ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー

<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

久々に図書館へ

先日久々に図書館へ行き、そしてずいぶん久しぶりにスポーツコーナーの棚をのぞいてみると、フィギュアスケート本がどんと増えていました。
以前この本を借りた時は4、5冊しかなかったのですが、今や15冊。
素晴らしい~♪
さすが味噌国。
司書さんの好みでしょうか。
それともせっせとリクエストを出した方がいるのでしょうか。
いつかその方々と書棚で遭遇したいものです。
話しかけちゃったりして。
私、けして怪しい者ではございません。

さて恩恵に与って1冊借りてきました。
『フィギュアスケート 美のテクニック』(監修:樋口豊 モデル:太田由希奈 企画・執筆:野口美惠 新書館)で、只今絶賛勉強中です。

http://www.shinshokan.co.jp/book/978-4-403-32034-7/

新書館のサイトには特設ページあり、6種類のジャンプの太田さんの実演がみられます。

http://www.shinshokan.co.jp/figure/binotechnique/

予告にある動画第2弾「ステップ」「ターン」が早く視たいです。

本の末尾には特別企画として、太田さんのナンバー「ピアノレッスン」のトレースとステップや技の種類が演技に沿って詳細に紹介されています。
ダイジェストですが、ちょうど動画も見つかりましたので。

sunrise3hill様 「Yukina Ota "The Piano"(digest)」


なんて優雅な所作。
本でも豊富に分解写真が載っていますが、どのコマのどのポーズも美しく、どれほどエレガントに腕を動かしているか軌跡が見えるようです。

さて、本つながりでもう一つ。
25日、浅田真央さんのお誕生日に『浅田真央 Book for Charity』の寄付金額が発表されました。
25,934冊で15,066,613円だそうです。

学研教育出版広報ブログより 「『浅田真央チャリティブック』募金額は1,500万円超に」

大きな金額になりましたね。
私はたった1冊分の寄付ですが、被災地への寄付だけでなく、かわいらしい本も手に入り、世界選手権前後の浅田選手の心境も伺えて、チャリティーに参加できてよかったと思いましたし、ネットや電子書籍に押されている本ですが、本に新しい可能性を広げるユニークな企画だったと思います。

『浅田真央 Book for Charity』 吉田順 1 真央ちゃんについて

『浅田真央 Book for Charity』 吉田順 2 コーチについて

『浅田真央 Book for Charity』 吉田順 3 シュニトケの「タンゴ」

『浅田真央 Book for Charity』 吉田順 4 タチアナ・タラソワ

『浅田真央 Book for Charity』 吉田順 5 究極のスケーター その1

『浅田真央 Book for Charity』 吉田順 5 究極のスケーター その2
[PR]
by honnowa | 2011-09-30 23:10 |

昼と夜の長さ

27日、名古屋の日の出は5時43分、日の入りは17時43分でした。

天気予報でこの話を聞き、勘違いをした私。
あれ、昼と夜の長さが同じなのは秋分でなかったっけ?

秋分 (Wikipediaより)

日の出・日の入りは、「太陽の上端が地平線と一致した時刻を日出あるいは日没と定義して」いて、春分・秋分は太陽の中心が基点なのですね。
なお、来年の2012年は秋分は22日になるようです。

国立天文台 > 暦計算室 > 各地のこよみ > 名古屋(愛知県): Nagoyaのこよみ > 日の出入り
[PR]
by honnowa | 2011-09-27 23:25 | 自然

伊勢湾台風

26日、名古屋では一般ニュースの合間に伊勢湾台風の話題が取り上げられていました。
今から52年前の昭和34年に東海地方に甚大な惨禍をもたらした台風です。

そこで疑問。
伊勢湾台風は何号でしょうか?
私も含め周りの誰も知らず、苦笑。
ニュースでも号数は一言も触れずじまいでした。
名前が付いてしまえば、必要もないことなんですけど。

答えは15号でした。

伊勢湾台風 (Wikidediaより)

