ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フィギュアスケートの採点を占う 4 WC2010ペアFSより

※占いの記事ではありませんので悪しからず。
タイトルの由来は「フィギュアスケートの採点を占う 1」をご覧下さい。


男子の次は女子といきたいところですが、女子の採点の分析は正直見るのが恐いので後回しにして(汗)、ペアのPCSを見てみます。
男子と同じ傾向であれば、ISUのそのシーズンの方針と受け止めることもできるわけですが果たして?


【1】WC2010ペアFSのPCS(FS滑走順 SPのPCS比較付き)

<(_ _)> 先の記事の表もそうですが、小数点以下の表示が揃っておりません。お遊びなのでお許しを~ 
今回も集計枡を増やしましたが、以前の表は直していません。
気が向いたら直すかも。
 

【2】FS滑走グループごとのPCS最小値と最大値と平均
①第1G(SP順位:13~16位→FS順位:12~16位)
・PCS最小値~最大値:40.64(FS16位)~42.96(12位)
 平均:41.420
②第2G(SP順位:9~12位→FS順位:9~13位)
・PCS最小値~最大値:44.40(FS13位)~50.88(10位)
 平均:47.960
③第3G(SP順位:5~8位→FS順位:5~8位)
・PCS最小値~最大値:53.76(FS5位)~60.08(6位)
 平均:56.920
④第4G(SP順位:1~4位→FS順位:1~4位)
・PCS最小値~最大値:66.16(FS4位)~70.56(1位)
 平均:68.340

どのくらいPCSが変わると「上げられた」「下げられた」という印象になるのかわかりませんが、ジャッジはPCSの各項目を0.25単位でつけているので0.25×5=1.25 
ここでは仮に1.25未満の増減ならば、FSのPCSはほぼSPのとおり・・・(A)
1.25以上の増減は、ジャッジの評価が変動したとします・・・(B)

16人の選手中、(B)に該当する選手は12人。
12人の内下がったのは3人。
全選手ではPCS評価が下がったのは4人。
2010年のPCS増減幅は、-1.40~+3.20


【3】2010年のSSのSP→FS評価変動(+はFSで評価UP)
16人の最小値-0.85
16人の最大値0.25
16人の平均 -0.206

項目計差が0.25内の増減の選手数8
項目計差が0.25を超える増減の選手数8
FSでSSの評価が同等以上の選手4
FSでSSの評価が下った選手12


【4】2010年FSのPCSと各項目の最小値と最大値と平均
            PCSSSTRPECHIN
16人の最小値40.64 5.20 4.85 5.15 5.10 5.00
16人の最大値70.56 8.85 8.65 9.00 8.75 8.85
16人の平均51.903 6.651 6.271 6.541 6.503 6.480
最大値-最小値29.92 3.65 3.80 3.85 3.65 3.85

〇参考に2010年男子の場合
24人の最小値49.505.30 4.70 4.90 4.90 4.90
24人の最大値86.508.70 8.45 8.60 8.70 8.80
24人の平均65.080 6.665 6.272 6.499 6.533 6.575
最大値-最小値37.00 3.40 3.75 3.70 3.80 3.90

◇PCSの係数を除くと、
ペア男子
最小値25.424.75
最大値44.143.25
平均32.44032.540
最大値-最小値18.718.5


男子の採点を調べた際に【1】表を滑走グループに分けたのは、滑走GでPCSの出方が左右されるか調べるためでした。
それで男子の採点を見る限りでは、滑走Gとの関連は特に見つけられず、PCSはあくまで個々の選手に依るものと判断しました。
今回ペアの採点を調べるにあたり、滑走G分けは要らないと思いながらも、表を直すのが面倒だったので、男子の表の上書きで済ませました。
まさかこういう数値が出るとは。

【2】のとおり、滑走Gの間にPCSの越えられない壁があるかのようです。
この壁がジャッジによって仕分けされた壁なのか、単に出場選手が男子よりも少なく、また選手ごとの出来上がりの差が著しいゆえに自動的に出来てしまったのかは他の年も見る必要があります。

【4】から、ペアのPCSは男子よりも先に天井に近づいていたのがわかりました。
かつての体操競技のように複数の選手が10点満点を連発する状態になれば、採点方法を改訂するしかありません。
私はまさかの「PCS20点満点」とか「PCS6項目(芸術点とかね)」など、ISU内部でこっそり検討しているのかしらと想像していたのですが、最近示されたルール改訂によると、今よりも下のランクに1つ新しいレベル判定を設けることになりました。

う~ん・・・
そのクラスには現在のままでも十分機能しているように思うのですけど。
それよりもあるレベル以上に達した選手たちをどう不公平感を最小にして優劣判定をするのか?を考えてほしいなぁ。
[PR]
by honnowa | 2012-06-23 23:29 | パフォーマンス