ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2012年 04月 21日 ( 2 )

今回の記事は私のメモです。
国別見直しながら、世戦の続き。
とりあえず成績のみ。
追々直すつもりです。


大会の Starting Orders / Results http://www.isuresults.com/results/wc2012/

FS結果 http://www.isuresults.com/results/wc2012/SEG006.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/wc2012/WC2012_Men_FS_Scores.pdf
総合順位 http://www.isuresults.com/results/wc2012/CAT005RS.HTM

以下、FSの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
SP曲
振付
BIO
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。

1 Patrick CHAN CAN 176.70 88.56 90.14 9.11 8.79 9.00 8.96 9.21 2.00 #24
2 Yuzuru HANYU JPN 173.99 91.99 83.00 8.39 8.00 8.39 8.29 8.43 1.00 #17
3 Daisuke TAKAHASHI JPN 173.94 88.16 85.78 8.71 8.14 8.61 8.61 8.82 0.00 #22
4 Florent AMODIO FRA 163.07 81.41 81.66 8.18 7.75 8.36 8.11 8.43 0.00 #19
5 Brian JOUBERT FRA 161.11 79.17 81.94 8.21 7.79 8.29 8.29 8.39 0.00 #20
6 Denis TEN KAZ 153.70 78.78 74.92 7.57 7.21 7.50 7.50 7.68 0.00 #15
7 Michal BREZINA CZE 151.88 75.86 77.02 7.89 7.43 7.54 7.79 7.86 1.00 #23
8 Jeremy ABBOTT USA 151.34 69.78 81.56 8.21 7.96 8.11 8.07 8.43 0.00 #16
9 Samuel CONTESTI ITA 151.34 75.84 75.50 7.50 7.14 7.57 7.68 7.86 0.00 #18
10 Kevin VAN DER PERREN BEL 147.66 79.86 67.80 7.04 6.36 6.89 6.75 6.86 0.00 #8
11 Takahiko KOZUKA JPN 146.85 73.55 73.30 7.57 7.04 7.25 7.36 7.43 0.00 #7
12 Nan SONG CHN 146.75 80.53 67.22 7.04 6.32 6.82 6.64 6.79 1.00 #10
13 Kevin REYNOLDS CAN 144.25 73.45 70.80 7.18 6.79 7.11 7.11 7.21 0.00 #14
14 Javier FERNANDEZ ESP 144.00 69.34 75.66 7.68 7.36 7.50 7.68 7.61 1.00 #21
15 Sergei VORONOV RUS 143.23 77.09 66.14 6.89 6.29 6.64 6.57 6.68 0.00 #11
16 Adam RIPPON USA 143.08 70.24 73.84 7.46 7.07 7.46 7.43 7.50 1.00 #13
17 Tomas VERNER CZE 140.28 65.94 74.34 7.61 7.14 7.39 7.46 7.57 0.00 #9
18 Artur GACHINSKI RUS 136.56 64.48 74.08 7.61 7.04 7.39 7.39 7.61 2.00 #12
19 Peter LIEBERS GER 125.92 66.14 59.78 6.32 5.86 5.82 5.93 5.96 0.00 #4
20 Christopher CALUZA PHI 122.23 60.73 61.50 6.25 6.00 6.14 6.07 6.29 0.00 #5
21 Viktor PFEIFER AUT 121.93 61.57 60.36 6.29 5.75 6.04 5.96 6.14 0.00 #3
22 Kim LUCINE MON 121.44 62.24 59.20 5.96 5.46 6.07 5.93 6.18 0.00 #2
23 Misha GE UZB 121.12 57.62 64.50 6.54 6.00 6.57 6.43 6.71 1.00 #1
24 Javier RAYA ESP 110.26 53.24 58.02 5.93 5.61 5.79 5.79 5.89 1.00 #6


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
(現在は、見られません)
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。
SPでは、男子のPCSは1倍、女子は0.8倍、ペア0.8倍、アイスダンスはCH0.8倍に対し、INは1倍と設定が異なるのでコヅチェックはしません。
FSでは、男子2倍、女子1.6倍、ペア1.6倍、アイスダンスもCH・INとも1倍です。

LATEST NEWS より
[PR]
by honnowa | 2012-04-21 23:51 | パフォーマンス
今回の記事は私のメモです。
国別見直しながら、世戦の続き。
とりあえず成績のみ。
追々直すつもりです。

大会の Starting Orders / Results http://www.isuresults.com/results/wc2012/

FS結果 http://www.isuresults.com/results/wc2012/SEG010.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/wc2012/WC2012_Pairs_FS_Scores.pdf
総合順位 http://www.isuresults.com/results/wc2012/CAT007RS.HTM

以下、FSの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
SP曲
振付
BIO
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。

1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS 140.90 71.42 69.48 8.79 8.25 8.93 8.82 8.64 0.00 #12
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER 132.86 64.24 68.62 8.54 8.39 8.57 8.71 8.68 0.00 #15
3 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN 124.32 61.34 62.98 7.86 8.00 7.75 8.00 7.75 0.00 #16
4 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS 122.83 58.27 64.56 8.14 7.79 8.07 8.32 8.04 0.00 #7
5 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 121.72 63.73 57.99 7.32 7.14 7.29 7.29 7.21 0.00 #9
6 Qing PANG / Jian TONG CHN 118.95 55.36 64.59 8.36 7.93 7.86 8.21 8.00 1.00 #13
7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 118.66 57.64 63.02 8.00 7.75 7.75 8.14 7.75 2.00 #14
8 Caydee DENNEY / John COUGHLIN USA 117.89 59.04 58.85 7.46 6.93 7.61 7.39 7.39 0.00 #11
9 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 116.17 59.19 56.98 7.14 6.93 7.25 7.18 7.11 0.00 #10
10 Mary Beth MARLEY / Rockne BRUBAKER USA 111.28 57.36 54.92 7.00 6.61 6.96 6.96 6.79 1.00 #6
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 107.77 53.76 54.01 6.86 6.50 6.75 6.96 6.68 0.00 #5
12 Jessica DUBE / Sebastien WOLFE CAN 100.53 51.88 51.65 6.71 6.29 6.32 6.71 6.25 3.00 #8
13 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE GER 97.32 49.57 48.75 6.21 5.71 6.11 6.36 6.07 1.00 #3
14 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE GER 95.38 51.04 44.34 5.71 5.32 5.64 5.61 5.43 0.00 #1
15 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 88.24 43.21 45.03 5.86 5.39 5.68 5.71 5.50 0.00 #4
16 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 80.19 37.96 42.23 5.71 5.11 5.14 5.36 5.07 0.00 #2


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
(現在は、見られません)
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。
SPでは、男子のPCSは1倍、女子は0.8倍、ペア0.8倍、アイスダンスはCH0.8倍に対し、INは1倍と設定が異なるのでコヅチェックはしません。
FSでは、男子2倍、女子1.6倍、ペア1.6倍、アイスダンスもCH・INとも1倍です。

LATEST NEWS より
[PR]
by honnowa | 2012-04-21 23:26 | パフォーマンス