ニュートラルな気づき 


by honnowa

2007年 04月 30日 ( 1 )

07/4/29の記事の続きです。

さて本題、わたしはいつ若冲を知ったのか?
再評価となった1971年の『若冲特別展観』は知りません。
これは年齢的に無理。
(生まれてはいましたけど)
ブームの火付けとなったという2000年の『没後200年 若冲』 (京都国立博物館)も知りません。
もしかしたらその時期にNHKの『日曜美術館』で放送があり、そちらを観ていた可能性はあるのですが、でもそれで若冲を初めて知ったということはないと思うのです。
作品自体を観たかは別にして、名前自体はもっと前から知っていたと思うのだけど。
図録には「夏目漱石が『草枕』で墨画の鶴を語り」と紹介しています。
へえ~、そうなんだ。
『草枕』は読んだことはありますが、若冲のくだりはまったく記憶にありません。
『青空文庫』を利用してささっと検索してみると、おお、若冲、芦雪、雪舟らの名前が登場するではありませんか。
これはぜひとも再読したいですね。

さて自前のスクラップブックを本棚から引っ張り出してみました。
わたしは1987年(昭和62年)から、実際に観にいった美術展のチラシを保存してあるのです。
ずばり若冲展でなくとも、どこかで実物を観ていて、チラシに紹介されているのではないかと期待していたのですが、一つも若冲見当たりません。
これも意外。
あれれ、わたし実物の若冲観ること自体、今回が始めてなのかも。
これはいけませんね、いっぱい観たことがあるような気になってましたよ。

実物を観ていないとなると、わたしはどこから若冲の名前を仕入れてきたのでしょう。
美術雑誌の類は立ち読み程度にしか観ないし、江戸美術についての関心はまだ最近のことなので、本を読んだ記憶もありません。
そうなると誰か他の画家の画集の解説に比較引用されているのを読んで興味を覚えたという線が濃厚です。
そこで思いつくのが田中一村です。
細密への執着と美しさという点で、若冲と画風が似ています。
久々に画集を広げると、うわあ、鳥肌というか背筋が寒くなるというか・・・
一瞬こわいのですよ、一村の絵は。
ただしばらく観ると、穏やかな静寂感に変わってくるのですが。
この辺は若冲とは違うのですね。
若冲の絵は遊びがあるというか、嬉々としています。
一村についてはまたいつか綴るとして、画集『NHK日曜美術館「黒潮の画譜」田中一村作品集』の冒頭は小林忠氏の解説でした。
やはりこの中で若冲との比較が紹介されていました。
きっとここで若冲の名前がわたしの頭にインプットされたのでしょう。
一村の展覧会を観て強烈な印象を受け、画集を買ったのは、1991年(平成3年)のことです。


伊藤若冲プロフィール  http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/20060524/p2

プライス氏よりメッセージ  http://d.hatena.ne.jp/jakuchu/20060419/p2
[PR]
by honnowa | 2007-04-30 05:38 | 美術