ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:パフォーマンス( 240 )

今回の記事は私のメモです。
どう見てもTOP3は異様というか余分というか。

2011-12まで
29位まで(荒川さんのトリノオリンピックの191.34点以上)
(2011-12は赤字)

Total Score

Name Nat. Event Date SP FS Total
1 Yuna KIM KOR XXI Olympic Winter Games 2010 28.02.2010 78.50 150.06 228.56 S
2 Yuna KIM KOR ISU GP Trophee Eric Bompard 18.10.2009 76.08 133.95 210.03 S
3 Yuna KIM KOR World Championships 2009 29.03.2009 76.12 131.59 207.71 S
4 Mao ASADA JPN XXI Olympic Winter Games 2010 28.02.2010 73.78 131.72 205.50 S
5 Joannie ROCHETTE CAN XXI Olympic Winter Games 2010 28.02.2010 71.36 131.28 202.64 S
6 Miki ANDO JPN Four Continents Championships 2011 20.02.2011 66.58 134.76 201.34 S
7 Mao ASADA JPN NHK Trophy 2006 03.12.2006 69.50 130.02 199.52 S
8 Irina SLUTSKAYA RUS Cup of Russia 2005 27.11.2005 67.58 130.48 198.06 S
9 Sasha COHEN USA MasterCard Skate Canada Int. 2003 02.11.2003 71.12 126.48 197.60 S
10 Mao ASADA JPN World Championships 2010 28.03.2010 68.08 129.50 197.58 S
11 Sasha COHEN USA Smart Ones Skate America 2003 26.10.2003 66.46 130.89 197.35 S
12 Yuna KIM KOR Cup of Russia 2007 25.11.2007 63.50 133.70 197.20 S
13 Sasha COHEN USA Trophee Lalique 2003 16.11.2003 69.38 127.81 197.19 S
14 Yuna KIM KOR ISU Grand Prix Final 2008 16.12.2007 64.62 132.21 196.83 S
15 Mao ASADA JPN Four Continents Championships 2011 20.02.2011 63.41 132.89 196.30 S
16 Irina SLUTSKAYA RUS Cup of China 2005 06.11.2005 70.22 125.90 196.12 S
17 Miki ANDO JPN World Championships 2011 01.05.2011 65.58 130.21 195.79 S
18 Miki ANDO JPN World Championships 2007 25.03.2007 67.98 127.11 195.09 S
19 Yuna KIM KOR World Championships 2011 01.05.2011 65.91 128.59 194.50 S
20 Mao ASADA JPN World Championships 2007 25.03.2007 61.32 133.13 194.45 S
21 Yuna KIM KOR Skate America 2008 26.10.2008 69.50 123.95 193.45 S
22 Mao ASADA JPN Four Continents Championships 2008 17.02.2008 60.94 132.31 193.25 S
23 Irina SLUTSKAYA RUS European Championships 2006 22.01.2006 66.43 126.81 193.24 S
24 Irina SLUTSKAYA RUS World Championships 2005 20.03.2005 62.84 130.10 192.94 S
25 Miki ANDO JPN Skate America 2006 29.10.2006 66.74 125.85 192.59 S
26 Ashley WAGNER USA Four Continents Championships 2012 12.02.2012 64.07 128.34 192.41 S
27 Yuna KIM KOR Cup of China 2008 09.11.2008 63.64 128.11 191.75 S
28 Mao ASADA JPN ISU Grand Prix Final 2008 16.12.2007 59.04 132.55 191.59 S
29 Shizuka ARAKAWA JPN XX Olympic Winter Games 2006 26.02.2006 66.02 125.32 191.34 S


※()内は試合の開催年でシーズンではありません。
Yuna KIM 8回(2010 2009 2009 2007 2008 2011 2008 2008)
Mao ASADA 7回(2010 2006 2010 2011 2007 2008 2008)
Joannie ROCHETTE 1回(2010)
Miki ANDO 4回(2011 2011 2007 2006)
Irina SLUTSKAYA 4回(2005 2005 2006 2005)
Sasha COHEN 3回(2003 2003 2003)
Ashley WAGNER 1回(2012)
Shizuka ARAKAWA 1回(2006)
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 18:03 | パフォーマンス
今回の記事は私のメモです。

2011-12まで
20位まで(250点以上)
(2011-12は赤字)


Total Score

Name Nat. Event Date SP FS Total
1 Patrick CHAN CAN World Championships 2011 01.05.2011 93.02 187.96 280.98 S
2 Daisuke TAKAHASHI JPN ISU World Team Trophy 2012 22.04.2012 94.00 182.72 276.72 S
3 Patrick CHAN CAN Four Continents Championships 2012 12.02.2012 87.95 185.99 273.94 S
4 Patrick CHAN CAN World Championships 2012 01.04.2012 89.41 176.70 266.11 S

