ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

WTT World Team Trophy 2012 1日目 メモ

各チームの主将は全体のコメントを求められたり、いつもの個人競技とは違う面白さがありますね。
ちなみに各国の主将は、
日本:大ちゃん
アメリカ:チャーリー
カナダ:モエ君(Pちゃんじゃないのね)
フランス:ペシャラ(ブルザさんでもジュベールではないのね)
イタリア:たぶんコストナーさん
ロシア:誰だ?レオノワちゃんでした


http://www2.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=1056
「ISU World Team Trophy in Figure Skating 2012, Day One
19 April 2012」より、機械翻訳。

フィギュアスケートのISUワールドチームトロフィーの第2版にはショートダンス、メンズ、レディースショートプログラムで日本、東京で木曜日オープンしました。 6上部には、12分の2011シーズンのナショナルチームは、イベントのために資格がある選ばれました。各チームは、2つの男性、2人の女性、1ペアとアイスダンスのカップルで構成されています。

日本チームは、東京中の鉛を取る
チームは日本が先にアメリカ代表チームの東京でリードを奪った。両チームは45ポイントを獲得したが、2つの最高の結果は、タイを破った。アメリカは彼らの最高の結果として1最初の場所3分の1の場所を持っていながら、日本は男子で最初に完成し、女性の第二。チームフランスは現在35ポイントで3番目に座っている。

高橋大輔が男子ショートプログラムでの彼の勝利でトップスコア日本人スケーターでした。 2012世界選手権銀メダリストは、クワッドつま先、 "魂の庭"への彼のオリエンタルをテーマにしたプログラムでトリプルアクセル、トリプルルッツ - トリプルトウを押してください。高橋はまたISUの大会でこれまで達成された最高のショートプログラムのスコアである94.00点の新しいパーソナルベストスコアを拾いました。 "私は、チャリティイベントやテレビ出演していたので、準備に精神的にタフだった。それが仕事だったと私は世界からの疲労を克服しなければならなかった "、26歳は言った。全体的に彼は彼のチームの上映に満足していた。 "メンズの後、チームは日本は4位であったし、私たちは女性の後の最初の場所にあった、それは最後には驚きだった。チームの競争のために、それは結果を伝えることは難しい。私は、ペアやダンスについてとても知識が豊富自分ではない。しかし、私はこれが面白いのは、このイベントを作るものだと思います。すべてのスケーターは今日彼らのベストを尽くし、それは明日に接続されます。私たちは高い期待を持っている "、高橋は記者に語った。小塚崇彦は8配置されます。鈴木明子は、 "ハンガリー狂詩曲"への強力なパフォーマンスと67.51ポイントの最高の季節とレディースイベントで二番目に終わった。彼女は、トリプルトウ - トリプルトウ、トリプルルッツを上陸させた。私は、トリプルトウ - トリプルトウを上陸させた後、 "私は世界でやった同じ過ちを繰り返したくなかったので、私はとても慎重でした。とにかく、私は季節の終わりに大きなミスなく、私の最高のショートプログラムを実行することができました "現世界銅メダリストはコメントしています。アイスダンサーキャシー·リード/クリス·リードは、49.47ポイントでショートダンスで6位だった。

チームアメリカはメリル·デイビス/チャーリー·ホワイトはショートダンスを受賞し、現在の世界選手権銀メダリストとの良好なスタートを切った。彼らは2011年の世界チャンピオンは、ツイズル、リフト1ルンバのパターンでレベル4を拾って、SambaとRhumaリズムに技術的に強力なパフォーマンスを出した。オリンピック銀メダリストは72.18点を獲得しています。 "私は技術的な側面が行くように私たちは限り本当に固体スケートを持っていたと思います。我々は、我々は間違いなくしたプログラムで多くの楽しみを持っていたいと考えていました。それは必ずしも私たちが持っていた最もきれいなスケーターではなかったが、私は大丈夫だと思います。我々は多くの楽しみを持って、それがこの競争はすべてに約あるものです。このコンテストについて特別な何かがチームの精神である "とDavis氏は述べた。白は、合意とチームcapitainとして、チーム全体のパフォーマンスを評価した: "我々は基本的に日本との上部に接続することを嬉しく思います。私たちは全体として滑ったかの本当に誇りに思っていました。誰もがすべてを与え、彼らの心を滑った。これは世界の後に来ることが困難競争である。私は誇りに思っていた。明らかに、ほこりが安定するとスコアが最終になる前には長い道のりがあります。しかし、今の時点で、我々はチームとしてより多くを求めることができない "、と彼は説明した。
ジェレミー·アボットは、86.98点で男性のイベントでサードました。 "備ミールBISTデュシェーン"と "スイングキッズ"への彼のルーチンは、トリプルフリップ - トリプルトウのコンビネーション、トリプルアクセルが含まれています。 "これは私が世界選手権で持っている愛していたようなパフォーマンスでしたが、決してよりよい遅い。私は私のために、私のチームのためにスケートをしたかったのです。そこに競争の圧力は常にですが、側に置き、自分自身と何をしなければならないに焦点を当ててみてください。私は私のために応援し、私のチームは本当に大声で聞くことができました。それは私がずっと私のために良いと彼らのために、自宅で私の家族のためにそれを行うた "、と彼はコメントしています。アダムリッポンは74.93点で7日に終了しました。レディースカテゴリーでは、グレイシー金は4位でフィニッシュ。彼女はトリプルフリップ - トリプルトウのコンビネーション(59.07点)をオフに引っ張られ、アシュリー·ワグナーは、第五(57.52点)を配置するためにダブルアクセルを逃した。

