ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

GPF Grand Prix of Figure Skating Final 2011 プレビュー メモ他

浅田真央選手のお母様のご冥福をお祈り申し上げます。
姉妹の活躍を励みに闘病生活に耐えてこられたのでしょう。
どうぞ安らかに。
真央ちゃん、今はスケートのことは忘れてね。

真央本、山田コーチ本などで、お母様がどのように姉妹の選手生活を支えてきたか僅かなりとも知っているせいか、私まで辛い気持ちになりました。
グランプリファイナリが始まってもなかなか情報収集する気が起こらず、(日本時間の)今朝の男子FSを視てからやっと気分が乗ってきました。


試合の感想は別に書きますが、このシリーズ中からジャンプの採点で気になることがあったので、把握しておきます。
着氷で手をついてしまった場合です。

「国際スケート連盟コミュニケーション第1672号」より
http://www.skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/2011_Figure/communication1672J%20Single%20%26%20Pair.pdf

ジャンプで両手がタッチ・ダウン(最終的なGOEが必ずマイナスとなるエラー  -2)
片手またはフリー・フットがタッチ・ダウン(最終的なGOEの+-は制約されないエラー -1)

素人目には片手タッチは目立つ失敗に見えるのですが、採点上はあわよくば減点されない場合もあるのですね。


さて本題です。
http://www.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=973
「ISU Grand Prix of Figure Skating Final - Preview
07 December 2011」より、機械翻訳。

フィギュアスケートやフィギュアスケート2011/2012のISUジュニアグランプリのShareThe ISUグランプリはカナダのケベック州では12月8日から11日にフィギュアスケートファイナルとフィギュアスケートファイナルISUジュニアグランプリのISUグランプリで積もる。 11 ISUのメンバーから72スケーター(48エントリ)の合計は2つの決勝戦でしのぎを削っている。


フィギュアスケートファイナルISUグランプリ

10カ国のうち24スケーター/カップルは、フィギュアスケート決勝のISUグランプリに参戦している。フィギュアスケートシリーズのISUグランプリの6つのイベントの資格各カテゴリで六スケーター/カップル:オンタリオ州のヒルトンHオナーズスケートアメリカ、ミシソーガのスケートカナダインターナショナル、上海で中国杯、札幌のNHK杯(JPN)、Trophéeパリのエリックボンパール(FRA)とモスクワ(RUS)のロステレコム杯、とは現在、米国272000ドルの賞金のために競って。

賞金は受賞者に授与し、次のようにスケーター/カップルに配置されます。

メンズ、レディース、ペアとアイスダンス(カップルあたり)

1位USD $ 25,000

2位ドル18000ドル

3位USD 12000ドル

4位USD 6000ドル

5位USD 4000ドル

6位USD 3000ドル

現世界チャンピオンパトリックチャン(CAN)が決勝へ行く途中、カナダの彼のホームグランプリでとTrophéeボンで金メダルを打った。チャンは、最高の253.74点の季節があり、二人の当選を進めるだけの男です。 2010年の世界チャンピオン高橋大輔(JPN /季節最高の259.75点):3人が一つのイベントごとに、他の第三に配置を獲得した。ジェレミーアボット(アメリカ/季節最高の229.08点)とミハルブジェジナ(CZE /季節最高の226.35点)。ハビエルフェルナンデス(ESP)は、銀メダル2個を採取し、だけでなく、彼の最初の決勝のために修飾するだけでなく、(季節最高の250.33ポイント)これを行うにはスペインからの最初のスケーターです。最後に、譲羽生(JPN)は、金と4位入賞(季節最高の241.66点)とケベック州に彼のチケットを予約。ブジェジナとフェルナンデスのように、彼は彼の最初のグランプリファイナルに出場する。彼は2009年12月にフィギュアスケートファイナルISUジュニアグランプリを獲得した。