5 Daisuke TAKAHASHI JPN Four Continents Championships 2008 17.02.2008 88.57 175.84 264.41 S
6 Evgeni PLUSHENKO RUS European Championships 2012 29.01.2012 84.71 176.52 261.23 S
7 Patrick CHAN CAN ISU World Team Trophy 2012 22.04.2012 89.81 170.65 260.46 S
8 Patrick CHAN CAN ISU Grand Prix Final 2011/12 11.12.2011 86.63 173.67 260.30 S
9 Daisuke TAKAHASHI JPN ISU GP NHK Trophy 2011 13.11.2011 90.43 169.32 259.75 S

9 Patrick CHAN CAN ISU GP Final 2010/2011 12.12.2010 85.59 174.16 259.75 S
10 Daisuke TAKAHASHI JPN World Championships 2012 01.04.2012 85.72 173.94 259.66 S
11 Takahiko KOZUKA JPN World Championships 2011 01.05.2011 77.62 180.79 258.41 S
12 Evgeni PLUSHENKO RUS XX Olympic Winter Games 2006 26.02.2006 90.66 167.67 258.33 S
13 Daisuke TAKAHASHI JPN World Championships 2010 28.03.2010 89.30 168.40 257.70 S
14 Evan LYSACEK USA XXI Olympic Winter Games 2010 28.02.2010 90.30 167.37 257.67 S
15 Evgeni PLUSHENKO RUS XXI Olympic Winter Games 2010 28.02.2010 90.85 165.51 256.36 S
16 Evgeni PLUSHENKO RUS European Championships 2010 24.01.2010 91.30 164.09 255.39 S
17 Patrick CHAN CAN ISU GP Skate Canada International 2011 30.10.2011 83.28 170.46 253.74 S
18 Evgeni PLUSHENKO RUS ISU Grand Prix Final 2005 19.12.2004 84.35 167.40 251.75 S
19 Yuzuru HANYU JPN World Championships 2012 01.04.2012 77.07 173.99 251.06 S
20 Javier FERNANDEZ ESP ISU GP Skate Canada International 2011 30.10.2011 84.71 165.62 250.33 S



※()内は試合の開催年でシーズンではありません。
※9位は2人います。
Patrick CHAN 7回(2011 2012 2012 2012 2011 2010 2011)
Daisuke TAKAHASHI 5回(2012 2008 2011 2012 2010)
Evgeni PLUSHENKO 5回(2012 2006 2010 2010 2004)
Takahiko KOZUKA 1回(2011)
Evan LYSACEK 1回(2010)
Yuzuru HANYU 1回(2012)
Javier FERNANDEZ 1回(2011)

圧倒的な演技をすれば、少々ルールーや採点が変わろうが、残るものは残りますね。
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 17:26 | パフォーマンス
Personal Best Scores アイスダンス メモ

今回の記事は私のメモです。

昔はアイスダンスは年齢重ねないと無理の世界だったのにねぇ。
カーズの名前が嬉しいよ。

2011-12まで
10位まで(高トラまで)
(2011-12は赤字)


Total Score

Name Nat. Event Date Total
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA ISU Grand Prix Final 2011/12 11.12.2011 188.55 S
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN ISU Grand Prix Final 2011/12 11.12.2011 183.34 S
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT FRA World Championships 2012 29.03.2012 173.18 S
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN World Championships 2012 29.03.2012 166.65 S

5 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA World Championships 2011 30.04.2011 163.79 S
6 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS ISU GP Cup of China 2011 05.11.2011 163.52 S
7 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA ISU World Team Trophy 2012 20.04.2012 162.00 S
8 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS World Championships 2012 29.03.2012 161.00 S

9 Sinead KERR / John KERR GBR European Championships 2011 28.01.2011 157.49 S
10 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN RUS ISU JGP J. Curry Memorial 2010 02.10.2010 155.04 J


Short Dance Score

Name Nat. Event Date Score
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA ISU Grand Prix Final 2011/12 09.12.2011 76.17 S
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN World Championships 2011 29.04.2011 74.29 S
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT FRA World Championships 2011 29.04.2011 70.97 S
4 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA World Championships 2011 29.04.2011 66.88 S
5 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN World Championships 2012 28.03.2012 66.47 S
6 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS World Championships 2011 29.04.2011 65.88 S
7 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS World Championships 2011 29.04.2011 65.51 S
8 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN RUS ISU JGP J. Curry Memorial 2010 01.10.2010 65.12 J
9 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA World Championships 2012 28.03.2012 65.11 S
10 Victoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN RUS World Junior Championships 2012 29.02.2012 63.78 J


Free Dance Score

Name Nat. Event Date Score
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA ISU Grand Prix Final 2011/12 11.12.2011 112.38 S
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN ISU Grand Prix Final 2011/12 11.12.2011 112.33 S
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT FRA World Championships 2012 29.03.2012 104.05 S
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN World Championships 2012 29.03.2012 100.18 S
5 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA ISU World Team Trophy 2012 20.04.2012 98.30 S
6 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS ISU GP Cup of China 2011 05.11.2011 97.79 S

