ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー

<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

タイトル    名所にまつわる江戸文化 ~絵を読む楽しみ・文化を知る楽しみ~
          (『東洋 第44巻 第2号』掲載)
著 者     藤澤紫
発行所     東洋大学通信教育部
発行日     平成19年5月1日発行
Cコード     なし (解説)
内 容     名所の八景ものの起こり、種類、影響など
動 機     掲載されていた図版の絵がよかったから     
私の分類   勉強
感 想     図版の絵に引き込まれてついつい読んでしまいました。
  どんな絵が掲載されていたかといいますと、
  ・ 葛飾北斎 『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』
  ・ 歌川広重 『名所江戸百景 浅草金龍山』
  ・   〃    『近江八景之内 石山秋月』
  ・ 歌川豊国 『名勝八景 玉川秋月』
  ・ 鈴木春信 『風流坐敷八景 鏡台秋月』
  ・ 歌川国芳 『熠武八景 五條秋月 牛若丸』
  掲載は残念ながらモノクロなんですよ。
  なのでカラー画像探しました。

鈴木春信は「八景もの」に「見立て」の趣向も加わったもので、その中でもかなり高度な趣向の例として紹介されています。
それは春信の後援者、旗本の大久保甚四郎忠舒(俳名 巨川)の依頼で私的に製作されたものだからです。
巨川は旗本でありながらも、俳諧の会を主催し、多色摺版画(錦絵、現在わたしたちが浮世絵と聞くと思い浮かべるカラフルな江戸時代の版画)開発の立役者でもある人物です。
ですから、「見立て」の絵の意味はわかる人にだけわかる、という類のものでした。
その説明を読んでいて、ふとボッティチェリを連想しました。
彼もパトロンであるメディチ家のために絵を描いたこと。
権勢家であるメディチ家は、一方で学芸のためのサロンを主催し、ルネサンス期の芸術の発展に大いに寄与したのですが、そのメディチ家のために描いた『春』は、サロンの人にだけ意味がわかるというものなのです。
しかも春信もボッティチェリも、絵そのものがきれいで、意味がわからなくても鑑賞して楽しめるものです。
わたしは鈴木春信の絵はこれまでも見たことはありますが、巨川の存在は知らず、まして二人が錦絵の開発者であることは今回はじめて知ったことなので、これからちょっと注目していこうと思います。

  鈴木春信 『風流坐敷八景 鏡台秋月』の画像はこちらをどうぞ

春信と巨川についてはこちらをどうぞ。
  『錦絵と印刷の世界』様の『カラー印刷の源流』より『錦絵の創始』
[PR]
by honnowa | 2007-05-31 05:39 |
07/05/1907/05/2707/05/28、の記事の続きです。
あんまりのんびりしていると、展覧会のほうが終わってしまいそうです。
(6/10までです)
さくさく続きを進めましょう。
でも、もう一回『鳥獣花木図屏風』についてです。
 
  『鳥獣花木図屏風』(図録№50)  伊藤若冲
    http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/20060511/p1


これまでの記事で、若冲が日本にいない、または見ることの難しい動物を、おそらくは外来の本の挿絵から、または運よく剥製を見ることができた(入手は難しいと思います)、果ては話を伝え聞いて想像で描いたようだとお伝えしました。

もともと当時の画家は、仏画を描くためには見たこともない象を描けなければならなかったし、架空の動物である麒麟、唐獅子、鳳凰、龍も描けなければいけませんでした。
でもこれらは誰も見たことがないのですから、まあお約束さえ守ってそれらしく見えればよい、ということにもなるでしょう。
そうすると当時の画家が一番苦慮したのは、案外と虎かも知れません。
虎は日本画の伝統的なモチーフであるのに、画家本人は虎を見たことはありません。
でも虎は確かに存在し、毛皮などが日本に入ってくる。
依頼主である殿様やお金持ちの商人などは、毛皮や剥製をもっている場合もある。
画家としては知らない、見たことがないでは済まされません。
そこで先人の描いた虎の絵を研究し、毛皮や剥製を見、なんとか本物の虎らしく見えるように苦慮するわけなのです。

