ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

4CC 2012 アイスダンス FD メモ

今回の記事は私のメモです。

1位と2位が逆転しました。
早く確かめたいのですが、情報が流れてしまうのでとりあえず順位のみUP。
続きはおいおいと。

☆動画↓ ごめんなさい、まだ視ていません。
[完整赛事]2012花样滑冰四大洲冰舞自由舞第一组 約22分
http://sports.cntv.cn/20120213/118315.shtml

[完整赛事]2012花样滑冰四大洲冰舞自由舞第二组 約30分
http://sports.cntv.cn/20120213/118393.shtml

[完整赛事]2012花样滑冰四大洲冰舞自由舞第三组 約38分 http://sports.cntv.cn/20120213/118464.shtml

大会の Starting Orders / Results http://www.isuresults.com/results/fc2012/

FD結果 http://www.isuresults.com/results/fc2012/SEG008.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/fc2012/fc2012_IceDance_FD_Scores.pdf
総合順位 http://www.isuresults.com/results/fc2012/CAT004RS.HTM

以下、FDの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
FD曲
振付
BIO
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。

1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 111.24 54.07 57.17 9.46 9.32 9.71 9.61 9.71 0.00 #10
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA 107.25 50.01 57.24 9.54 9.36 9.68 9.61 9.64 0.00 #11
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 99.03 47.42 51.61 8.50 8.36 8.75 8.71 8.89 0.00 #8
4 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 94.91 47.06 48.85 8.14 8.00 8.21 8.25 8.21 1.00 #9

アレックスにアクシデントのもよう。
よく頑張った。

5 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 79.27 40.72 39.55 6.61 6.43 6.54 6.75 6.75 1.00 #5
6 Xiaoyang YU / Chen WANG CHN 69.63 36.50 33.13 5.68 5.36 5.54 5.54 5.57 0.00 #7
7 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM CAN 69.45 33.07 37.38 6.29 6.11 6.11 6.36 6.36 1.00 #4
8 Anna NAGORNYUK / Viktor KOVALENKO UZB 67.68 38.07 30.61 5.18 4.93 5.21 5.18 5.11 1.00 #3
9 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN AUS 65.81 34.93 30.88 5.21 4.93 5.21 5.32 5.21 0.00 #6
10 Corenne BRUHNS / Ryan VAN NATTEN MEX 55.64 32.66 22.98 4.00 3.64 3.82 4.00 3.79 0.00 #1
11 Cortney MANSOUR / Daryn ZHUNUSSOV KAZ 53.13 30.43 22.70 3.96 3.46 3.86 4.04 3.79 0.00 #2


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
(現在は、見られません)
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。
SPでは、男子のPCSは1倍、女子は0.8倍、ペア0.8倍、アイスダンスはCH0.8倍に対し、INは1倍と設定が異なるのでコヅチェックはしません。
FSでは、男子2倍、女子1.6倍、ペア1.6倍、アイスダンスもCH・INとも1倍です。





http://www.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=1018
「ISU Four Continents Figure Skating Championships 2012, Day 4
12 February 2012」より、アイスダンスの部分の機械翻訳。

テッサ/スコット·モイア(CAN)の勝利に合わせて踊る
カナダのテッサ/スコット·モイアが金メダルをキャプチャするためにメリル·デイビス/チャーリー·ホワイト(米国)を追い抜いた。カナダのケイトリン·ウィーバー/アンドリューPojeは銅メダルを主張した。

美徳/モイアは、高速で難しい要素を実行すると、彼らの "ファニー·フェイス"フリーダンスの強力なパフォーマンスを達成しました。斜めのフットワークは、リフトやtwizzelsは、レベル4に値しと現オリンピックチャンピオンは111.24点を獲得しています。彼らは182.84ポイントの合計で1点を移動しました。 "私はそれは素晴らしいパフォーマンスだったと思います。特に今日は本当に強いと感じ、それが高度で、ここ私たちのためにテストのようなものとなりました、我々は間違いなく、今日それを感じました。それにかかわらず、我々が一緒に来て、強力なスコアを得て、それだけで素晴らしい気分だった "とモイアは説明した。 "我々は、本当に勝つためにスケート。私たち自身のためにスケート、私たちは本当に、これらのプログラムが大好きです。我々は、我々は明らかにそれに満足しているので、我々が練習されていることすべてを実行し、 "徳が追加されました。

デイビス/ホワイトは、滑らかなステップと印象的なリフトが強調されたヨハン·シュトラウスの "こうもり"からの動的なワルツになった。 2011年の世界チャンピオンは、8つの要素のうち4つでレベル4を拾って、フリー·ダンスの107.25点を獲得しました。彼らは179.40点で総合2位に転落した。 "私は、私たち自身がこの大会を終えての非常に誇りに思っていると思います。何も簡単に来なかったが、我々は本当にために戦った。我々はそこに出すにとても誇りを持っている。銀は今年のために目指していた色ではありませんが、それはOKだ "とDavis氏は述べた。 "我々は、家に帰るとで動作するためにたくさん持っていると我々はそれを楽しみにしています。我々は技術的なスコアを見て、我​​々は間違っていた場所を確認、しかし私たちはニースの正しい軌道に乗っていると思うよ "、彼女は続けた。

"JE suisはmalade"に合わせて踊り、ウィーバー/ Pojeは美しいリフトを生産し、レベル4のスピンは99.03ポイントを獲得する。 2010年四大陸選手権では、全体の163.26点を収集し、3位にとどまった。 "今日のパフォーマンスが強かったと思いました。我々は、全国大会の後に戻って、我々は最後のパフォーマンスが上に構築するために探していたというささいなことに取り組んで、私たちがいることを達成したと思います。我々は間違いなく行く方法を持っているが、我々は世界選手権まで、数週間を持っているので、今私たちは本当に興奮している "、Pojeが指摘した。

マイア渋谷/アレックス·シブタニ(アメリカ)が158.29点を持つグレン·ミラーメドレーで4位になった。マディソンハベル/ザカリー·ドノヒュー(アメリカ)第五に配置(129.20点)、アレクサンドラ·ポール/ミッチェルイスラム教(CAN)(117.97点)6位でフィニッシュ。
[PR]
by honnowa | 2012-02-13 23:13 | パフォーマンス