ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジャンプの腕の使い方 2 浅田真央

さて前の記事の考察を経て、次ぎは浅田真央選手の腕の使い方です。

今シーズンも最後までジャンプが安定しませんでした。
佐藤式スケーティングが身についてきたのは、演技を見れば一目瞭然です。
ただどうしてもジャンプとの整合性がつかない。
それは腕の使い方がまだわかっていないからではないでしょうか。

浅田選手はジャンプの際に腕を使いません。
昔の高橋選手や、先の動画のアモディオ選手、羽生選手のように、直前まで腕をぶらんと下げています。
(真央ちゃん、それ男子の飛び方だよ)
注意して他の女子選手を見ると、3回転ジャンプを飛ぶのにクワドを飛ぶPちゃんのように腕を上げて構えます。
助走の間から体を持ち上げようと意識し、腕の振りを体を浮かせるのと回転速度を得るのに使っています。

ではどうして彼女は他の女子のように腕を使わないのでしょう?

・子供のころに理屈抜きにあっというまに3Aまで習得してしまい、腕の使い方などを意識して考えてこなかった(よいしょ、って飛んでたんだよね♪)
・身長は伸びつつもあまり体型は変わらなかったので、飛び方を変える必要になかなか迫られなかった。
・更に身長が伸びた時に、彼女のポジションがじっくりとジャンプの見直しを許す状況になかった。
・そこで自己流で修正する時には、スピードコントロールとタイミングと脚力で補った(結局それでオリンピックさえ乗り切ってしまった)

しかし佐藤コーチについて独自のスピードコントロールとタイミング取りを見直すことになったので、これまで全くやってこなかった腕を使ってのバランスとタイミングと回転速度を得ることを身につけなければならず、想像以上に難しくなってしまっているのではないでしょうか。

「想像以上に難しい」と大げさに書いたのは、彼女の手足の長さや素晴らしい柔軟性、スタイルの良さ、上半身の薄さを考えると、ジャンプ以外、日常にまで及んで、あまり肩甲骨や背筋、上腕の神経を駆使する必要が無かったのではないかと思うからです。
ビールマンは遠心力に逆らうため腕の力を物凄く使うと聞きますが、彼女の手足の長さと柔軟性なら、他の選手ほど筋力は使わずに済んだでしょう。

そのせいか振付をされた箇所では彼女の腕の使い方の優美さは群を抜いていますが、振付されていない部分、それこそジャンプの助走中など、彼女の腕は休んでいるように見えます。
多くの女子選手が少しでも自分を美しく見せようと、演技中ずっと腕にまで気を張っているのと対照的です。
(女性だし人に見られる競技だから、当然の如く意識することを無意識にできてしまうのかもですが)
この辺りは一長一短で、浅田選手は無駄に力を使わずにスタミナを持たせていると言えるかもしれませんし、だから3Aと鬼ステップがこなせるわけです(が、とちらかというと男性的な発想)
また無理な使い方をしないから、長い選手生活をまして3Aを飛びながら大きな怪我なくやってこれたのだと思います。
短所としては、だらんとして見えてしまう。
また男子選手よりも助走が長いので、間延びして見えてしまう。
意識して腕を上げている選手は、演技が途切れずに振りが継続しているように見えます。

また彼女が腕の神経を使いこなせていないと思わせるものに、ドーナツスピンでのポジション取りのもたつきがあります。
ビールマンが楽々できるのですから、もっとさっとエッジを掴めそうなものなのですが。
プルシェンコ選手は磁石のようにぴたっと手足がくっつきますよね。
もたつくのは手足を一度にベストポジションに同時にもっていけず、手がエッジの位置を探しているのでしょう。
意識が軸足や反対側の腕の所作に先に大きく気をを取られているのかもしれません。
(その辺りは単にエッジが恐くて慎重にやっているだけなのかもしれないし、スピンの得意な選手が同じ回転系のジャンプを必ずしも得意とも限らず、人の体の面白さでもありますが)

「腕の使い方がまだわかっていない」などと書いてしまいましたが、もしかしたら「わかってきたけどまだ器用に使いこなせない」状態にまでなっているのかもしれません。

目を瞠ったEXリベラの力強い所作は、腕を力強く使う意識の成果の表れのように見えます。


≪参考動画≫


「浅田真央(mao asada) 何をしていたのかなあ-凄く大切な事をしていたよ!」
http://youtu.be/c7tWCkYPQMs

この動画は先の世選のSP公式練習、6分間ウォームアップ、本番、FS公式練習、6分間ウォームアップ、本番が収められています。
練習映像は大部分がジャンプで、信夫コーチが見守る中、久美子コーチが浅田選手に何度も上半身や腕の動きを伝えていました。
真央ちゃん、女性コーチの方がいいのかな。
この動画を見ても、やはりジャンプのポイントは腕とよくわかりました。 
[PR]
by honnowa | 2012-05-05 21:34 | パフォーマンス