ナンソング(CHN)、小塚崇彦(JPN)とアダムリッポン(米国は)代替です。

現世界ジュニア銀メダリストのエリザヴェエータTuktamisheva(RUS)はスケートカナダとTrophéeボンパール二つの勝利とレディースイベントで上位修飾子です。 14歳のケベック州に182.89点の最高の季節が付属しており、グランプリファイナルでデビューする。彼女はジュニア決勝昨年の銀メダリストだ。最高の季節185.98点で最高との二度の世界チャンピオン浅田真央(JPN /季節最高の184.19点)、現世界銅メダリストカロリナコストナー(ITA /季節最高の182.14点)と鈴木明子(JPN)は、カナダに彼らのチケットを予約してシリーズから、金と銀。ディフェンディンググランプリファイナルチャンピオンアリッサシズニー(米国)が決勝(季節最高の179.15点)にゴールドとブロンズ途中をピックアップ。アレナLeonova(RUS)は銀メダル1個と銅メダル1個を(季節最高の180.45点)と主張。代替品は、アデリーナSotnikova(RUS)、未来長洲(米国)とアシュリーワグナー(米国)です。

世界チャンピオンアリオナサフチェンコ/ロビンゾルコーヴィ(GER /季節最高の208.69点)と裕子Kavagutiに君臨、2011世界の銀メダリストタチアナVolosozhar /マキシムTrankov(RUS /季節最高の201.38点):3つのペアのチームが決勝に2つの金メダル各付属/アレクサンダースミルノフ(RUS /季節最高の197.84点)。ダン張/ハオ張(CHN)が銀メダル2個(季節最高の178.66点)を獲得した。鳴海高橋/マーヴィントラン(JPN)は、銀とケベック州の4位入賞に向かっている。彼らはグランプリファイナルで日本を代表する最初のペアのチームですが、前にジュニア決勝(季節最高の172.09点)で既にmedaled。ミーガンデュアメル/エリックラドフォード(CAN)も新人で、2つの銅メダル(季節最高の176.62点)で修飾。また、日本とカナダのチームとはVolosozhar / Trankov新参者ですが、VolosozharとTrankovは決勝で、以前のパートナーと競っていた。

代替品は、カーステンMoore-Towers/Dylan Moscovitch(CAN)、ベラBazarova /ゆりラリオノフ(RUS)とすべての前に最終的な一年にあったWenjing隋/ベトコン漢(CHN)です。

世界チャンピオンに君臨し、ディフェンディングISUグランプリファイナルチャンピオンメリルデイビス/チャーリーホワイト(米国)は2つの金のヒルトンHオナーズスケートアメリカとロステレコムカップから金メダルと季節179.06点の最高のケベックに到着。彼らのアーチライバル、オリンピックチャンピオンと現在の世界銀メダリストテッサ/スコットモイア(CAN)はスケートカナダとTropheeボンパール(季節最高の178.34点)で金メダルを主張した。今年の決勝で唯一の新規参入者は、世界銅メダル金メダル1個と銀メダル1個(季節最高の151.85点)を獲得したマイア渋谷/アレックスシブタニ(アメリカ)、です。エカテリーナBobrova /ドミトリソルビエフ(RUS)は、青銅、そのイベント(季節最高の163.52点)で金メダルを選んだ。ナタリーPechalat /ファビアンBourzat(FRA /季節最高の164.56点)とケイトリンウィーバー/アンドリューPoje(CAN /季節最高の161.18点では)彼らのイベントで銀メダル2個を集めた。

代替品は、アンナカッペリーニ/ルカLanotte(ITA)、エレナIlinykh /ニキータKatsalapov(RUS)とイザベラトビアス/ Deividas Stagniunas(LTU)です。