アイスダンサーナタリーシャラ/ファビアンBourzatは、一日目に彼らの3位フィニッシュにフランスのチームをリードしています。世界のブロンズメダリストは明るいSambaを出してカーブリフトと1ルンバのセクションでレベル4を集めたが、彼はツイズルでウォブリング。 "右私たちの最後の部分の前に、私はフランスのチームが私たちのために応援方法を説明しました、そして、それは本当に私を押した。このイベントは、楽しみを持っていることについてであり、それは私たちはこの短いダンスを実行するための非常に最後の時間だったので、我々はそれにすべてを与えた "、シャラはコメントしています。 "はい、それは危機一髪でした。私は少し疲れていたが、私は私の足を置いていませんでした。我々はそれを保存しました。それはちょうど少しエラーが発生しました、それはプログラムに影響を与えなかった "、Bourzatが追加されました。 "終わりには3番目になるためにこのような良い驚きだった。それは予想外だった "、また、チームcapitainとしてシャラは、続けた。 "我々は楽しみを持っているだけ楽しむためにここにいた。事はすべてのチームがこのような良い選手を持っているということですので、誰も競争の中で何が起こるかと言うことはできません。だから、非常にエキサイティングです。我々は、特に(チーム)ボックスには、そのようにそれを維持しようと最善を尽くす。 "
ブライアン·ジュベールとフローラン·アモディオは、4番目と5番目の仕上げでフランスのために獲得しています。アモディオは、クワッドサルコウ、トリプルルッツ - トリプルトウのコンビネーションとやや不安定なトリプルアクセル(81.84点)に上陸しながらジュベールは84.69ポイントを獲得し、クワッドトリプルトウのコンビネーション、トリプルアクセル、トリプルルッツをオフに引っ張った。私は再び私の自信を見つけました。ニースでは素晴らしかったが、今日それはさらに良くなりました。私のジャンプは非常にきれいでした。クワッドつま先は実際には非常に良好であった。私はミスを犯していないと私はプログラムの中で良いと感じた。私はフリースケートで2クワッドするつもりだ。それは次のシーズンに向けての練習のようなものです "、ジュベールは言った。 Yretha Sileteは、クリーンなプログラムと54.83ポイントで女性のイベントで第七に座っている。メイ·ベレニスMeiteはショートプログラムで11日終了しました。

チーム·カナダは、現在33ポイントで4位にランクされています。世界アイスダンスチャンピオンテッサ/スコット·モイアと世界チャンピオンのパトリック·チャンは、そのイベントで二番目に来た。ちゃんがトリプルアクセルを逃したが、それでも最高の89.81点の四季を得た。

世界チャンピオンカロリーナコストナーは、初日に5位にチームのイタリアを導いた。コストナーは最高の69.48点のクリーン性能と季節で女子ショートプログラムを獲得しました。

チームは、ロシアは第六た。女子ショートプログラム2011年世界ジュニアチャンピオンアデリーナSotnikovaの第六の場所は彼らの最高の結果であった。 2012年世界銀メダリストのアレナLeonovaは失望させた。彼女はフリップをポップ、彼女のトリプルトウ - トリプルトウのコンビネーションをunderrotated。

フィギュアスケートのISUワールドチームトロフィーペアショートプログラム、フリーダンスと男子フリースケートで金曜日続けています。
[PR]
by honnowa | 2012-04-22 18:56 | パフォーマンス