7 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA World Championships 2011 30.04.2011 96.91 S
8 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS World Championships 2012 29.03.2012 95.66 S
9 Sinead KERR / John KERR GBR European Championships 2011 28.01.2011 94.62 S
10 Vanessa CRONE / Paul POIRIER CAN ISU GP Skate Canada International 2010 31.10.2010 91.47 S
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 16:44 | パフォーマンス
今回の記事は私のメモです。

ヴォロトラ、以前のペアでもハイスコア出していたのね。

2011-12まで
10位まで(+高トラまで)
(2011-12は赤字)


Total Score

Name Nat. Event Date Total
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER World Championships 2011 28.04.2011 217.85 S
2 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN XXI Olympic Winter Games 2010 15.02.2010 216.57 S
3 Qing PANG / Jian TONG CHN XXI Olympic Winter Games 2010 15.02.2010 213.31 S
4 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS European Championships 2010 20.01.2010 213.15 S
5 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS ISU Grand Prix Final 2011/12 10.12.2011 212.08 S
6 Tatiana TOTMIANINA / Maxim MARININ RUS XX Olympic Winter Games 2006 13.02.2006 204.48 S
7 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV RUS European Championships 2010 20.01.2010 202.03 S
8 Wenjing SUI / Cong HAN CHN Four Continents Championships 2012 12.02.2012 201.83 S
9 Dan ZHANG / Hao ZHANG CHN World Championships 2008 19.03.2008 197.82 S
10 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS European Championships 2012 26.01.2012 193.79 S
11 Jessica DUBE / Bryce DAVISON CAN World Championships 2008 19.03.2008 192.78 S
12 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN World Championships 2012 30.03.2012 189.69 S


Short Program Score

Name Nat. Event Date Score
1 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN XXI Olympic Winter Games 2010 14.02.2010 76.66 S
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER XXI Olympic Winter Games 2010 14.02.2010 75.96 S
3 Qing PANG / Jian TONG CHN World Championships 2010 23.03.2010 75.28 S
4 Dan ZHANG / Hao ZHANG CHN World Championships 2008 18.03.2008 74.36 S
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS XXI Olympic Winter Games 2010 14.02.2010 74.16 S
6 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV RUS European Championships 2010 19.01.2010 73.54 S
7 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS European Championships 2012 25.01.2012 72.80 S 8 Tatiana TOTMIANINA / Maxim MARININ RUS World Championships 2005 14.03.2005 70.12 S
9 Jessica DUBE / Bryce DAVISON CAN World Championships 2008 18.03.2008 68.66 S
10 Tatiana VOLOSOZHAR / Stanislav MOROZOV UKR European Championships 2010 19.01.2010 67.60 S
11 Maria PETROVA / Alexei TIKHONOV RUS ISU Grand Prix Final 2005 17.12.2004 67.42 S
12 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS European Championships 2012 25.01.2012 66.89 S
13 Wenjing SUI / Cong HAN CHN Four Continents Championships 2012 11.02.2012 66.75 S
14 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN World Championships 2012 28.03.2012 65.37 S



Free Skating Score

Name Nat. Event Date Score
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER World Championships 2011 28.04.2011 144.87 S
2 Qing PANG / Jian TONG CHN XXI Olympic Winter Games 2010 15.02.2010 141.81 S
3 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS World Championships 2012 30.03.2012 140.90 S
4 Xue SHEN / Hongbo ZHAO CHN XXI Olympic Winter Games 2010 15.02.2010 139.91 S
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS European Championships 2010 20.01.2010 139.23 S
6 Tatiana TOTMIANINA / Maxim MARININ RUS XX Olympic Winter Games 2006 13.02.2006 135.84 S
7 Wenjing SUI / Cong HAN CHN Four Continents Championships 2012 12.02.2012 135.08 S
8 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV RUS ISU GP Final 2009/2010 05.12.2009 128.57 S
9 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS European Championships 2012 26.01.2012 126.90 S
10 Dan ZHANG / Hao ZHANG CHN World Championships 2010 24.03.2010 126.58 S
11 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN World Championships 2012 30.03.2012 124.32 S
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 16:29 | パフォーマンス
今回の記事は私のメモです。

男子よりもさらに虚しい気持ちに。
真央ちゃんの「鐘」は載らないんですね。
点数の出づらかった時期にスルツカヤさんは偉大だ。

2011-12まで
10位まで
(2011-12は赤字)


Total Score

Name Nat. Event Date Total
1 Yuna KIM KOR XXI Olympic Winter Games 2010 25.02.2010 228.56 S
2 Mao ASADA JPN XXI Olympic Winter Games 2010 25.02.2010 205.50 S
3 Joannie ROCHETTE CAN XXI Olympic Winter Games 2010 25.02.2010 202.64 S
4 Miki ANDO JPN Four Continents Championships 2011 20.02.2011 201.34 S
5 Irina SLUTSKAYA RUS Cup of Russia 2005 26.11.2005 198.06 S
6 Sasha COHEN USA MasterCard Skate Canada Int. 2003 01.11.2003 197.60 S
7 Ashley WAGNER USA Four Continents Championships 2012 11.02.2012 192.41 S
8 Shizuka ARAKAWA JPN XX Olympic Winter Games 2006 23.02.2006 191.34 S
9 Mirai NAGASU USA XXI Olympic Winter Games 2010 25.02.2010 190.15 S
10 Carolina KOSTNER ITA World Championships 2012 31.03.2012 189.94 S


