ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

GPS Rostelecom Cup 2011 ペア FS

今回の記事は私のメモです。
感想などは、時間があればまたの機会に。

FS結果 http://www.isuresults.com/results/gprus2011/SEG006.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/gprus2011/gprus2011_Pairs_FS_Scores.pdf
総合順位 http://www.isuresults.com/results/gprus2011/CAT003RS.HTM

以下、FSの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
FS曲
振付
BIO
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。

1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER 139.97 70.98 68.99 8.75 8.29 8.54 8.86 8.68 0.00 #7
http://youtu.be/AFVXBUKyciA
Pina (soundtrack)
Choreographer: Ingo Steuer
http://www.isuresults.com/bios/isufs00007498.htm
8.86>8.68(-0.18)
Skate Americaの結果↓
(1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER 124.53 60.41 64.12 7.96 7.93 7.93 8.25 8.00 0.00 #4)
NHK杯の結果↓
(3 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER 112.45 48.58 63.87 8.14 7.82 7.86 8.14 7.96 0.00 #8)

2 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS 132.67 65.70 66.97 8.29 8.11 8.39 8.57 8.50 0.00 #6
http://youtu.be/vQkzVWxv0BI
Claire de Lune by Claude Debussy
Choreographer: Tatiana Druchinina
http://www.isuresults.com/bios/isufs00009880.htm
8.57>8.50(-0.07)
Cup of Chinaの結果↓
(1 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS 122.29 58.53 63.76 8.00 7.79 7.89 8.04 8.14 0.00 #8)
NHK杯の結果↓
(1 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS 122.49 61.13 61.36 7.79 7.54 7.64 7.82 7.57 0.00 #4)
振付こなれた分、安心感が加わった感じがします。
悠子ちゃんのシャチホコリフト、あそこまで体を反らせられるのは彼女だけ。

3 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 107.89 51.94 55.95 7.00 6.75 7.07 7.11 7.04 0.00 #5
http://youtu.be/x2X-Ppj6ku4
Adagio in G minor for Organ and Strings by Tomaso Albinoni and Remo Giazotto
Choreographer: Pasquale Camerlengo, Anjelika Krylova
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012078.htm
7.11>7.04(-0.07)
NHK杯の結果↓
(5 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 107.60 52.49 55.11 6.89 6.71 7.07 6.89 6.89 0.00 #6)
FSとトータルのPB更新おめでとう。
彼はコストナーさんに似ている。
でも彼はチェコの出身です。

4 Katarina GERBOLDT / Alexander ENBERT RUS 101.54 53.37 48.17 6.25 5.75 5.96 6.18 5.96 0.00 #1
http://youtu.be/cTZ7hrrZzJg
The Umbrellas of Cherbourg by Michel Legrand
Choreographer: Anna Sysoeva
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012876.htm
6.18>5.96(-0.22)

5 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 97.93 49.55 51.38 6.61 6.21 6.29 6.64 6.36 3.00 #4
http://youtu.be/FqPHESGy2fY
Polovetsian Dances (from "Prince Igor") by Alexander Borodin (modern arrangement)
Choreographer: Alexander Stepin
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012170.htm
6.64>6.36(-0.28)
Eric Bompardの結果↓
(8 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 88.25 43.08 46.17 6.14 5.61 5.68 5.79 5.64 1.00 #2 )
動画のロシア?解説者、何かあきれたことを見聞きした時に「おいおいおいおい」とか「おい」って言うのね。

6 Ashley CAIN / Joshua REAGAN USA 88.99 43.75 47.24 6.00 5.64 5.89 6.04 5.96 2.00 #3
http://youtu.be/HQ-26pQRVj4
Dr. Zhivago (soundtrack) by Maurice Jarre
Choreographer: David Kirby, Evgeni Nemirovski, Darlene Cain
6.04>5.96
男女ともブロンドはいそうでいない組です。
「白いペア」と呼ぼうかしら。
「白い恋人」では面白くないと言われそうなので。
BIOの機械翻訳です↓
カインはまた、シングルスに出場し、2011年に彼女のジュニアグランプリのイベントで5番目と6番目に配置。カインの父ピーターはオーストラリアを代表する、1980年冬季オリンピックで彼の妹リズとのペアで出場し、そして夫婦のコーチングチームの一員です。アシュリーは、カインのいとこショーンカーロウは、オーストラリアを代表する、世界レベルでのフィギュアスケートに出場。レーガンはまた、水泳に出場し、50ヤード自由形と200ヤードリレーで高校のステートチャンピオンです。

水泳男子!
日本もそこからスカウトするという手がある!