気象庁 > 気象等の知識 > 災害をもたらした台風・大雨・地震・火山噴火等の自然現象のとりまとめ資料 > 顕著な災害を起こした自然現象の命名についての考え方

記録映像がありました。
(名古屋市に公式サイトがあったなんて知らなかった~)

nagoyakoho758 様 「名古屋市 伊勢湾台風の記録(その1) 昭和35年制作」


「名古屋市 伊勢湾台風の記録(その2) 昭和35年制作」


「名古屋市 伊勢湾台風の記録(その3) 昭和35年制作」


「名古屋市 伊勢湾台風の記録(その4) 昭和35年制作」



  ≪おまけ≫

ひった栗・・・ 秋ですねぇ <(_ _)>

nagoyakoho758様 「名古屋市 ひったくり被害防止CM.wmv」


2011年 台風15号関連の記事のピックアップ
[PR]
by honnowa | 2011-09-26 23:25 | 自然
秋だなあと感じている間に、ジュニアの試合と平行してネーベルホルン杯が始まっていました。
いよいよスケート・シーズンですね。
さあどんどんチェックしていかないと。

毎年日本人有力選手が足慣らしにエントリーするネーベルホルン杯。
さきほどこの大会がドイツのオーベストドルフで開催されていることに気付いたばかりです。
オーベストドルフといえば、先日伊藤みどりさんが出場したマスターズの大会も行なわれました。
調べてみると風光明媚でウィンター・スポーツが盛んで、さまざまな競技会が開かれる町のようです。

オーベストドルフ (Wikipediaより)

ネーベルホルン杯の結果です。

優勝した羽生選手のSP演技です。
Tatjana2541様 「Yuzuru HANYU SP」


曲:スクリャービン エチュード 作品8-12

1 4T 10.30 -2.86 7.44
2 3A 8.50 1.71 10.21
3 FCSp4 3.20 0.64 3.84
4 3Lz+2T 7.30 0.70 8.00
5 SlSt3 3.30 0.71 4.01
6 CSSp4 3.00 0.64 3.64
7 CCoSp2 2.50 0.50 3.00

TSS   TES    PCS SS TR PE CH IN Deduction
75.26  40.14  35.12  7.11  6.79  7.04  7.07  7.11  0.00


当地のアルプスの峰の連なりを眺める湖の氷上で羽入君が滑ったら、絵になるでしょうね。
[PR]
by honnowa | 2011-09-25 13:03 | パフォーマンス

浅田真央選手のSP曲

びっくり~
ネーベルホルン杯のチェックをしていたら、真央ちゃんのニュース発見。

nikkansports.com より
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20110925-840247.html

なんと真央ちゃんのSPは「シェヘラザード」とのこと。
テーマがお姫様だし、「がんばれ日本!」の気分と、EXのイメージから、明るくて華やかなプロを想像していました。
まさか「シェヘラザード」とは。
某掲示板でも私がロムした範囲では、予測した人皆無でした。

前季のSP「タンゴ」といい、タラソワさんは、妖艶な演技を真央ちゃんから引き出して開花させたいようです。
ベテランになってくれば、女性美の追求は外せないポイントでしょう。
「タンゴ」は曲も難しく、演技の参考になる原作もなく、どうもイメージが作りにくかったようなので、ベタな有名曲を持ってきたのかもしれません。
有名曲でしかも数々の名選手が使ってきました。
最近では某選手。
曲を当てた人がいなかったのは、某選手が使ってそれなりに成功しているので、まさか同じ曲を使うまいという判断が働いたのでしょう。

さあ浅田選手はこれまでの演技者のイメージを払拭して、新しい「シェヘラザード」を作れるかどうか。


≪追記≫

曲名は真央ちゃんの公式ブログに23日に公表されておりました。
「可愛いシェヘラザードだな~」
???
シェヘラザードが可愛いって???
タラソワさん、どんなプログラム作ったの?
[PR]
by honnowa | 2011-09-25 10:40 | パフォーマンス

彼岸花 2

ヒガンバナ (Wikipediaより)


『新改訂版俳諧歳時記 秋』(新潮社編) P201~
曼珠沙華(まんじゅさげ)   まんじゅしゃげ 彼岸花 死人花
秋の彼岸頃になると、土提、墓地、野径に真赤に咲き出る花である。三十センチくらい茎が伸びて葉がなく、茎の上にすぐ花が咲く。毒毒しいくらいの赤さで、奇形である。墓原によく咲くので、「死人草」、彼岸の頃に咲くので「彼岸花」ともいい、また、「狐花(きつねばな)」「ほとけ花」「天蓋花(てんがんか)」などの名もあるが、やはり「曼珠沙華」が一番よく、別名はあまり用いられない。花が散ったあとから葉が出て来る。

