ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

WC World Figure Skating Championships 2012 女子 FS メモ

今回の記事は私のメモです。
国別見直しながら、世戦の続き。
とりあえず成績のみ。
追々直すつもりです。


大会の Starting Orders / Results http://www.isuresults.com/results/wc2012/

FS結果 http://www.isuresults.com/results/wc2012/SEG008.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/wc2012/WC2012_Ladies_FS_Scores.pdf
総合順位 http://www.isuresults.com/results/wc2012/CAT006RS.HTM

以下、FSの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
SP曲
振付
BIO
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。

1 Carolina KOSTNER ITA 128.94 63.22 65.72 8.39 7.96 8.25 8.11 8.36 0.00 #22
2 Akiko SUZUKI JPN 121.30 62.06 59.24 7.64 7.07 7.46 7.32 7.54 0.00 #23
3 Ashley WAGNER USA 120.35 62.91 57.44 7.25 6.75 7.36 7.25 7.29 0.00 #18
4 Alena LEONOVA RUS 119.67 60.57 59.10 7.43 6.96 7.43 7.43 7.68 0.00 #19
5 Kanako MURAKAMI JPN 112.74 55.53 57.21 7.39 6.96 7.18 7.11 7.11 0.00 #21
6 Mao ASADA JPN 105.03 45.01 60.02 7.64 7.29 7.61 7.36 7.61 0.00 #20
7 Kexin ZHANG CHN 102.57 58.07 45.50 6.00 5.43 5.71 5.68 5.61 1.00 #14
8 Yretha SILETE FRA 99.76 55.85 44.91 5.68 5.25 5.68 5.64 5.82 1.00 #12
9 Valentina MARCHEI ITA 97.96 48.87 49.09 6.21 5.75 6.32 6.04 6.36 0.00 #13
10 Elena GLEBOVA EST 95.24 50.94 44.30 5.68 5.36 5.61 5.46 5.57 0.00 #9
11 Viktoria HELGESSON SWE 94.35 46.19 50.16 6.39 5.96 6.29 6.25 6.46 2.00 #17
12 Jenna MCCORKELL GBR 93.42 46.91 46.51 5.96 5.46 6.04 5.57 6.04 0.00 #15
13 Sonia LAFUENTE ESP 92.88 50.04 42.84 5.54 5.07 5.46 5.32 5.39 0.00 #7
14 Ksenia MAKAROVA RUS 90.97 39.78 53.19 6.79 6.39 6.57 6.75 6.75 2.00 #24
15 Elene GEDEVANISHVILI GEO 90.71 41.51 51.20 6.61 6.14 6.39 6.43 6.43 2.00 #16
16 Natalia POPOVA UKR 89.76 48.54 41.22 5.29 4.86 5.36 5.07 5.18 0.00 #4
17 Amelie LACOSTE CAN 89.23 44.89 46.34 5.96 5.46 5.75 5.79 6.00 2.00 #10
18 Juulia TURKKILA FIN 87.81 46.59 41.22 5.36 4.96 5.29 5.04 5.11 0.00 #8
19 Polina KOROBEYNIKOVA RUS 83.27 42.53 40.74 5.29 4.75 5.07 5.07 5.29 0.00 #2
20 Sarah HECKEN GER 82.81 44.57 39.24 5.18 4.57 4.89 4.89 5.00 1.00 #5
21 Kerstin FRANK AUT 80.37 42.19 38.18 5.07 4.50 4.86 4.61 4.82 0.00 #6
22 Alissa CZISNY USA 75.80 33.13 47.67 6.14 5.93 5.50 6.11 6.11 5.00 #11
23 Romy BワHLER SUI 72.19 35.12 38.07 4.93 4.54 4.71 4.75 4.86 1.00 #3
24 Alisa MIKONSAARI FIN 66.24 33.59 33.65 4.50 3.86 4.32 4.21 4.14 1.00 #1