Short Program Score

Name Nat. Event Date Score
1 Yuna KIM KOR XXI Olympic Winter Games 2010 23.02.2010 78.50 S
2 Mao ASADA JPN ISU World Team Trophy 16.04.2009 75.84 S
3 Joannie ROCHETTE CAN XXI Olympic Winter Games 2010 23.02.2010 71.36 S
4 Sasha COHEN USA MasterCard Skate Canada Int. 2003 31.10.2003 71.12 S
5 Mirai NAGASU USA World Championships 2010 26.03.2010 70.40 S
6 Irina SLUTSKAYA RUS Cup of China 2005 03.11.2005 70.22 S
7 Carolina KOSTNER ITA ISU World Team Trophy 2012 19.04.2012 69.48 S
8 Miki ANDO JPN World Championships 2007 23.03.2007 67.98 S
9 Akiko SUZUKI JPN ISU World Team Trophy 2012 19.04.2012 67.51 S
10 Shizuka ARAKAWA JPN XX Olympic Winter Games 2006 21.02.2006 66.02 S


Free Skating Score

Name Nat. Event Date Score
1 Yuna KIM KOR XXI Olympic Winter Games 2010 25.02.2010 150.06 S
2 Miki ANDO JPN Four Continents Championships 2011 20.02.2011 134.76 S
3 Mao ASADA JPN World Championships 2007 24.03.2007 133.13 S
4 Joannie ROCHETTE CAN XXI Olympic Winter Games 2010 25.02.2010 131.28 S
5 Sasha COHEN USA Smart Ones Skate America 2003 25.10.2003 130.89 S
6 Irina SLUTSKAYA RUS Cup of Russia 2005 26.11.2005 130.48 S
7 Kimmie MEISSNER USA World Championships 2006 25.03.2006 129.70 S
8 Mirai NAGASU USA Four Continents Championships 2011 20.02.2011 129.68 S
9 Carolina KOSTNER ITA World Championships 2012 31.03.2012 128.94 S
10 Ashley WAGNER USA Four Continents Championships 2012 11.02.2012 128.34 S

[PR]
by honnowa | 2012-05-06 16:11 | パフォーマンス
今回の記事は私のメモです。

異なる試合の点数を並べてもしようがないんですけどね。
(同じシーズンでも、同じ試合でさえ並べてもしようがないのに・・・)
今季採点でどのように入れ替わるでしょうか。

2011-12まで
10位まで
(2011-12は赤字)

Total Score 

Name Nat. Event Date Total
1 Patrick CHAN CAN World Championships 2011 28.04.2011 280.98 S
2 Daisuke TAKAHASHI JPN ISU World Team Trophy 2012 20.04.2012 276.72 S
3 Evgeni PLUSHENKO RUS European Championships 2012 28.01.2012 261.23 S

4 Takahiko KOZUKA JPN World Championships 2011 28.04.2011 258.41 S
5 Evan LYSACEK USA XXI Olympic Winter Games 2010 18.02.2010 257.67 S
6 Yuzuru HANYU JPN World Championships 2012 31.03.2012 251.06 S
7 Javier FERNANDEZ ESP ISU GP Skate Canada International 2011 29.10.2011 250.33 S

8 Stephane LAMBIEL SUI XXI Olympic Winter Games 2010 18.02.2010 246.72 S
9 Artur GACHINSKI RUS European Championships 2012 28.01.2012 246.27 S
10 Jeffrey BUTTLE CAN World Championships 2008 22.03.2008 245.17 S


Short Program Score

Name Nat. Event Date Score
1 Daisuke TAKAHASHI JPN ISU World Team Trophy 2012 19.04.2012 94.00 S
2 Patrick CHAN CAN World Championships 2011 27.04.2011 93.02 S
3 Evgeni PLUSHENKO RUS European Championships 2010 20.01.2010 91.30 S
4 Evan LYSACEK USA XXI Olympic Winter Games 2010 16.02.2010 90.30 S
5 Brian JOUBERT FRA European Championships 2010 20.01.2010 88.55 S
6 Michal BREZINA CZE World Championships 2012 30.03.2012 87.67 S
7 Nobunari ODA JPN ISU GP Final 2009/2010 04.12.2009 87.65 S
8 Jeremy ABBOTT USA ISU World Team Trophy 2012 19.04.2012 86.98 S
9 Artur GACHINSKI RUS European Championships 2012 26.01.2012 84.80 S
10 Javier FERNANDEZ ESP ISU GP Skate Canada International 2011 28.10.2011 84.71 S