写生の大切さに気づき、鶏を実際に飼い、何年にもわたって観察し続けた若冲としてはこのことをどう思ったのでしょうか。
実は今回の展覧会には若冲の虎の掛け軸も出品されています。

  『猛虎図』(図録№44)  伊藤若冲
    http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/20060514/p1


リンク先から拡大図まで辿ってくださいね。
絵の右上に款記があります。
解説によると「我、物象を描くに真に非ざれば図せず、国に猛虎無ければ毛益に倣いて模す」と記されているそうです。
毛益というのは中国南宋の画家のことで、若冲は古画を模して描いたのです。
でもみんなが何かしらを模して描いている状況なのですから、そんなことわざわざ画中に描かなくても大丈夫なのに。
若冲としては気になるんですね。
一筆書かずにおれなかったんですね。
解説によると、他の同時代の画家はどうしたかというと、応挙は毛皮を模し、岸駒(がんく)は虎の骨付きの頭を手に入れたそうです。
みなさん苦労してますねえ。
そしてそこから先は全体の動きのある姿を想像して描いたのですね。
当然身近な動物である猫も参考にしたのでしょう。
だから日本画に描かれている虎はどの絵も猫っぽい。
鶏や猿などが実に険しく描かれるのに対し、虎の絵はどこかユーモラスでかわいくなってしまうのです。

今回の展覧会では6つの「虎図」が展示されていますが、そのような画家の苦労も思い浮かべながら鑑賞しましょうね。
(でもどの虎も笑えます)
[PR]
by honnowa | 2007-05-30 04:19 | 美術
exciteにて中日辞典がfreeで利用できることがわかりました。
(だいぶ前からなんですけどね)

  exciteの辞書  (英和、和英、国語、中日、日中があります)

従来の辞書(07/4/25の記事参照)に加えて、参考辞書を追加します。
・  デイリーコンサイス中日辞典 (三省堂)

それにしても便利な世の中ですね。
漢和辞典引くのは面倒なのですよ、楽しいことは楽しいのですが。
記事を書くのに「IMEパッド」で入力する漢字をさがすので、ネット辞書ですとそのまま漢字をコピーさせて調べることができます。
それに今は言葉の流行りすたりが激しいでしょう。
ネットの辞書なら随時、新しい版に変わっていくでしょうから、手持ちの古い本の辞書と見比べて、言葉の意味がどう変わっていくのかを調べるのもよいですね。


  口弁に長じる

  口舌の労を樹てる性情をもちあわせていないので、搵と口をむすんだ

  叱呵をふくんだ声である

  膝をするどくすすめた 

  衣を払って立つ

  みすます

  感情のなかにこもっていては 


叱呵(しつか)・・・怒鳴りつける,大声でしかる。

至上・・・この上もないこと。最高。

諱(いみな)・・・身分の高い人の実名。生存中は呼ぶことをはばかった。

沈毅(ちんき)・・・落ち着いていて物事に動じない・こと(さま)。沈着剛毅。

聘問(へいもん)する・・・礼物を持って訪問すること。
[PR]
by honnowa | 2007-05-29 06:59 |
昨日の記事の続きです。

  『鳥獣花木図屏風』より 動物の隻
    http://f.hatena.ne.jp/jakuchu/20060511101214


  同じく 鳥類の隻
    http://f.hatena.ne.jp/jakuchu/20060511101158


きょうは『公式ブログフォトライフ』の大きな画像のリンクを張りましたので、それを観ていただくか、画集があればそちらをご覧ください。

さてクイズです。
それぞれ何種類の動物が描かれているでしょう。
ふふふ、わかりますか?
わたしは数えてないですよ。
でも世の中にはちゃんと数えて、しかもどんな種類の動物か特定した方がいらっしゃるんですよ。
答えは、平成9年9月13日から10月12日まで静岡県立美術館にて開かれた『異彩の江戸美術・仮想の楽園  若冲をめぐる十八世紀花鳥画の世界』展の図録に載っていました。
見てね。
と言われても困りますよね。
そのような美術展の図録は、書店はもちろん、関連のない他県の図書館や美術館の図書室でも探しにくいでしょうから。
では答えです。
動物のほうは29種類、鳥類のほうは40数種類(同じ種類のオス、メスがある)です。
そして全ての種類が特定されています。
調べた方はエライですよ。
形体がデフォルメされているのもあれば、たぶんまったくの想像で描いたものもあるし、また空想上の動物も描かれているからです。