フィギュアスケートファイナルISUジュニアグランプリ

24スケーター/シックスISUメンバーからのカップルがジュニア決勝で競っている。各カテゴリの六スケーター/カップルは、フィギュアスケートリガのシリーズ(LAT)、ブリスベン(AUS)、ブラショフ(ROU)、インスブルック(AUT)、ミラノ(ITA)、グダニスク(POLのISUグランプリの7つのイベントに認定)とタリン(EST)。賞金は、ISUで利用できるように105000ドルは$です。

賞金は受賞者に授与し、次のようにスケーター/カップルに配置されます。


ジュニア男子と女子ジュニアペアとダンス(カップルあたり)

1位USD 6000ドル1位USD 9000ドル

2位USD 5000ドル2位USD 7500ドル

3位USD 4000ドル、3位USD 6000ドル

4位USD 3000ドル、4位USD 4500ドル

5位USD 2000ドル5位USD 3000ドル

6位ドル千ドル6位USD 1500ドル


いくつかのスケーターがジュニア決勝に戻ってきているが、後輩スケーターの次の世代から多くの新しい顔もあります。

ジュニアメンズ部門でトップの修飾子は、その二つのイベントで金メダルを奪った漢ヤン(CHN)とジョシュアファリス(米国)です。ジェイソンブラウン(米国)、マキシムKovtun(RUS)とRyuju日野(JPN)が決勝に金メダル1個と銀メダル1個と進んだ。世界ジュニア銀メダリストの田​​中啓治(JPN)は、2番目と3番目に配置。

彼らのジュニアグランプリ大会の両方で優勝し決勝のために修飾二ジュニア女子:

ジュリアLipnitskaya(RUS)とポリーナShelepen(RUS)。 Shelepenは彼女の第3連続したジュニア決勝で競っている。彼女は2010年に銀メダルを獲得した。ヴァネッサラム(米国)は、回路からケベックへの金と銀が付属しています。りさ商事(JPN)とZijunのLi(CHN)が銀メダル2個で修飾。ポリーナKorbeinikova(RUS)は、銀と4位フィニッシュでそれを作った。

隋/コング漢(CHN)をWenjing二度の世界ジュニアチャンピオンは、ジュニアグランプリに2つの金メダルを収集し、ジュニアペアの順位を導く。ブリトニーシンプソン/マシューブラックマー(米国)、キャサリンBobak /イアンBeharry(CAN)と暁ゆう/ヤンジン(CHN)がすべての彼らのイベントで2つのメダルを主張した。最後の2つの修飾子は、エカテリーナPetaikina /マキシムKurduykov(RUS)とタチアナTudvaseva /セルゲイLisiev(RUS)です。 Tudvaseva / Lisievは負傷のため離脱したジェシカCalalang /ザックSidhu(アメリカ)に置き換え。

ジュニアシリーズから上の二つのジュニアダンスチームは、ビクトリアSinitsina /ルスランZhiganshin(RUS)と2つのイベントそれぞれの勝利を主張するアレクサンドラステパノワ/イヴァンBukin(RUS)です。アンナYanovskaia /セルゲイMozgov(RUS)とマリーナNosulia / Yevgen Kholoniuk(UKR)は、それぞれの間の金と銀を取った

アナスタシアGalyeta /アレクセイShumski(UKR)は銀メダル2個を得た。アレクサンドラAldrigde /ダニエルイートン(米国)が決勝に銀と青銅が付属しています。

エントリの完全なリストはwww.isu.orgで入手できます。


最終的なフィギュアスケート(シニア&ジュニア)のISUグランプリのスケジュールは以下の通りです:
12月8日(木曜日):ジュニアショートダンス、ジュニアペア、ジュニア男子、ジュニア女子ショートプログラム

12月9日(金曜日):ジュニア女子フリースケート、ジュニアペアフリースケート、男性、女性とペアショートプログラム、ショートダンス

12月10日(土曜日):ジュニア男子、男子、女子、ペアフリースケーティング

12月11日(日曜日):フリーダンス、エキシビションガラ
[PR]
by honnowa | 2011-12-11 21:44 | パフォーマンス