Free Skating Score

Name Nat. Event Date Score
1 Patrick CHAN CAN World Championships 2011 28.04.2011 187.96 S
2 Daisuke TAKAHASHI JPN ISU World Team Trophy 2012 20.04.2012 182.72 S
3 Takahiko KOZUKA JPN World Championships 2011 28.04.2011 180.79 S
4 Evgeni PLUSHENKO RUS European Championships 2012 28.01.2012 176.52 S
5 Yuzuru HANYU JPN World Championships 2012 31.03.2012 173.99 S

6 Evan LYSACEK USA XXI Olympic Winter Games 2010 18.02.2010 167.37 S
7 Javier FERNANDEZ ESP ISU Grand Prix Final 2011/12 10.12.2011 166.29 S
8 Artur GACHINSKI RUS World Championships 2011 28.04.2011 163.52 S
9 Nobunari ODA JPN ISU GP Trophee Eric Bompard 17.10.2009 163.33 S
10 Jeffrey BUTTLE CAN World Championships 2008 22.03.2008 163.07 S
10 Florent AMODIO FRA World Championships 2012 31.03.2012 163.07 S
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 15:32 | パフォーマンス
2011-12シーズン、表現力を課題として取り組んでいましたが、その成果は・・・?
私にとっては予想外な結果でした。


比較用に、7月のアイスショーで滑ったEX
Takahiko Kozuka / 小塚崇彦 ~THE ICE 2011完全版
【小塚崇彦 ~ チェロソング / Takahiko Kozuka - Cello Song】


Takahiko Kozuka / 小塚崇彦 ~THE ICE 2011完全版
【小塚崇彦 ~ インナー・アージ / Takahiko Kozuka - Inner Urge】


ともに初期アイスショーお披露目のせいか、2つのプログラムに特にスケーティングに違いは感じられません。
SPの表情はいい。


RecintoMoxo様 「Takahiko Kozuka SP Skate America 2011」


顔がはっきり映ってなくても笑顔かどうかわかるもんですね。
どんな曲でも基本は笑顔で滑る事かな。
笑顔でないと硬さだけが伝わってきます。
なるべく笑顔で、要所要所で目は鋭く、口元ニヤリなんて表情ができたらいいんだけど。


frida340様 「2011 NHK Takahiko Kozuka SP B ESP」


見直すとNHK杯で既に変化は現れていました。
前半部で、以前より重心を下げているような。


icechannel2011様 「Takahiko Kozuka - 2011 Japanese Nationals SP」


今見直しての感想ですが、全日本故の安全策で、本人が余裕を持って滑っています。
でもスリリングな曲に、余裕と安心感はちょっとマッチしないかな。
ただし試合の結果をハラハラしながら見守るのとは感想は当然異なるでしょう。
全日本の感想、書き残しておけばよかった。


Azixpc様 「Takahiko Kozuka SP Worlds 2012 Nice」


ジャンプは残念だったけど、これすごく良かった。
特に後半の疾走感。
ジャッジへの表情での煽りもうまくやっている。

世戦は佐藤親子組が全員ジャンプを多く失敗したので、佐藤式スケーティングが徹底的に氷と合わなかったんだなと、この時は思っていました。が・・・


hitadely様 「Takahiko Kozuka - WTT 2012 - SP」


カメラワークもあるかもしれませんが、後半は従来の疾走感よりも力強さが、前半もスケーティングの質が変わった?と思わせるほど、対極だと思っていたPちゃんの滑りに(1目盛り程度ですが)似てきたように見えて吃驚しました。

この2人は、感情を全面に出すタイプではない、踊るタイプではない、スケーティング技術でアピールするタイプという面で同質でありながら、最も遠いスケーティングを披露してきて、私はコヅ君の摩擦抵抗も力技もない(ように見える)スケーティングこそフィギュアスケートらしく、もう一人の選手に対してはホッケーやスピスケの選手に半年ほどみっちりとステップの練習だけ集中特訓させたら、これくらいに滑れるのでは?と冷ややかに見ていたので、この変質は少々ショック。

20代前半の青年が世界レベルのトレーニングを続け、筋力をつけると、こうなってくるのは自然で仕方ないのかな?
とSP直後は考えていたのですが・・・

この後FSを見て、

hitadely様 「Takahiko Kozuka - WTT 2012 - LP」


あれ? いつものコヅ君?