この図録には、静岡県立美術館が所蔵している『樹花鳥獣図屏風』(リンク先の小さい画像をクリックすると大きな画像になります)に描かれている動物の数と種類も掲載されており、またコレクター、プライス氏も解説を寄稿しています。
これらの屏風に真贋問題があることは以前お伝えしました。  (07/05/22の記事参照)
しかしプライス氏は若冲作と確信を持っていらっしゃいます。
そして技法的にいかに優れた作品であるかを、その寄稿文で具体的に披露していらっしゃいます。
ですので、この絵に興味がある方はぜひ目を通していただきたいです。
もし愛知県美術館で現在行われている『若冲と江戸絵画』展に行かれる機会のある方は、1階のアートライブラリーで、この静岡県美の図録を閲覧できますので、足を伸ばしてみてください。

c0100148_22155046.jpgさて、オマケです。
鹿やロバの頭上にいるこの動物はな~んだ?
図録によるとカワウソやラッコなんだそうです。
わたしは架空の動物だと思ってました。
だって先日の記念講演で山下先生がこうおっしゃったんですよ。  (07/04/29の記事参照)
「ピカチュウならぬ、ジャクチュウ・・・」
 ・・・・・・
[PR]
by honnowa | 2007-05-28 05:10 | 美術
07/05/19の記事の続きです。

  『鳥獣花木図屏風』(図録№50)  伊藤若冲
    http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/20060511/p1


展覧会でこの絵を観たときは、1マスごとの色の塗りわけが面白くて近くで見入ってしまい、絵全体の鑑賞を怠っておりました。
それで図版を購入し何度も手元で眺めているうちにやっと気づいたことがあります。
ニホンザル以外の猿がいる。
象の左上です。
これテナガザルでしょう。
その下にいるのはオランウータン?
よく観ると他にも日本にはいない動物が描かれています。
ヤマアラシ。
背景の海か湖には、アザラシが泳いでいるし、
隣の屏風には七面鳥!
え~!
若冲はこれらの情報をどうやって得たのでしょう。

例えばアザラシ。
当時北海道に松前藩はありましたが、松前藩は津軽海峡に近い側にあり、さすがに頻繁にはアザラシも来ないだろうし、間宮林蔵や伊能忠敬の北海道の測量は若冲の死後のことで、オホーツクの風物の情報がどれほど京の一介の絵師に伝わっていたのでしょうか。
テナガザルは中国画で見たことがあるので、その辺が情報源でしょう。
オランウータンは調べてみたら東南アジア生息の動物なので、情報ルートありですね。
(生息地はアフリカでなかったんですね、何事も調べるもんですね)
トラの左上はバクですね。
こちらも東南アジアにいますし、中国画にもありますね。
さて七面鳥。
生息地、アメリカですよ。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、「1519年にスペインに、1541年にはイギリスに伝えられた。」とあります。
すると、その後オランダかポルトガルに伝わり、長崎の出島に生きているか剥製かの七面鳥が運ばれてきたのでしょうか。
でもいくら京に住んでいたとはいえ、町画家の若冲がそれらを目にする機会があったのでしょうか。
絵をよく観ますと、形は、さほど動物に詳しくないわたしでもすぐに七面鳥と見当がつくくらい特徴を捉えていますが、色味に乏しい。
そうすると外来の本の挿絵を見て描いた可能性が高そうです。
逆にヤマアラシは背中の針が白、黒のツートンに塗り分けられており、剥製を見ることができたのかもしれません。
また話を聞いただけで、本当に想像力だけで描いたのではないかと思われるのがラクダです。
オランウータンの右にいます。
顔などラクダらしくない。
背中に瘤があるから、ラクダかなあと思うのです。
しかもその瘤が前に左右2つ、後ろに1つと3つあるのです。
同じ展覧会に円山応震(まるやまおうしん)の『駱駝図』が出店されています。
図録の解説によると、

