ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「THE ICE 2012」 2 Unforgettable 1

22日、昼の部と夕方の部に行って来ました。
思い切って2回行ってよかった~
プログラムを変えるスケーターもいるし、トークショーも、ダンス選手権も出演者が変わるし、席によって見え方変わるし、何といってもとても楽しい!
来年も絶対に行きます。
土曜日も何としても♪ がんばるぅ!

さて帰宅後真っ先にチェックしたのが、「Unforgettable」という曲です。
真央ちゃんとバトルがダンスペアを披露した曲です。
他の演技もどのコーナーも全てが良かったのですが、最後にこの2人の演技に感動を持って行かれてしまい、「Unforgettable」を聴きながら、繰り返し2人の演技を思い出しています。
はぁ~夢気分、いやあれこそが私の現実、日々繰り返されるゴタゴタこそ夢なんだ、そういうことにしよう。
今回のプログラムはタイトルどおり、まさに「Unforgettable(忘れられない)」

先に2人の演技の感想ですが、まず驚いたのが演技のほとんどを2人が向き合って腕を組んで滑っていたことです。
完全なアイスダンス!
シングルスケーターの余興のペアの範疇を超えていました。
もしかしたら事前に振付を決めてもらい、それぞれ自主練をして備えてきたのではないかと想像するのですが、それにしても俄仕込みでよくもまあここまで合わせられるものです。

2人が唯一離れて滑る箇所があるのですが、離れるといってもほんの数メートル程度です。
そこでジェフが軽くホップします。
曲の間合いや2人の距離からしても、これまでの振付ならば、続けて真央ちゃんもホップしそうなものですが、(私が観た)今回の振付では、真央ちゃんは飛びませんでした。
最初東北2階席で観た時、ちょうど俯瞰で2人の背中を観ていたのですが、ジェフの後に続いてタイミング的に真央ちゃんもジャンプと思いきや飛ばなかったので、どうしたんだろうか、フェンスに近かったのかなと違和感を覚えました。
初見の演技に素人が勝手にジャンプを予想するのもおかしいのですけどね。
さて次の部の西北4列目の席では、この箇所をちょうど正面から2人の表情を見られたのですが、真央ちゃんが飛ばなかった理由がわかりました。
彼女は素敵な彼が宙に舞う姿をうっとりとした表情で見つめていた(振付だった)からです。

ジャンプが得意のシングルスケーターにジャンプをさせないのは、彼女の特技のお披露目でなく曲の世界を作り上げることを優先させたということでしょう。
私の中ではあの「アラジン」が既に過去の若い時の作品になってしまいました。

ああテレビ放送が楽しみ♪
観られない地域の方も、公式サイトにUPされるのをどうぞ期待して待ってくださいね。
[PR]
by honnowa | 2012-07-25 19:48 | パフォーマンス