ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー

世界遺産 サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂 後編

07/5/12の記事の続きです。
やっと本題の大聖堂の話になります。
参照先ブログ  『HEROのアナログな生活』より 『サン・パオロ教会』
 
 サン・パオロ・フオリ・レ・ムーラ聖堂
    彰国社 『建築大辞典 第2版 <普及版>』より 
[伊]San Paolo fuori le Mura
ローマの南の城壁外にある初期キリスト教時代のバシリカ式聖堂。
324年ごろ使徒パウロの墓上に最初の聖堂が創建された。
386年、皇帝ウァレンティニアヌス2世の命により大規模な建物に改造。
1823年の火災後に再建された。
堂の内部(奥行120m、幅60m、高さ23m)は、80本の花崗岩円柱で五廊に区画され、鍍金スタッコ装飾の付いた格天井で覆われる。
横断アーチには5世紀のモザイクが残り、中央正面にアルノルフォ ディ カンビオ作の大天蓋(1285)が置かれる。
旧ベネディクト会修道院の美しい回廊(12~13世紀)が付属する。

・ バシリカ式聖堂・・・上記参照先の4枚目の写真。
・ 使徒パウロ・・・同上 2枚目の写真の白い像。
・ 堂の内部・・・同上 4枚目の写真
・ 鍍金スタッコ装飾の付いた格天井・・・同上 5枚目の写真。スタッコとは漆喰のこと。
・ 格天井・・・「ごうてんじょう」と読みます。
・ 横断アーチの5世紀のモザイク、中央正面のアルノルフォ ディ カンビオ作の大天蓋につ
  いては調べてはっきりわかったら記事に追記します。 

『Googleマップ』でこの大聖堂の航空写真や地図がわかります。
「N41 51 31.6 E12 28 34.6」と入れて、「地図検索」してください。

この大聖堂についてはこちらのサイトをご覧ください。
詳しくて、写真が豊富です。
昨日もお伝えしたとおり、公の方ではなかなか詳細なサイトがないのでありがたいです。
わたしが見たかったモザイクがたくさん載ってました。
  『とんでもとらべる』様の『ローマ旅行記』より 『旧アッピア街道 その6』

  同上 『写真集リンク』より
 『ローマ写真集120 サン・パウロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂1 白い列柱廊』

 『ローマ写真集121 サン・パウロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂2 ファサードのモザイク』

 『ローマ写真集122 サン・パウロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂3 神の羊と使徒』

 『ローマ写真集123 サン・パウロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂4 聖人たち』
             
上記辞典からの引用に、「旧ベネディクト会修道院の美しい回廊」とありますが、その写真が載っているサイトです。
  『BUON VIAGGIO』様の『CIAO ROMA』より 
      『Basilica di San Paolo di Fuori Le Mura』
[PR]
by honnowa | 2007-05-13 06:54 | 文化と歴史