  文政四年(1821)に長崎に来航したオランダ船が、番(つがい)の単峰駱駝(ひとこぶらく
  だ)をもたらした。これは見世物として全国を巡業し、大阪・京都では文政六年、江戸では
  同七年に興行された。
  本図は、この見世物に世間が沸き立つ中で制作されたものといえる。
  応震自身もいずれかの土地で駱駝を実見したことだろう。 

写真と見比べても、駱駝特有の年寄りくさい表情などよく描けています。
写生したんですね。
1800年没の若冲は、残念ながらこれを観ることはできませんでした。

  『駱駝図』(図録№29)  円山応震
     http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/20060430/p1

[PR]
by honnowa | 2007-05-27 04:44 | 美術

c0100148_19504597.jpg八竜湿地の愛護会の方と「Yahoo!グループ」なるものに参加することになりました。
これがあのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)というものなのでしょうか。
「Yahoo!グループ」では、管理人さんにメールアドレスを連絡し登録した人だけが閲覧、投稿できます。
他の方が投稿した記事はメールで届き、「Yahoo!グループ」にログインしなくても、そのままメールで内容を読むことができます。
返信もそのまま受信メールを[返信]できます。
管理人さんがカレンダーにスケジュールを入力すると、予定の前日にお知らせメールが自動的に配信されるのですよ。
お知らせがくるのは、楽しいし便利ですよね。
グループでは「フォトアルバム」も共有しています。
他の方はデジカメで撮られたきれいなお花の写真やマクロの写真などを載せられます。
わたしはケータイカメラなのですが、写せる範囲が狭いし、色がイマイチで、だんだんデジカメがほしくなってきました。
でもこの「フォトアルバム」で、優秀なカメラとカメラマンを得たようなものですね。フフフ。
湿地に咲く小さな花はケータイでは無理なので、そのうち写真をお借りし紹介したいなと思います。

さて話は変わって職場でのことですが、PowerPoint を使えるか訊かれました。
基本の操作は知ってますが、その図表を見たらびっくり。
PowerPoint であんな細かいもの、これまで見たことがありません。
おそらくもともとはExcel かWord でグラフや文章を作成し、それらを何枚も貼り付けレイアウトして1枚に作成したものだと思いますが、それがPDFでその方に配信され、そのPDF版を
PowerPoint に貼り付けしたいというのが、その方の希望でした。
えっ? PDFとPowerPoint ってそんなことができるの?
周りにもっとパソコンに詳しい方々も集まってきました。
でもみなさん、えっ? PDFとPowerPoint ってそんなことができるの?
その訊いた方ができるというのです。
実際に1枚はきれいに貼り付けができたが、どうやったか思い出せない。
そして残りもう1枚がどうしてもうまくいかないそうなのです。
うまくいったほうはPDF版そのままにPowerPoint のシートになってますし、だめなほうは画像のピントが合っておらず文字がぼやけています。
で、みんなであーでもない、こーでもないと、いろいろやってやっとできました。
結論をいうと、「Office クリップボード」にコピーし、そこから貼り付ければよいだけで、もっと簡単には、[CTRL]+[C]、[CTRL]+[V] でよいのです。
やってみるとどうということもないのですが、そもそもPDFとPowerPoint がそんなことができるという発想がなかったので、かえって難しく考えてしまいました。
PDFってAcrobat Reader読むだけで、加工はできないというイメージがあるじゃないですか。
今回はそういうことができるとわかり勉強になりました。

記事が長くなりますが、もう一つ。
これも職場でのことですが、「テクノストレス」なる言葉を耳にしました。
初耳な言葉です。
わたしが知っていたのは「VDT症候群」。
それで調べてみるとちょっと違うんですね。
「VDT症候群」というのは、長時間モニターを見続けたり、端末操作を続けることによる、眼精疲労、肩こりなど、心身に影響のでること。
  『参天製薬』様ホームページより 『VDT症候群』

「テクノストレス」とは、コンピューターと人間との関係で、過度に反応するか、または適応できずに生ずるストレスのことです。
  『IT用語辞典』より 『テクノストレス』

わたし、気をつけないと。
みなさんも気をつけましょうね。
[PR]
by honnowa | 2007-05-26 07:45 | 初めての・・・
楽毅は青年時代に留学先で孫子の兵法を学び、戦いが始まってからは孫子の兵法を生かしきり勝ち抜いていきます。
また彼にとって孫子の兵法とは「人がみごとに生きる」ための処世術でもありました。
そこで漢字だけでなく孫子の兵法についても小説中に取り上げられた内容についてのみですが、調べていくことにします。