7 Brittany JONES / Kurtis GASKELL CAN 88.78 46.73 44.05 5.68 5.39 5.46 5.57 5.43 2.00 #2
http://youtu.be/mHclrT6IS3s
Tosca by Giacomo Puccini
Lucevan Le stelle (from Tosca) by Giacomo Puccini
Choreographer:Romain Haguenauer
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012016.htm
5.57>5.43(-0.14)
親戚の子の発表会を見守るおばちゃんの心境でした。
まだまだこれからよ~


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。
SPでは、男子のPCSは1倍、女子は0.8倍、ペア0.8倍、アイスダンスはCH0.8倍に対し、INは1倍と設定が異なるのでコヅチェックはしません。
FSでは、男子2倍、女子1.6倍、ペア1.6倍、アイスダンスもCH・INとも1倍です。





http://www.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=965
「ISU Grand Prix of Figure Skating: Rostelecom Cup, Day 2
26 November 2011」より、ペアの部分の機械翻訳。

アリオナサフチェンコ/ロビンゾルコーヴィ(GER)はペアのタイトルをつかむ
アリオナサフチェンコ/ドイツのロビンゾルコーヴィは、説得力のある方法でペアのタイトルを押収した。ホーム - 群衆のお気に入り優子Kavaguti /ロシアのアレクサンダースミルノフは銀メダルを獲得し、イタリアのステファニBerton /オンドレイHotarekは、彼らの最初のグランプリを獲得して銅メダルを取った。ドイツ人とロシアは、すでにグランプリファイナルのために修飾された両方。

サフチェンコ/ゾルコーはトリプルトウ - トリプルトウのシーケンス、スロートリプルフリップとサルコウだけでなく、レベル4のリフトとスピンによって強調された"ピナ"のサウンドトラックに力強いパフォーマンスを出す。ドイツ人は139.97ポイントで自分自身のために最適な新しい季節を設定し、208.69点の合計を獲得し。 "今日、我々はダブルアクセルでエラーにもかかわらず、私たちのパフォーマンスに満足している"、サフチェンは言った。 "我々が出かけた前に私達がちょうど私たち自身のパフォーマンスに焦点を当て、私たちの最高のものを提供したい"、と彼女は付け加えた。
"月の光"にスケート、Kavaguti /スミルノフは、サイドトリプルtoeloop、トリプルツイスト、ダブルアクセル - ダブルアクセルの順序に並んでヒット。彼らは最高の132.67点を、別の季節を獲得するために、スピン2つのリフトのためにレベル4を得た。全体の2010年欧州チャンピオンズは、197.84ポイントを蓄積。 "我々はまた、非常に(スロートリプルループで)我々は小さなミスにもかかわらず、今日やったことに満足しています。我々は再びモスクワにここに滑ると私たちのコーチ、観客を幸せにすることができたことを喜んでいる"、スミルノフは指摘する。
Berton / Hotarekはトリプルトウ - ダブルつま先ダブルつま先の組み合わせ、高いダブルツイストと難しいリフトでデトマソアルビノーニの"アダージョ"にも彼らのルーチンに始めたが、その後彼女はサルコウをポップし、後で倍スローループにつまずいた。イタリア人は168.02ポイントの合計に合算107.89点で最高のシーズンを記録した。 "それはここにいるし、モスクワでのその一私たちの最初のグランプリを獲得しているため、大変光栄です。それは、長い間記憶に残ります。私たちはより良いスケートをしたかったが、我々は圧力を持っていた"、Hotarekはコメントしています。
2011年世界ジュニア銀メダリストKsenia Stolbova /ヒョードルクリモフ(RUS)が149.66点で4位に留まり、カタリーナGerboldt /アレクサンダーEnbert(RUS)が148.94点で7位から5次までの移動。
[PR]
by honnowa | 2011-11-30 13:28 | パフォーマンス