出すと、
アベマキのドングリ
コナラのドングリ・・・チョッキリムシが葉を落したもの
ソヨゴの実・・・少し赤くなり始めた
サワフタギの実・・・紫
ネジキ
コブシの実
ウメモドキ実・・・赤
クロミノニシゴリの実・・・黒
マメナシの実
エゴノキ
ガマズミの実・・・赤
クチナシの実
キズミの実
ハゼの実
タラ
ナツハゼの実・・・黒、おしりに花の形のスタンプを押したような痕がある
ウリカエデ
ミツバアケビの実
シャシャンボ
アオハダの枝と実
イソノキ
イヌザンショウの葉の香り
シラタマホシクサの花
ミズヒキの花
ヤマハギの花
ワレモコウ
アブラガヤ
ヌマガヤ
アキノウナギツカミの花と茎
ジョロウグモの巣・雄と雌


c0100148_22493356.jpg受付のお土産。
手前は、葉脈のパウチ。
奥は植物の写真のカード











c0100148_22501117.jpg帰りのお土産。
シュロで作ったバッタとヘビ。
Sさんの手作りです。
上のバッタは、持ち手が付いてます。
下のバッタは据え置き型で、前足があります。
真ん中のヘビは、指を入れて尻尾のほうを引っ張ると、指が抜けなくなります。
Sさん、素晴らしい~
どうやって作ったんでしょう。
左の植物はイヌザンショウ。
サンショウをあっさりした匂いです。
[PR]
by honnowa | 2009-09-20 22:57 | 自然
5月3日の定例観察会は、新緑、鳴き声、花の香りに包まれていました。

当日の名古屋の気象です。(気象庁HPより)
( )内は先月の気温です。
9時   気温:19.6℃(11.9℃) 薄曇
10時  気温:21.1℃(12.3℃)
11時  気温:22.8℃(13.6℃) 
12時  気温:22.2℃(15.5℃) 薄曇

鳥類調査に参加するようになったせいか、鳥の鳴き声に敏感になったようです。
新緑の中で聴く声は格別で、今まで気づかずにいたのがもったいないくらいです。
聞こえてきたのは、エナガとオオルリ、そして蝉の仲間ハルゼミでした。
いずれも姿は見ていません。
いつか目にしたいものです。

エナガの画像と特徴

  『Yachoo! オンライン野鳥図鑑 ver.4.0 』 > 鳥類分類(鳥綱) > スズメ目 > エナガ科
    > 「エナガ 」


エナガの鳴声

  『YAHOO! きっず図鑑』より 「せきつい動物亜門 鳥類(鳥綱) スズメ目 エナガ科 エナガ」

オオルリの画像と特徴

  『Yachoo! オンライン野鳥図鑑 ver.4.0 』 > 鳥類分類(鳥綱) > スズメ目 > ヒタキ科
    > 「オオルリ (亜種 オオルリ)」


オオルリの囀り

  toriotomo様の 『オオルリのさえずり』

ハルゼミの特徴

  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 「ハルゼミ」

春に鳴くセミがいるとは思いませんでした。
Haの雑木林にはアカマツも生えているので、そこに生息しているのでしょう。
[PR]
by honnowa | 2009-05-04 22:21 | 自然
4月17日の記事を書いているとき、コバノミツバツツジの独特の花色をなんと書いたものか、考えてしまいました。
そこで他の方々はどう表現されているのか調べてみました。

Googleで「コバノミツバツツジ」でWeb検索。(09/04/15現在)
TOPページは専門的なサイトが多いです。

・紫から淡紫色
・紅紫色
・淡紫
・紫がかった薄いピンク

次にブログ検索で2ページまで調べますと
・赤紫
・薄紅紫
・淡紫、濃紫
・紅紫

HaのS先生は以前会報で紅紫色と書かれていました。

色の表現は難しい。
ピンク色というのも無難でいいですが、できればパステル系のふんわりしたイメージの花に使いたいです。
いろいろ参考資料を眺めてみても、色名として一番的確なのは「躑躅色」(つつじいろ)かな。
ツツジなのだから躑躅色は当たり前ですね。
躑躅色は『講談社カラー版 日本語大辞典 第二版』によると、「赤ツツジの花のような紫み赤の伝統色名」となります。
そうですね、赤紫、紅紫がよさそうです。

c0100148_10572378.jpgコバノミツバツツジの蕾です。(09/04/05)
冬の間花芽を覆っていた芽鱗を帽子のように被っています。
咲いたときよりも色が濃く、洋色名ならマゼンダです。


  











《参考サイト》

  『色彩のスパイス』 > 色見本 > JIS慣用色名 > 「JIS慣用色名一覧(和名)」

  『原色大辞典』より 「和色大辞典」
[PR]
by honnowa | 2009-04-19 23:10 | 自然

今年の桜

4月14日に書いた記事なので、ちょっと今さらですが、記録に残しておきたいので。

今年の桜は長持ちで、名古屋では10日くらいまで咲いてました。
3月20日くらいから咲き出したので、4月早々には散っているのではないかと思っていたのですが。
毎年一番楽しみにしている、Haでの4月第1日曜日の観察会に満開でした。