う~ん、わたしの読書はどこに向おうとしているのでしょう。
孫子の兵法はいささか手を広げすぎでしょう、と我ながら思うのです。
ここで多少の知識を蓄えて、次は井上靖の『風林火山』に参りますか。
一応、今年のメイン読書は井上靖なものですから。

まずは孫子の兵法の基礎知識から。
  (1)孫武(そんぶ)の尊称。
  (2)中国の兵法書。1972年、山東省銀雀山の漢墓から、従来の「孫子」と孫臏(そ
    んびん)の「孫臏兵法」の竹簡が出土。二種あることが確認された。

  (ア)孫武著。一三編。従来から「孫子」とされてきた書で、「彼を知り己を知れば百戦
     殆(あやう)からず」などの名文・名句で知られる。呉孫子。
  (イ)孫臏著。三〇編。斉孫子。孫臏兵法

と二種類あるもの併せて「孫子の兵法」と呼んでいます。

  いまだ戦わずして廟算して勝つ者は、算を得ること多ければなり
    戦いというものは、廟前の策戦会議において、勝算が成り立っておらねばなりません


次はいつもどおり言い回しと漢字の勉強です。

  眉のあたりをけわしくした


剽悍・・・すばしこく、しかも荒々しく強い・こと(さま)。

恫喝・・・おどしておびえさせること。

廟算・・・朝廷のはかりごと。

険阻・・・地勢がけわしいさま。また、その所。

捷疾(しょうしつ)・・・「捷」は敏速な,すばやい。「疾」は 速い,激しい。 
[PR]
by honnowa | 2007-05-25 03:53 |
c0100148_3124512.jpgこの植物はガンピ。
雁皮紙という和紙の原料になります。
先日行った八竜湿地の林では、この黄色い花が満開でした。
葉っぱがとても柔らかく、気持ちがよいですよ。
さて雁皮紙ですが、ある世代以上の方は馴染みがある紙です。
薄くすいた雁皮紙にロウを塗ったものが、ガリ版(謄写版)の原紙です。
わあ、懐かしい。
今の子供たちは卒業文集なんて、どうしてるんでしょう。
そうか、パソコンですね。



それではいつもどおり言い回しと漢字の勉強です。

  性情にねじれはなく

  性情はまっすぐである

  驚きが続発している

  奇想を得る

  腑に落ちるものをおぼえた


慍怒(うんど)・・・慍は腹をたてる、いきどおる。

威服・・・威力で従わせること。

面謁する・・・貴人に面会すること。拝謁。

呈す・・・差し出す。また、贈る。

闊歩する・・・大またにゆっくり歩くこと。
[PR]
by honnowa | 2007-05-24 04:10 |
先日行った八竜湿地の林でこんな葉っぱをみつけました。  (07/05/20の記事参照)

c0100148_19232851.jpgc0100148_1923451.jpg
















すぐにわかった方は和菓子大好きですね。
これは麩饅頭(ふまんじゅう)を包んでいる葉っぱですよ。
名前はサルトリイバラ、別名サンキライ(山帰来)です。

以前、有名な大口屋の麩饅頭をいただきながら、これ何の葉っぱだろうと思ったんです。
あれから大分経ち、ひょっこり謎が解明しました。
林の中でけっこういっぱい生えてました。
しかも意外なことに木の葉っぱではありませんでした。
一応落葉低木なのですが、つる性で茎に棘があるので多年草に見えます。
つるが直接絡むのでなく、右の写真のとおり巻きひげが伸びます。
秋には実が赤く熟すのでリースにもなるそうです。
あらら、去年の秋はまったく気づかなかった。
でも今年は大丈夫。
麩饅頭とセットで強力に頭にインプットされましたから。