さらにEXで、

hitadely様 「Takahiko Kozuka - WTT 2012 - EX」


この一番本人らしいプログラムを見て、SPのスケーティングの変化は、彼の表現であることを理解しました。

ここから先はぼやきです。
[PR]
by honnowa | 2012-05-06 13:33 | パフォーマンス
さて前の記事の考察を経て、次ぎは浅田真央選手の腕の使い方です。

今シーズンも最後までジャンプが安定しませんでした。
佐藤式スケーティングが身についてきたのは、演技を見れば一目瞭然です。
ただどうしてもジャンプとの整合性がつかない。
それは腕の使い方がまだわかっていないからではないでしょうか。

浅田選手はジャンプの際に腕を使いません。
昔の高橋選手や、先の動画のアモディオ選手、羽生選手のように、直前まで腕をぶらんと下げています。
(真央ちゃん、それ男子の飛び方だよ)
注意して他の女子選手を見ると、3回転ジャンプを飛ぶのにクワドを飛ぶPちゃんのように腕を上げて構えます。
助走の間から体を持ち上げようと意識し、腕の振りを体を浮かせるのと回転速度を得るのに使っています。

ではどうして彼女は他の女子のように腕を使わないのでしょう?

・子供のころに理屈抜きにあっというまに3Aまで習得してしまい、腕の使い方などを意識して考えてこなかった(よいしょ、って飛んでたんだよね♪)
・身長は伸びつつもあまり体型は変わらなかったので、飛び方を変える必要になかなか迫られなかった。
・更に身長が伸びた時に、彼女のポジションがじっくりとジャンプの見直しを許す状況になかった。
・そこで自己流で修正する時には、スピードコントロールとタイミングと脚力で補った(結局それでオリンピックさえ乗り切ってしまった)

しかし佐藤コーチについて独自のスピードコントロールとタイミング取りを見直すことになったので、これまで全くやってこなかった腕を使ってのバランスとタイミングと回転速度を得ることを身につけなければならず、想像以上に難しくなってしまっているのではないでしょうか。

「想像以上に難しい」と大げさに書いたのは、彼女の手足の長さや素晴らしい柔軟性、スタイルの良さ、上半身の薄さを考えると、ジャンプ以外、日常にまで及んで、あまり肩甲骨や背筋、上腕の神経を駆使する必要が無かったのではないかと思うからです。
ビールマンは遠心力に逆らうため腕の力を物凄く使うと聞きますが、彼女の手足の長さと柔軟性なら、他の選手ほど筋力は使わずに済んだでしょう。

そのせいか振付をされた箇所では彼女の腕の使い方の優美さは群を抜いていますが、振付されていない部分、それこそジャンプの助走中など、彼女の腕は休んでいるように見えます。
多くの女子選手が少しでも自分を美しく見せようと、演技中ずっと腕にまで気を張っているのと対照的です。
(女性だし人に見られる競技だから、当然の如く意識することを無意識にできてしまうのかもですが)
この辺りは一長一短で、浅田選手は無駄に力を使わずにスタミナを持たせていると言えるかもしれませんし、だから3Aと鬼ステップがこなせるわけです(が、とちらかというと男性的な発想)
また無理な使い方をしないから、長い選手生活をまして3Aを飛びながら大きな怪我なくやってこれたのだと思います。
短所としては、だらんとして見えてしまう。
また男子選手よりも助走が長いので、間延びして見えてしまう。
意識して腕を上げている選手は、演技が途切れずに振りが継続しているように見えます。

また彼女が腕の神経を使いこなせていないと思わせるものに、ドーナツスピンでのポジション取りのもたつきがあります。
ビールマンが楽々できるのですから、もっとさっとエッジを掴めそうなものなのですが。
プルシェンコ選手は磁石のようにぴたっと手足がくっつきますよね。
もたつくのは手足を一度にベストポジションに同時にもっていけず、手がエッジの位置を探しているのでしょう。
意識が軸足や反対側の腕の所作に先に大きく気をを取られているのかもしれません。
(その辺りは単にエッジが恐くて慎重にやっているだけなのかもしれないし、スピンの得意な選手が同じ回転系のジャンプを必ずしも得意とも限らず、人の体の面白さでもありますが)

「腕の使い方がまだわかっていない」などと書いてしまいましたが、もしかしたら「わかってきたけどまだ器用に使いこなせない」状態にまでなっているのかもしれません。

目を瞠ったEXリベラの力強い所作は、腕を力強く使う意識の成果の表れのように見えます。


≪参考動画≫


「浅田真央(mao asada) 何をしていたのかなあ-凄く大切な事をしていたよ!」
http://youtu.be/c7tWCkYPQMs

この動画は先の世選のSP公式練習、6分間ウォームアップ、本番、FS公式練習、6分間ウォームアップ、本番が収められています。
練習映像は大部分がジャンプで、信夫コーチが見守る中、久美子コーチが浅田選手に何度も上半身や腕の動きを伝えていました。
真央ちゃん、女性コーチの方がいいのかな。
この動画を見ても、やはりジャンプのポイントは腕とよくわかりました。 
[PR]
by honnowa | 2012-05-05 21:34 | パフォーマンス
シングルとペア用の2012-13シーズンのSOV、LOD、GOE採点のガイドラインが発表されました。
公式和訳が出るまで待つとして(他力本願)、ざっと見ると、ジャンプのBASEとSOVは変更なし、ステップのレベル要件だった片足ステップが消されています。
あらぁ、見応えあったのに残念。