気象庁のHPによると、
名古屋での開花は、

  観測日    平年差(日)  平年日    昨年差(日)  昨年日
  3月19日  -9        3月28日  -3        3月22日

満開状況は、

  観測日   平年差(日)   平年日   昨年差(日)  昨年日
  4月3日  -2        4月5日  +5       3月29日

NHKニュースによると、名古屋だけでなく、全国17地点で開花から満開までの日数が長かったそうです。


いつ咲くか いつ満開か いつ散るか 世の人すべて花の番人 (ほんのわ)


《関連記事》

  「4月5日 定例観察会 1 桜」 (09/04/06)  

  以下、NHKニュースより
[PR]
by honnowa | 2009-04-18 20:19 | 自然
4月5日、下湿地の定点観察です。

c0100148_827116.jpgc0100148_8272028.jpg
















1年前の画像を見てもわかりますが (08/04/09の記事参照)、今年のHaはコバノミツバツツジが目立ちません。
彩りの少ない雑木林ですから、あの花色が目立たないはずがないのですが。
咲いていることは咲いているのですが、株ごとに開花のペースにばらつきがあり、いっせいに咲き揃っていないので、全体的に薄ぼんやりして見えます。
昨年が見事に咲き揃い圧巻でしたから、余計にそう見えるのでしょう。

さてこの定点観察、なんとか1年やり終えました。
と言いましても、観察会と予定が重なり、参加できない月も幾度とありました。
昨年5月より会報の編集に関わることになり、観察会の報告を載せるとなると、自分の興味に集中するわけにもいかず、写真も撮れたり、撮れなかったり。
さらにせっかく写真をとってもブログに書いたり書かなかったり。
ブログに書いてないということは写真整理もできていないのですが・・・
それは置くとして、さあ、今年度は何やろうかな。


《関連記事》

  「4月5日 定例観察会 1 桜」 (09/04/06)

  「4月5日 定例観察会 2 ヤチヤナギ」 (09/04/08)

  「4月5日 定例観察会 3 緑を表す和色名 1」 (09/04/09)

  「4月5日 定例観察会 4 緑を表す和色名 2」 (09/04/10)

  「4月5日 定例観察会 5 サルトリイバラ」 (09/04/11)
[PR]
by honnowa | 2009-04-17 21:03 | 自然
「4月5日 定例観察会 5 サルトリイバラ」(09/04/11)の続きです。

11日に雄花と雌花を観察してきました。
時間がなく、どこに雌株があるのやら。
同行のKさんより、「去年の実が枯れたまま、まだ残っているから、それが雌株」
なるほど、さすがKさん。
他の植物にも応用できますね。
ありがとうございます。

c0100148_6592379.jpgこれが雌花です。
わたしのケータイではこれが精一杯で、ゴメンナサイ。
高精細画像は、参考サイトでご覧下さいね。
雌花の中心に膨らんだ子房、子房の先に3つに分かれた柱頭を確認しました。

この花がすべて赤い実になればいいのですが、Haではそんな見事な蔓は見たことがありません。
昨秋、花屋で赤い実をわんさとつけた蔓が売られていたのですが、あれは自然のまま成っていたのを採取したのかしら、それとも販売用に育てられたものだったのかしら?






c0100148_7105128.jpgこちらは雄花です。
雄しべは6本です。

花を覚えてしまうと、林の中でたくさんどこにでも株があるのに気づきました。
このところこんな体験が続いています。
鳥でムクドリとヒヨドリを覚えたら、家の周りにいっぱいいることに初めて気づいたとか。
たくさんあるから目に留まるというものでもないんですね。
サルトリイバラもムクドリもヒヨドリも、色も大きさも目立ちません。
そうなると知らないものが目に留まるというのは、どれだけ大量のことか、どれだけ大きいのか形が変わっているのか、どれだけ目立つ色をしているのか、かなりの事なのですね。


《参考サイト》
  『岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科 植物生態研究室(波田研)のHP』
    > 「サルトリイバラ」



《関連記事》

  「4月5日 定例観察会 5 サルトリイバラ」 (09/04/11)

  
[PR]
by honnowa | 2009-04-16 23:48 | 自然
昨日の記事のつづきです。

後半は八竜新池を周りました。

当日の名古屋の気象です。(気象庁HPより)
9時   気温:18.7℃ 快晴
10時  気温:20.9℃
11時  気温:23.1℃ 
12時  気温:26.1℃ 快晴