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
(現在は、見られません)
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。
SPでは、男子のPCSは1倍、女子は0.8倍、ペア0.8倍、アイスダンスはCH0.8倍に対し、INは1倍と設定が異なるのでコヅチェックはしません。
FSでは、男子2倍、女子1.6倍、ペア1.6倍、アイスダンスもCH・INとも1倍です。





http://www2.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=1050
「Patrick Chan (CAN) and Carolina Kostner (ITA) claim gold
31 March 2012」より、ペアの部分の機械翻訳。

カロリーナコストナー(ITA)は、歴史的な世界タイトルを主張

カロリーナコストナーは、イタリア初の女性の世界タイトルを獲得し、フィギュアスケートの歴史を作った。ロシアのアリョーナLeonovaは銀メダルを獲得し、日本の鈴木明子は銅メダルを取った。それはLeonovaとスズキの最初の世界の金メダルだった。

コストナーはトリプルループ、フリップ、ダブルアクセル - トリプルトウだけでなく、2つのトリプルSalchowsと3つのレベル4のスピンを特色にピアノとオーケストラのためのモーツァルトの協奏曲第23に異常な性能になった。 4度の欧州チャンピオンは全体の189.94ポイントで、最初に第三者から上に移動するための新しいシーズンベストの128.94点を獲得しています。 "私は非常に、非常に満足しています。私は氷の上で外出はかなり緊張していました。私は集中し続けるため、私は実際にいくつかの本当に良いプログラムを滑っていた知っていたが、それはそこに行くと多くの人々があなたのために応援有するように圧倒的でした、それは大変でした。これは、トリノ(2006年)のあまりを思い出しましたが、私はそれを変更して、別の経験を持つことができ、この時間を考えました。私はちょうど今、私は後ろに座ると楽しむことができ、私の心からまっすぐに、自分のベストをスケートしたかった "、コストナーは言った。

ショートプログラムリーダーLeonovaは最後の飛行で初めてスケート、トリプルトウ - トリプルトウと4つのトリプルを完了し、 "弦楽のためのアダージョ"と "レクイエム·フォー·ドリーム"に固体プログラムを入れていたが、トリプルルッツでステップアウト。ロシアでは、119.67ポイントをピックアップして、フリースケートで4位にランクされました。全体的に彼女は184.28点を蓄積した。 "私はとても幸せです。私は昨日と今日の前日に私の最善を尽くした。そこに私のルッツの1つの小さなミスであったが、私は嬉しいです、私は自分自身をまとめることができます。私はそれに専念できるように、私はパフォーマンスを考えるようになった私のスケートの前に約3分なので、、本当に悪いのウォームアップを持っていた単一のジャンプをしました。音楽は私は絶対に落ち着いていた演奏の前にウォームアップの間、私は、その緊張したが、。今私は21歳のコメント、 "ほっとしています。

"こうもり"(BAT)に鈴木のルーチンは、トリプルルッツ、ダブルアクセル - トリプルトウ、さらに4つのトリプル、レベル4のステップのシーケンスで強調された。しかし、彼女は第二ルッツを選抜。日本人は121.30点を獲得し、三日間彼女の27歳の誕生日後、世界選手権で初の金メダルを獲得して180.68円となりました。 "私は金メダルを獲得しているために、非常に満足しています。しかし、私は、クリーン性能を与えると、それに金メダルを取得したい。だから私はそれについていくつかの後悔を持っている "、スズキは説明した。 "私は昨年のワールド·チームが見つからない私はもっと訓練する動機の多くを与えたと思います。これは私の最初の世界の金メダルだと私は27歳です。他の人が17歳で初の金メダルを獲得し、譲(羽生) "のように、彼女は続けた。

アシュリー·ワグナー(米国)が6トリプル(176.77点)を特色に強力なパフォーマンスで4位だった。彼女はフリースケートで3位にランクされました。加奈子村上(JPN)が175.41点で5位から2番目から滑り、浅田真央(JPN)が164.52点で6位だった。

ISU世界フィギュアスケート選手権2012の結果は、東京のISUワールドチームトロフィー、日本(4月18から22)の6つの修飾子を決定した。 6チームは日本(7891点)、カナダ(6943点)、ロシア(6807点)、米国(6399点)、イタリア(5412点)、フランス(5214点)があります。
[PR]
by honnowa | 2012-04-22 00:13 | パフォーマンス