ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

4CC 2012 ペア SP メモ

今回の記事は私のメモです。
とりあえず順位のみUP。
続きはおいおいと。

ISUさん、日本ではね、ペアとアイスダンスは放送されないんですよ。
何とかして下さい~057.gif


大会の Starting Orders / Results http://www.isuresults.com/results/fc2012/

SP結果 http://www.isuresults.com/results/fc2012/SEG005.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/fc2012/fc2012_Pairs_SP_Scores.pdf


以下、SPの順位順に、
Pl. Qual. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
SP曲
振付
BIO
です。
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。

☆動画↓ 全10組の演技です。
http://bugu.cntv.cn/sports/information/cctv5tiyusaishi/classpage/video/20120212/100335.shtml

2012年四大洲花样滑冰锦标赛 双人短节目 20120212 約67分
http://sports.cntv.cn/20120212/109567.shtml

1 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 66.75 37.31 29.44 7.11 7.07 7.61 7.43 7.57 0.00 #8
2 Caydee DENNEY / John COUGHLIN USA 63.35 35.55 27.80 7.04 6.64 7.11 6.96 7.00 0.00 #1
3 Mary Beth MARLEY / Rockne BRUBAKER USA 62.42 34.96 27.46 6.79 6.61 6.96 6.96 7.00 0.00 #3
4 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN JPN 61.54 34.74 27.80 6.96 6.79 6.89 7.07 7.04 1.00 #7
5 Amanda EVORA / Mark LADWIG USA 60.75 32.47 28.28 7.00 6.93 7.18 7.21 7.04 0.00 #9
6 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS CAN 57.97 31.28 26.69 6.64 6.36 6.68 6.82 6.86 0.00 #10
7 Jessica DUBE / Sebastien WOLFE CAN 57.68 31.28 26.40 6.61 6.29 6.82 6.64 6.64 0.00 #2
8 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 57.53 31.44 26.09 6.75 6.43 6.36 6.54 6.54 0.00 #4
9 Huibo DONG / Yiming WU CHN 49.52 27.29 22.23 5.89 5.32 5.68 5.57 5.32 0.00 #6
10 Yue ZHANG / Lei WANG CHN 48.04 24.41 23.63 6.11 5.64 5.93 6.00 5.86 0.00 #5


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
(現在は、見られません)
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。
SPでは、男子のPCSは1倍、女子は0.8倍、ペア0.8倍、アイスダンスはCH0.8倍に対し、INは1倍と設定が異なるのでコヅチェックはしません。
FSでは、男子2倍、女子1.6倍、ペア1.6倍、アイスダンスもCH・INとも1倍です。





http://www.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=1015
「ISU Four Continents Figure Skating Championships 2012, Day 3
11 February 2012」より、ペアの部分の機械翻訳。

Wenjing隋/ベトコン漢(CHN)がペアのショートプログラムに勝つ

中国の隋Wenjing/ベトコンハンペアショートプログラムを獲得しました。二つの米国チームCaydeeデニー/ジョン·コフリンとメアリー·ベス·マーリー/ロックンブルベイカーは、2番目と3番目に従ってください。

隋/ハンは大きなトリプルツイスト、サイドトリプルトウとスロートリプルフリップ·バイ·サイドにより強調されたアメリカのカントリーミュージックに強い性能を出した。二度の世界ジュニアチャンピオンはシーズンベストの66.75点を獲得しました。 "今日はショートプログラムで私たちの最善を尽くした。それは非常に素晴らしい、素晴らしいです。我々はとても幸せを感じると私のパートナーは非常によくやった。無料のプログラムでは、"両方のクワッドがスローされます(ツイストとサルコウ)と私たちは成功を願って行います、ハンはコメントしています。

"エデンの東"を実行して、デニー/コフリンは、トリプルツイスト、トリプルトウを生産し、トリプルフリップをスローし、フットワーク、死のスパイラルとペアのコンビネーションスピンでレベル4を拾った。米国チャンピオンズ63.35点で最高の新しい季節となりました。 "それは本当に良いと感じた私はそれが自宅でスケートを望んで、私は私たちの友人や家族からのサポートを感じたように、それは感じました。それは彼らのために、自分自身のために行う良いを入れてよかったです。我々は世界選手権に向かって右方向に建物の中に一歩を踏み出した。我々は、このイベントの一部であることに興奮している "とCoughlin氏は述べています。

マーリー/ブルベイカーは、サイドのトリプルトウ、トリプルツイストを並べて上陸したが、彼女はスロートリプルルッツに両手を置く。ナショナル銀メダリストは、最高の62.42点を、別の季節を獲得した。 "我々は、スケート、今日と本当に満足しています。我々は、物事にはかなり強かった、これは間違いなく正しい方向への一歩でした。ここで国民との間に、それはあなたがここでスケートをしたい方法は間違いだ "と、ベイカーは指摘する。

彼女はトリプルサルコウで転倒した後、鳴海高橋/マーヴィン·トラン(JPN)は、現在61.54ポイントで4位にランクされています。アマンダエヴォラ/マークLadwig(米国)は第五ました(60.75点)とペイジ·ローレンス/ルディSwiegersは、(CAN)57.97点でトップ6を包む。
[PR]
by honnowa | 2012-02-12 07:01 | パフォーマンス