以前の記事からコピペし、上書きでデータを直していたのですが、5日に比べ各時間10℃前後も上がっています。
確かに暑かったです。

八竜にはコバノミツバツツジは多いのですが、モチツツジはあまり在りません。
須賀先生よりモチツツジについて訊かれたので、そう答えますと、「少ないのが珍しい」と言われました。
そうなんだ~ 今まで気に留めたこともありませんが。
植物調査では、珍しいものがあることも記録しますが、よくあるものが無いというのも大切なデータなのですね。
モチツツジはどれくらいあれば多いのか少ないのか、なぜ八竜は少ないのか、先生の言われたことをおいおい調べてゆこうと思います。

ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの交配種なので、エドヒガンがの特徴が濃く出る木と、オオシマザクラが出る場合とあり、ちょうど西岸にそれぞれの特徴がよく現れた木が並んでいました。
覚えたいことや興味深いことをいろいろとお話しくださるので、聞くのが精一杯でとても記録どころでありません。

ミヤマガマズミとコバノガマズミの区別は、以前調べたことがあるのですが、なかなか実践では応用できませんでした。
ここで復習です。
葉柄が短く、ヒゲ状の托葉があるのが、コバノガマズミです。 (08/06/04の記事参照)


c0100148_19445474.jpgオリエンテーション終了後、ふだんは開放していない湿地の中を見学していただきました。
こういう中を歩くのですよ。
気持ちよさそうでしょう。









c0100148_19524965.jpg画像が悪くてごめんなさい。
この日はハルリンドウの満開がピークでした。
天候にも恵まれ、花もお客様を迎えるがごとく、よく開いてました。
すごい!と喚声が上がったほどです。
この日に参加できた方は、とてもラッキーでした。
須賀先生が、この青色は眼にとても良い感じがするね、と仰られましたが、そのとおり、瞳が洗われます。
[PR]
by honnowa | 2009-04-14 20:01 | 自然
ため池市民調査の植物について、オリエンテーションが行なわれたので参加しました。

調査の目的、標本作成の手順などが説明された後、4班に分かれて観察のシミュレーションを行ないました。

さて実際に雨池の周囲を歩き始めたのですが・・・

雨池は周囲の3/4はコンクリートで護岸され、法面は石のブロックに覆われています。
残りの1/4の内の半分は池が土手から遠く岸辺にヨシやガマが生えている箇所、もう半分は岸辺や土手が人工物で覆われていない箇所で、しかも周りを公園らしく人工的植樹された木が育っています。

素朴な疑問、どこからどこまでが観察範囲なんだか・・・
植物が生い茂り、踏み入っていけない場所もあります。
調査票の記入の方法とかわからないことだらけでしたが、これはもう場数を踏むしかありません。
それからわたし個人の反省点ですが、調査票には池の形と方位記号しか描かれてありません。
それで実際の位置がわからなくて、植生地図を描くことができませんでした。
次回の調査までには克服しておきます。

土手の法面が土のままのところでは、タンポポがたくさん咲いていました。
しかも観た限り全て在来種でした。
石垣で覆われたところでも、環境がよくないからでしょう、数は少なく、花は貧弱ですが、それでもタンポポは咲いていました。
それらは西洋タンポポでした。
今のところ住み分けがきちんとできていましたが、将来的にはどうなってゆくでしょう。
逆に人工物で覆うのを止めれば、在来種が増えるチャンスもあるかもしれませんね。
[PR]
by honnowa | 2009-04-13 21:56 | 自然
サルトリイバラの蔓や葉は特徴があり、秋には赤い実をつけますから、雑木林の中でもよく目に留まりますが、これまで花にはまるで気づきませんでした。
人に教えられやっと。
葉っぱがないとわかりません。

c0100148_10575158.jpg「山帰来の花」で、春の季語です。
『新改訂版 俳諧歳時記 春』(新潮社 昭和43年)によると、

  山帰来の花(さんきらいのはな)
「さるとりいばら」ともいう。山野に自生する蔓草で、傍にある木にからみつく。葉は冬中凋まず青青とし、春になると艶やかな葉を出し、葉の間から花茎を抽(ぬ)き、淡黄白色の小花が群がって咲く。根は服用にする。秋になると赤い実が成る。

さるとりのまことやさしき花もてる    中田みづほ





詳しいサイトの画像で見ても緑の控えめな花です。
その解説によると雌雄異株でした。
わたしが見つけたのはどちらなのでしょう。
サルトリイバラは赤い実のなる蔓植物なので、リースにできて人気の植物です。
しかしHa緑地では、蔓はあちこちに伸びているのに、実をつけた枝をみることがあまりありません。
どうして少ないのかと思ってましたが、これでわかりました。

  『岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科 植物生態研究室(波田研)のHP』
    > 「サルトリイバラ」



《関連記事》

  「4月5日 定例観察会 1 桜」 (09/04/06)

  「4月5日 定例観察会 2 ヤチヤナギ」 (09/04/08)

  「4月5日 定例観察会 3 緑を表す和色名 1」 (09/04/09)

  「4月5日 定例観察会 4 緑を表す和色名 2」 (09/04/10)
[PR]
by honnowa | 2009-04-11 19:50 | 自然