かたまりて哀れさかりや曼珠沙華   田中王城
しびとばな生きて花買ふこともなし   日野草城
勿来(なこそ)より北は雨なる曼珠沙華   遠藤梧逸
微笑あり曼珠沙華さく野の仏   西島麦南
背(せな)の子に飴しやぶらする曼珠沙華   細見綾子
曼珠沙華をんな足音もたず来る  海野正一


『花の歳時記5 秋冬の花』 (監修 飯田龍太・田中澄江) P147

曼珠沙華竹林に燃え移りをり   野見山朱鳥
草川のそよりともせぬ曼珠沙華   飯田蛇笏


『赤光』

秋のかぜ吹きてゐたれば遠(をち)かたの薄(すすき)のなかに曼珠沙華(まんじゅしゃげ)赤し  斎藤茂吉
[PR]
by honnowa | 2011-09-24 23:43 | 自然

彼岸花

今日はお彼岸。
ということに気付いたのは午後も大分回った頃です。
先日葛の花を取りに行きながら、彼岸花の赤い群れを目にしていたことを思い出しました。

写真を撮りに出掛けました。
台風一過、風渡る爽やかな屋外、河川敷の堤の道を歩いていると、橙色の蝶が幾つも飛び交っています。
路上に降りているものも多く、足を踏み出すと舞い上がりますが、その勢いは弱々しく、男性や自転車ならば間に合わずに踏んでしまうところでしょう。
よく観ると翅も擦れています。
ついには飛びたてなくなった蝶もいます。


c0100148_20315328.jpg

ヒメアカタテハかな?



私には人や散歩の犬や自転車が行き交う路にばかりこの蝶が集まっているようにみえるのですが、実際にはもっと多くの蝶が周りの草むらの中で息絶えているのでしょうか。
蝶の最期は花の上で迎えさせてあげたい。

  風残る野分の後のお彼岸に最期の蝶の休む花あり    ほんのわ


c0100148_20504230.jpg


c0100148_20512948.jpg

[PR]
by honnowa | 2011-09-23 20:53 | 自然

葛の香り

先日(2011/09/18の記事参照)、持ち帰らなかった葛の花ですが、記事を書いた後で無性に惜しくなり、あのいい匂いを嗅げないことがとても残念に思い、翌日二房ついた枝に摘んできました。

花の時期としては終盤なので、先端まで開花したものが多く、下の花穂は枯れており、見映えのよいものはありませんでした。
茶碗に活けてみても見目良くならず、もっぱら香りを楽しむのみでしたが、たった二房でもリビングを満たすに十分でした。
そもそも一つの花穂だけでもバックなどに忍ばせるのに良さそうなほど香るのです。

二日間十分に楽しみましたが、三日目まったく匂いがないのに気付いて花を見ると、完全に萎れていました。
なんということか、枯れた後は完全に匂いが消失してしまうのです。
ハーブのようには楽しめないのですね。
香りが残れば、もう少し愛される植物になろうものを。
ワインに酔うような匂いですが、必ず酔いが冷める様に、葛も冷めてしまうのでしょうか。

  木に絡み倒さんばかりの葛の勢(せい) 野性のままか我が香に酔うか   ほんのわ
[PR]
by honnowa | 2011-09-22 17:57 | 自然
今さらの記事ですが、私の覚えと興味のためです。

先月行なわれたアイスショー「Friends on Ice 2011」(8/26~)にて、高橋大輔選手が今季SPを初披露して話題になりました。
が、ニュースになったのは前日のリハーサルでの披露のこと。
リハーサルの様子がニュースになるなんて、今や国民的人気者なんですね。

私が曲名『In the Garden of Souls』を知ったのは26日の朝刊で、夜帰宅後検索を掛けてみると、既に動画サイトで曲を見つけ出しUPしている方がおられました。
ファンの一念恐るべし。
本当にフィギュアスケートファンは音楽の造詣の深い方多く、尊敬するばかりです。

さて、この時のアイスショーでの演技と、高橋選手の所感を見つけたので載せておきます。

TheDaisukedaisuki様 「Daisuke Takahashi 高橋大輔 2011-12 SP」


dai3fight様 「Manbo! Daisuke Takahashi & ...」


産経ニュース > 冷静と情熱の間 > 競技曲も、見せ方を変える楽しさを実感 高橋大輔
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110907/oth11090715090004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110907/oth11090715090004-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110907/oth11090715090004-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110907/oth11090715090004-n4.htm