さてジャンプの話に。
今回の国別対抗戦の高橋大輔選手の圧巻のFSを視ながら、ふと(と言うよりも、やっと)気づいたことがあります。
彼はクワドの助走で右腕を背中につけるのですね。

彼の最近の動画を視ていたら、興味深い特集がありました。

dai3sexy様 「20120503 Daisuke Takahashi 特集」


1:05~ 2007年全日本のクワド
1:45~ 怪我後の練習時のクワド(髪型から昨年の夏かな?)
2:10~ 今シーズンのチャン選手と羽生選手とアモディオ選手のクワド(試合)
2:30~ 昨年のNHK杯のクワド
4:21~ NHK杯以降の練習(本田コーチが右腕を背中につけるよう指導しています。その直後のジャンプでは、助走は背中につけていますが、飛び上がるよりだいぶ先に腕を背中から離して以前の構えに)
5:42~ 世戦SPクワド(以前に比べ右腕を背中から離して前に持っていき軸を絞る体勢を作るまでが短くなった。ここでコツを完全に収得したか)
5:55~ 世戦FSクワド

どうやら高橋選手はクワドを完全に取り戻したようです。
ところで、なぜ右腕を背中につけるのでしょう?

ここからはスポーツ音痴の好き勝手な独り言なので、生暖かく読んでください。

・元々クワドを飛ぶのに腕の勢いは使っていなかった。
・腕は回転軸を作るためにだけに使っていた。
・足の筋力は試合に単発で入れるくらいは回復した
・怪我後のリハビリにより関節の駆動域が広がったが、逆にポジションがわからなくなった。

そこで関節の位置を固定するために、上半身を敢えて動きにくくするために右腕を固定することにした?

面白いのが他選手ですが、羽生君もアモ君も以前の大ちゃんのように、飛ぶ直前まで腕をぶらんとさせています。
腕は軸を作るだけ。
2人とも細見でまだ筋力やスタミナが十分とは言えませんが、それでもクワドが飛べてしまうくらいの筋力があるのです。
(細いから浮きやすいのもあるかも)
3回転ジャンプの延長線上でクワドを習得したともいえます。

対照的なのがPちゃんで、バレエダンサーのポーズのように、助走の長い時間腕を水平に構えています。
彼ほどの脚力とスタミナならば、助走なしの垂直飛びでも4回転できそうな気もするのですが。
ただ彼がクワドを入れたのは2010-11シーズンからで、それまでは挑みもしないどころか公式練習で飛ぼうともしなかったので、実は影で努力はしていたのでしょうが、それまでは全く飛べなかったのでしょう。
そこで3回転の延長戦で飛ぶのでなく、クワドのための飛び方を構築する必要があってのあの飛び方になったのかなと思うのです。
(世戦後に別れたコーチがジャンプについて独特のメゾットを持っていたと、最近の話題にありました)
腕を水平に絞ることにより回転の勢いも得ているように見えます。

面白くなってプルシェンコ選手の動画も探してみましたが、彼の腕の構えも独特で、斜め45度下から絞ると同時に回転の勢いも得ています。

腕を使わないという選択肢も含めて、選手ごとにどのように使うかが大事と教えてくれるよい特集でした。
[PR]
by honnowa | 2012-05-05 20:55 | パフォーマンス
写真いいな。

http://www2.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=1058
「ISU World Team Trophy in Figure Skating, Day 3
21 April 2012」より、機械翻訳。

フィギュア第二ISUワールドチームトロフィーでの競争は、ペアと女子フリースケートで日本、東京では土曜日と結論付けた。

チーム日本はISUワールドチームトロフィーで金メダルを取得します
チーム日本はISU世界チームトロフィーで、金を打った。チームアメリカは銀を取り、チームカナダが銅メダルを締めつけるために5位からプルアップされています。日本は、55点を集めたアメリカ代表チームは53ポイントを蓄積し、チーム·カナダは42ポイントを獲得し、タイブレーカーにチームフランスを破って。
"それは結果があるだろうか伝えることは非常に困難であったが、それが楽しかったと私はこのように競合する楽しみ"、日本のチームcapitain高橋大輔は言った。 "個々の能力は、チーム全体の力を与える。競争を通して、私は一人ではなかったと感じたチームは私たちのためにありました。それは非常に励みだし、圧力を離陸しました "、と彼は付け加えた。

"チーム·アメリカ、第二位。明らかに、我々は最初に行くと繰り返すようにしようとしていた。しかし、私たちはすべて滑ったかの誇りに思っています。我々は戦いと文字の多くを示した。それが困難な競争であり、我々はグリットを示し、お互いをサポートしていました。前進は、まず来年のために行くことになるだろう "、2009年優勝チームの米国チームcapitainチャーリー·ホワイトはコメントしています。

