ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中秋の名月

今日は中秋の名月。
今年は天候不順がちなのに、今日は月がよく見えます。

  名月や池をめぐりて夜もすがら   芭蕉

こんな風流な晩を過ごしたいところですが、明日は朝から出勤ぎりぎりまで全米オープンを視なくては  emoticon-0165-muscle.gif
なので早めに寝ます。

  黄色いボールめざせ優勝   ほんのわ

月並みですが・・・  
  
[PR]
by honnowa | 2014-09-08 23:09 | 文化と歴史

三ヶ日

『新改訂版 俳諧歳時記 冬・新年』(新潮社編) P204~P205

三ヶ日  

一月の元日二日三日の



元日の朝である。「歳旦」「大旦」も同じである。夜のほのぼのと明け初める頃から、初日の昇る年頭第一日の朝のすがすがしい感じには、格別の気分がある。

・大旦むかし吹きにし松の風  鬼貫
・歳旦の一荷の水をかぶりけり  志田素琴
・元朝の聖歌を献ず国津神  臼田亜浪
・雪中の人声よりぞ大旦  村山葵郷
・元朝の吹かれては寄る雀二羽  加藤知世子
・元朝の凍ての極みの墨を磨る  中島斌雄
[PR]
by honnowa | 2013-01-03 23:59 | 文化と歴史

雪の果

今日の寒かったこと(最高気温8.3℃)
今朝は、この冬の最後の(とはまだ言い切れませんが、願わくは)雪が降りました。
TVの気象情報によると、「雪の果(はて)」と言うそうです。


『新改訂版 俳諧歳時記 春』(新潮社編) P47

雪の果   名残の雪 忘れ雪

春になって最後に降る雪をいう。実質的には春の雪と変わりはないが、もうこれが雪の終りだという気持ちの籠もった用い方である。古来涅槃の頃に降る雪といわれているが、それは旧暦時代のことで、今では三月の終りに雪の降ることも珍しくない。

・発心(ほっしん)の小机作る雪の果  石田破郷
・うぐひすの鳴くに二度寝やわすれ雪  木津柳芽

More
[PR]
by honnowa | 2012-03-12 23:11 | 文化と歴史

三日

『新改訂版 俳諧歳時記 冬・新年』(新潮社編) P205

三日   

一月三日である。句に詠んだ場合、二日と三日はどうちがうか。その区別は明確に分かちにくいが、楽しい正月三ヶ日の終るところに格別な気分もあるのであろう。

・三日晴れ日輪海の空をわたる  水原秋桜子
・酒少し剰(あま)し三日も過ぎてけり  石塚友二
・夜咄(よばなし)に三日の酒のはてしなし  石田波郷


私は4日から仕事が始まるので、残念ながら明確な区別があります。
いつもの牛乳とコーヒーがちょうど切れるので、近所のお店は今日はあいてるかしら?とか、些細な日常に向かう準備が始まります。

明日四日そろそろ洗濯始めよか  ほんのわ
[PR]
by honnowa | 2012-01-03 10:10 | 文化と歴史

二日

『新改訂版 俳諧歳時記 冬・新年』(新潮社編) P205

二日   

一月二日である。初荷、初風呂などの日である。元日の静けさに比べて町も人手が多く賑やかになって、いかにも正月らしい晴れ晴れしい気分が漂うようになる。

・乾ききる二日の庭の木々の肌  長谷川浪々子
・掌(て)の中の茶碗二日の日闌(た)けたり  河合未光
・日の落ちて二日全き富士浮かぶ  依田由基人
・二日はや客もてなしの厨(くりや)ごと  加藤丈青


へぇ~
初風呂の日だったのか。
私は子供のころから、初風呂は元日の朝から昼に入ります。
昨日ものんびり昼風呂でした。

私にとっての「二日」は、皇居で行なわれる新年一般参賀と箱根駅伝です。
どちらもTVでしか見たことはありませんが。







・大旦むかし吹きにし松の風  鬼貫
・歳旦の一荷の水をかぶりけり  志田素琴
・元朝の聖歌を献ず国津神  臼田亜浪
・雪中の人声よりぞ大旦  村山葵郷
・元朝の吹かれては寄る雀二羽  加藤知世子
・元朝の凍ての極みの墨を磨る  中島斌雄
[PR]
by honnowa | 2012-01-02 10:50 | 文化と歴史

元旦

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  元旦や今日だけ諫める我が心  ほんのわ

毎日こういう課題をこなしてこういう生活を送ろうと思うことを今朝から実行しておりますが、果たしていつまで続くことやら・・・
まあ、休暇の間だけでも。


『新改訂版 俳諧歳時記 冬・新年』(新潮社編) P204~P205

元旦   歳旦 大旦(おおあした) 元朝

元日の朝である。「歳旦」「大旦」も同じである。夜のほのぼのと明け初める頃から、初日の昇る年頭第一日の朝のすがすがしい感じには、格別の気分がある。

・大旦むかし吹きにし松の風  鬼貫
・歳旦の一荷の水をかぶりけり  志田素琴
・元朝の聖歌を献ず国津神  臼田亜浪
・雪中の人声よりぞ大旦  村山葵郷
・元朝の吹かれては寄る雀二羽  加藤知世子
・元朝の凍ての極みの墨を磨る  中島斌雄
[PR]
by honnowa | 2012-01-01 09:43 | 文化と歴史