選曲は振付師デビット・ウィルソンでした。
この曲をシングル選手の試合に使おうという発想が凄い。
彼のような人気振付師は、年間にどれくらいの音楽を聴き、どれほどのストックを頭に叩き込んでいるのでしょう。

More
[PR]
by honnowa | 2011-09-19 10:53 | パフォーマンス

近所の河川敷に葛が繁茂する一角が在ります。
今は花が満開で、辺りはワインを砂糖で甘く煮詰めたような香りが籠ります。
スイーツ好きの私にはたまらない芳香で、ついつい虫のように引き寄せられてしまうのですが、真直に観る葛は野性そのもので、その力強さに結局花一輪摘むこともできません。

家に帰ると、あの香りは惜しいことをした、持ち帰ることはできなかったかしらと残念に思うのですが、花や葉の大きさや野趣溢れる造形をどう部屋に飾ればいいのか、結局ここでも考えあぐねてしまいます。
ならばお茶、あの香りや色を楽しむためのハーブティはないか思い立ちました。
葛と言えば葛根、また茎はリースにできますが、花や葉、実の利用については話を見聞したことがありません。

世間話をよくする人に訊いて見ると、
「クズ? あのそこな辺に茂ってる奴かね?」
「そうです」
「・・・」
会話続かず。

植物好きな方に訊いて見ると、
「そう言えば聞いた事ないわね」
「あの花はお茶にならないかしら? あの実は枝豆みたいに食べられないかしら?」
「いやぁ、聞いたことがないから止めといたら」
怪訝な顔をされ話題を続けることができず。

そう言えば花の匂いを嗅いでいる時、大きなカメラを首に提げた人に「何かあるの?」と話し掛けられましたっけ。
「葛がいい匂いなので」と答えると、その人はそのまま通り過ぎてしまいました。
被写体の対象とはならなかったようで。


  葛香る見向きもしない人ばかり  ほんのわ


『新改訂版俳諧歳時記(秋)』(新潮社編)P193~

葛  真葛 真葛原
山野に生ずるまめ科の蔓性の草で、長さは十メートルくらいに伸び、草や木に巻きついている。葉は三小葉からなる複葉で大きく、裏が白っぽい。葛の根は山芋に似て肥大しているが、これを採って解熱剤にしたり葛粉を作ったりする。「葛の花」も秋の季題であるが、「葛」だけで秋の季題になっている。秋の七草の一つ。

葛の谷行けばだんだん家貧し  松本たかし
山風を怖(おそ)るゝ鶏(とり)や葛の秋  原石鼎
くちすゝぐ天の真名井(まなゐ)は葛陰り  杉田久女
葛砧(きぬた)笠置(かさぎ)川波光つゝ  菊山九円

上掲 P194~
葛の花
秋になると、葉の脇から訳二十センチくらいの花穂をつけ、豆の花に似た蝶形花を総状に咲かせる。色は赤紫であるが、白い花もある。風情のある花である。

葛さくや嬬恋村の字いくつ  石田波郷
葛さくや横うつりゆく山の雨  細木芒角星
葛咲くや新道成りし裏妙義  矢野絢
横顔の妻の肥(ふと)りや真葛咲く  山田碧江


『花の歳時記5 秋冬の花』(監修 飯田龍太・田中澄江 小学館)

葛の花ふみしだかれて色あたらし この山道をゆきし人あり  釈迢空
あなたなる夜雨の葛のあなたかな  芝不器男
谷の葛咲くとつげたる鵜匠かな  水原秋桜子


こちらのサイトで葛を織り込んだ和歌が紹介されています。

  やまとうた > 和歌歳時記 > 葛の花


釈迢空の歌が秀逸です。
造形、色、香り、薬効、実用性に富みながら、人の手を持て余すような扱いにくさが葛と言う植物にはあります。
明るい河川敷で見てもハゼの木を襲撃せんばかりの勢いは静かなる死闘とでも呼べばいいのか、怖ろしいものがあるのに、人気のない奥深い山中の道が圧倒的な葛に覆われていたら、どんな心境になるのでしょうか。
 
[PR]
by honnowa | 2011-09-18 23:56 | 自然