"チームカナダのためには、上下週の少しでした。我々の種類が入って来て、我々のトップアスリートのいくつからいくつかの[OK]をスケートを持っていて、それは素晴らしいパフォーマンスを持っている以下の経験を持つ人々を見てもよかったです。これは、私たちのチームはブーストを与え、私たちは、この第三の場所 "の後に来るようにショットを与え、スコットモイアは、イベント後の記者会見。 "これはエキサイティングなイベントになりつつある。私は2009年にここにあったと、それがオリンピックになるだろう知っている多くの異なった感じです。うまくいけば、我々は追いつくとオリンピックでアメリカ人と日本人に挑戦してみることができます。しかし、我々がそのリーグになるためにやるべき仕事を持っている "、と彼は続けた。

鈴木明子は、レディースイベントで彼女の勝利で日本チームのために料金を導いた。 "こうもりダイ"にスケート、世界銅メダリストは、ダブルアクセル - トリプルトウと4つのトリプルジャンプを上陸させたが、ルッツを倍増し、最後にループを選抜。彼女は120.28ポイントを獲得し、フリースケートで2位でしたが、187.79点で最初の場所まで移動しました。 "私は、チーム日本のために非常に満足しています。私は最初の場所まで移動し、私のパフォーマンスはあまり良くなかったので、 'MA少し驚いた。観客はとても素晴らしかったが、彼らは本当に "将来私をプッシュし、27歳は述べています。 "日本チームは、この競争に勝つ目指しました。我々はこの目標を達成することができます。私はとても幸せ以外の他の言葉を持っていません "、と彼女は付け加えた。加奈子村上は6位に第三者から落ちた。ペアイベントでは、鳴海高橋/マーヴィン·トランは、いくつかのエラーの後には第1次から第3滑って、彼らはトリプルツイスト、スロートリプルトゥループを上陸させ、五要素でレベル4を拾った。彼らは177.56点を獲得しています。

アシュリー·ワグナーの強力なパフォーマンスと3位フィニッシュは、チームアメリカは日本チームのギャップを埋めることができました。現四大陸チャンピオンはトリプルフリップダブルトウダブルループのコンビネーションとトリプル5と同様に困難なスピンとフットワークを完了し、 "ブラックスワン"に強力なパフォーマンスを出した。唯一のトリプルループはunderrotatedされました。ワグナーは122.29点でフリー·スケーティング部分を獲得し、179.81点で総合3位に浮上。 "あのパフォーマンスは、私が"ブラックスワン "プログラムを終了したいだけの方法でした。それははるかに私のお気に入りのプログラムの一つだ、それがきれいにスケートにはかなり尋常ではない。あげくの果てに、私は大きなダブルアクセル - トリプルトウを持っていた。全体として、それは固体のプログラムでした。シーズンの終わりと最後のプログラムでは、それがすべてを包むための素晴らしい方法だ "と、米国のチャンピオンはコメントしています。グレイシーゴールドは固体スケートで5位だった。ペアスケーターCaydeeデニー/ジョン·コフリンは "Nessum Dorma"トリプルトウ、トリプルスローと印象的なリフトが強調された、クリーン性能を与えた。彼らは117.05点を拾い、全体の175.98点で4位に1点を上げました。

ペアイベントのミーガン·デュアメル/エリック·ラドフォードの2位フィニッシュは銅メダルにチームカナダを推進した。カナダのチャンピオンはトリプルツイスト、トリプルサルコウ、 "ビバ·ラ·ビーダ"に、そのルーチン内でトリプルループとルッツをスローし、コールドプレイの "イエロー"をプロデュースおよびフリー·スケーティングのために118.35ポイントを獲得する6つの要素でレベル4を拾った。デュアメルは、トリプルトウにつまずいた。カナダ人は177.62ポイントの合計と4番目から2番目のプルアップされています。 "それは我々がこの瞬間に行わなかった持って最高でした。もちろん、私は1少しへまを持っていたが、そのようなへまから始めるため、それの残りの我々は本当に良い感じですができる最善を尽くします。我々は昨日した後にがっかりしました。このスケートは私たちのためのものです。それはシーズンを終了するのに最適な方法だった。来年、我々は中断したところ右脱いでも高い構築しようとしている "、デュアメルは言った。アメリラコステとシンシアファヌフは、レディース大会で10日と12日終了しました。

チームフランスはカナダ人より高い個々のプレースメントを持っていたカナダへのタイブレーカーで失う、4位に第三者から転落した。

チームロシアがタイブレーカに追い越しチームイタリア、39ポイントで5位フィニッシュに1つのスポットを移動することができた。ベラBazarova /ユーリ·ラリオーノフは "ドクトル·ジバゴ"の堅調な業績で180.70点でペアイベントを獲得しました。

チームはイタリアが最後に第六配置されます。世界チャンピオンカロリーナコストナーは、レディース大会で秒に最初から転落した。

フィギュアスケートのISUワールドチームトロフィー展示ガラと日曜日終了します。次のISUワールドチームトロフィーは2013年に開催されます。
[PR]
by honnowa | 2012-05-05 13:22 | パフォーマンス