ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

GPS Trophee Eric Bompard 2011 ペア SP

今回の記事は私のメモです。
感想などは、時間があればまたの機会に。

SP結果 http://www.isuresults.com/results/gpfra2011/SEG005.HTM 
SCORE http://www.isuresults.com/results/gpfra2011/gpfra2011_Pairs_SP_Scores.pdf

以下、SPの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
SP曲
振付
BIO
※コヅチェック (CH<>=IN 何かの参考になるかも知れないので点差 +だと表現力が振付を上回った、-は振付負け)
です。

1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS 63.69 33.01 31.68 8.14 7.64 7.82 8.00 8.00 1.00 #7
Bring Me Back To Life by Evanescence arranged by Alex Goldshtein
Choreographer: Alla Kapranova
http://www.isuresults.com/bios/isufs00013149.htm
8.00=8.00
Skate Canadaの結果↓
(1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS 70.42 39.39 31.03 7.93 7.43 7.86 7.79 7.79 0.00 #6)
編曲者追加です。
タチアナさんが転倒して、トランコフさんが起すところがまるで映画のシーンみたいで、点数以上にいいもの見ました。
このプログラムにはむしろぴったり。
タチアナは少し調子悪そうでしたが、トランコフはターミネーターになりきったみたいで、かっこよかった。

2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 61.06 34.06 27.00 6.93 6.50 6.71 6.86 6.75 0.00 #4
http://youtu.be/B41Ad4scsrc
Concierto de Aranjuez by Joaquin Rodriguez
Choreographer: Julie Marcotte
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012877.htm
6.86>6.75 (-0.11)
Skate Canadaの結果↓
(2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 62.37 35.37 27.00 6.75 6.57 6.79 6.93 6.71 0.00 #3)

3 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 59.06 30.88 29.18 7.46 7.11 7.29 7.36 7.25 1.00 #8
http://youtu.be/jF3kdHtvv-8
Tosca by Giacomo Puccini arranged by Maxime Rodriguez
Choreographer: Sergei Petukhov, Alexei Gorshkov
http://www.isuresults.com/bios/isufs00013629.htm
7.36>7.25 (-0.11)
Skate Americaの結果↓
(3 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 59.62 32.42 28.20 7.29 6.93 6.93 7.07 7.04 1.00 #7)

4 Amanda EVORA / Mark LADWIG USA 57.69 29.83 28.86 7.25 6.93 7.32 7.25 7.32 1.00 #6
http://youtu.be/o5Q-UgdkePs
The Man I Love by George Gershwin
Choreographer: Jim Peterson
http://www.isuresults.com/bios/isufs00007159.htm
7.25<7.32 (+0.07)
Cup of Chinaの結果↓
(5 Amanda EVORA / Mark LADWIG USA 57.88 31.39 26.49 6.68 6.50 6.61 6.61 6.71 0.00 #5)

5 Jessica DUBE / Sebastien WOLFE CAN 53.24 28.23 25.01 6.46 5.82 6.32 6.32 6.32 0.00 #1
http://youtu.be/P04euydeU54
Three Hours Past Midnight by James Collin
Choreographer: Marina Zueva, David Wilson
http://www.isuresults.com/bios/isufs00013628.htm
6.32=6.32
Skate Canadaの結果↓
(6 Jessica DUBE / Sebastien WOLFE CAN 53.23 28.97 24.26 6.14 5.79 6.07 6.29 6.04 0.00 #1)

6 Huibo DONG / Yiming WU CHN 49.27 27.44 21.83 5.75 5.18 5.46 5.57 5.32 0.00 #3
http://youtu.be/E1i9_7-pxXc
Red Violin (based on Aranjuez con tu amor) by Joaquin Rodrigo
Choreographer: Wei Liu, Feng Huang
http://www.isuresults.com/bios/isufs00010574.htm
5.57>5.32 (-0.25)

7 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 48.81 25.38 25.43 6.54 6.21 6.25 6.43 6.36 2.00 #5
http://youtu.be/RRsISVnycvM
Bolero by Maurice Ravel (modern arrangement)
Choreographer: Alexander Stepin
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012170.htm
6.43>6.36 (-0.07)
ジュニア2位のペアです。
見えない・・・

8 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 44.86 21.98 22.88 5.86 5.50 5.64 5.89 5.71 0.00 #2
http://youtu.be/okw3w-BtjIg
Tango de Roxane (from Moulin Rouge soundtrack)
Choreographer: Romain Haguenauer
http://www.isuresults.com/bios/isufs00013733.htm
5.89>5.71 (-0.18)
GPSでフランス唯一の出場ペアです
2010年9月にペア結成。
男性はそれまでシングルのジュニア選手でした。
若いし体格も申し分ありません(お顔も)


※ コヅチェック(私が勝手に命名)とはN杯FS試合後インタビューで、小塚選手が表現力の面で「INがCHの上になり嬉しかった」と答えたことによるものです。
N杯公式サイトにインタビュー動画がUPされてますので、気になる方はご確認を。
私個人はCH採点は不要と考えているのですが、単にCH、INそれぞれの点数の高低でなく、CH<INという捉え方はこれまで思いつかず、世界のTOPを目指す現役選手が1つの目安にしていることがわかったので、分析してみようかなと思いまして。





http://www.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=959
「ISU Grand Prix of Figure Skating: Trophee Bompard, Day 1
18 November 2011」より、ペアの部分の機械翻訳。

タチアナVolosozhar/マキシムTrankov(RUS)は、ペアのショートプログラムを獲得
ロシアのタチアナVolosozhar/マキシムTrankovはペアショートプログラムを捕獲した。ミーガンデュアメル/カナダのエリックラドフォードは、準優勝とロシアのベラBazarova/ゆりラリオノフはサードだった。
Volosozhar/ Trankovは高いトリプルツイストとエヴァネッセンスが"生命に私を取り戻す"ために彼らのルーチンを開きましたが、彼女は着陸に落ちた。現世界の銀メダリストは、サイドtoeloop並べて着陸させる瞬時に回復し、リフト、フットワークとペアのスピンのレベル4を拾いました。モスクワからのカップルは63.69ポイントを獲得。 "ツイストは、私たちの好きな要素であり、我々は通常、非常にうまくそれを行うことが、今日の何かが起こった。我々は、この後私達が強かったとトリプルトウをやった"、Trankovはコメントアウトした満足しています。
デュアメル/ラドフォードはトリプルツイスト、トリプルサルコウ、トリプルフリップを投げることによって強調された"アランフェス協奏曲"に固体プログラムを提供しました。カナダ人は61.06点を獲得。 "スケートカナダは素晴らしいスタートだと私たちが今あるように私たちはそこに同じ位置にあった。私たちは明日を楽しみに私たちのスケートを服用しても行うことに今集中している"、ラドフォードは言った。
"トスカ"に実行する、Bazarova/ラリオノフはトリプルtoeloop、トリプルツイストと難しいリフトを完了したが、彼女はスロートリプルフリップを逃した。ロシア人は59.06点を集めた。 "今日、私は不幸なミスを犯した。私は、あまりにも強力にベラを投げた彼女はそれを期待していなかったし、結果として、秋は"あった、ラリオノフは説明した。

アマンダエヴォラ/マークLadwig(米国)が57.69点で4位に座っているとジェシカデュベ/セバスチャンウルフ(CAN)は第5(53.24点)だった。
[PR]
by honnowa | 2011-11-20 13:21 | パフォーマンス