ところで名古屋では麩饅頭の葉っぱですが、九州のほうでは柏餅をこの葉っぱで包むそうです。
柏の木が育ちにくいのでしょうか。
柏でないのに柏餅と呼ぶのも不思議な感じです。
でも見た目には、柏の葉よりもサルトリイバラの葉のほうが形がポテッと丸くてかわいいし、光沢もあるし、おいしそうですよね。
(でも柏餅は柏の葉でなくちゃあ)
それから麩饅頭は、サイトをいろいろ見ていると、よその地域では笹の葉で包むようですね。
こちらだと、有名どころでもない普通の和菓子屋さんでもサルトリイバラの葉なんですけど。

さてこの話を職場で披露したら、そもそも麩饅頭を知らない人がいて・・・
コネタのつもりだったのに、あれこれと説明をしなければなりませんでした。
念のために麩饅頭とはどんなものか解説しますね。
麩饅頭の中はこし餡ですが、皮は通常の饅頭とは違います。
麩饅頭の皮はグルテンなのです。
グルテンとは小麦粉に含まれるたんぱく質のことで、粘りや弾力の基になるものです。
強力粉を水でこね、次に水に浸し、余分なでんぷんを洗い流し、残ったネバネバした弾力性のものがグルテンです。

こちらに麩饅頭の作り方が載ってました。
  『大阪市立環境科学研究所附設栄養専門学校』様の『最近の実習から』より
     『その2 食品加工学実習「麩まんじゅう」』

サルトリイバラの詳細はこちらをどうぞ。
  『岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科 植物生態研究室(波田研)』様
  より『サルトリイバラ』
[PR]
by honnowa | 2007-05-23 05:34 | 自然
07/05/1907/05/21の記事の続きです。

先の記事にも綴りましたが、わたしがこの『鳥獣花木図屏風』という絵の存在を知ったのは、まだ昨年のことです。
そしてこの絵に真贋問題があることを知ったのは、山下先生による展覧会関連の記念講演でのことです。  (07/04/29の記事参照)
先日取り上げた図版 『伊藤若冲 鳥獣花木図屏風』のテキストで、先生はこの真贋についての論説をエッセイ風に述べていらっしゃいます。
エッセイ風で気さくな文章なのですが、誰もが目にする市販の美術書にここまで書くんだ、と少々びっくりな内容なのです。
1980年ごろにプライス氏がこの絵を入手するまでに、この絵がどういう扱いをされていたのかも具体的に綴られています。
よほどの自信というか、思い入れを感じます。
山下先生をそこまでさせるのは、若冲の代弁者、コレクター、プライス氏の情熱なのでしょう。
そして、若冲がこの屏風に与えた芸術力そのものなのでしょう。

さて真贋問題について少し触れます。
「枡目描き」と呼ばれる独特の手法で描かれた作品は、現在、3作品あります。
(4作品目『釈迦十六羅漢図屏風』は現在は行方不明)
この『鳥獣花木図屏風』、静岡県立美術館にある『樹花鳥獣図屏風』、個人蔵の『白象群獣図』です。
このうち『白象』のみ落款があり、若冲作で意見が一致しているようです。
残りの2作品について、若冲作か、工房作か、それ以外の者による模倣画か、意見が分かれているようです。

山下先生は当然、若冲本人の手による真作派です。
わたしは山下先生のご意見しか知らず、まして比較となる他の作品を目にしていないので、真贋そのものを語る資格を持ち合わせていないのですが、それでも気になることはあります。
もし模倣画だとすれば、誰がこんな手の込んだものを描くだろうか?
先日の記事でもお伝えしたとおり、とても細かいのです。
しかも屏風でサイズは168.7×374.4mmが2隻もあります。

でも本当は誰の作品でもいいんですよね。
その絵に真に魅力がありさえすればそれでよいのです。
かりに模倣者、または工房作だったとしても、この絵は本当に魅力的なのです。
まして落款が入っていないのですから、「だれか若冲の追従者の真作」でもよいのです。
(学術的にはそうもいかないのでしょうけど、美術愛好家の立場から見ればね。)
真に力のある絵が時というものに打ち勝って何百年も残っていく。
江戸時代から今日まで残り、またプライス氏というよき所有者を引き寄せ、山下先生という擁護者を得て、命をまた永らえさせること成功したということが、この絵の力の証明ではないでしょうか。

  『鳥獣花木図屏風』(図録№50)  伊藤若冲
    http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/20060511/p1

[PR]
by honnowa | 2007-05-22 06:00 |