ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

GPS NHK杯 2011 男子 FS メモ

今回の記事は私のメモです。
感想などは、時間があればまたの機会に。
仕事しながら地上波生をチラ視していました。
やはり大ちゃんは凄かった。
フランス大会が始まったので、急いでUP。

FP結果 http://www.isuresults.com/results/gpjpn2011/SEG002.HTM
SCORE http://www.isuresults.com/results/gpjpn2011/gpjpn2011_Men_FS_Scores.pdf
総合順位 http://www.isuresults.com/results/gpjpn2011/CAT001RS.HTM

以下、FPの順位順に、
Pl. Name Nation TSS = TES + PCS + SS TR PE CH IN Ded.- StN.
演技動画
FP曲
振付
BIO
です。

1 Daisuke TAKAHASHI JPN 169.32 80.04 90.28 8.96 8.79 9.00 9.14 9.25 1.00 #9
Blues for Klook by Eddy Louis
Choreographer: David Wilson, Pasquale Camerlengo
http://www.isuresults.com/bios/isufs00004810.htm
Skate Canadaの結果↓
(3 Daisuke TAKAHASHI JPN 153.21 69.37 83.84 8.46 8.18 8.32 8.50 8.46 0.00 #9)
息をするのも忘れそうなほど魅入ってしまった。
選曲から、今シーズンは彼の勝ちかなと思わせてしまう。
演技後のインタビューにて「6分間練習で人生初4F着氷」と言ってましたが、今まで練習でも飛べてないジャンプを投入してたの?と吃驚。
その4F「豊の部屋」で視れてよかった。
カメラさん、Good jobです。

2 Takahiko KOZUKA JPN 155.25 76.67 78.58 7.93 7.61 7.86 7.93 7.96 0.00 #8
Nausicaa of the Valley of the Wind (soundtrack)
Choreographer: M. Zueva, F. Andreev (FS)
http://www.isuresults.com/bios/isufs00006317.htm
Skate Canadaの結果↓
(2 Takahiko KOZUKA JPN 141.40 68.54 74.86 7.82 7.29 7.21 7.57 7.54 2.00 #9)
演技後のインタビューがいろいろ興味深い。
INがCHを上回ることが良い、という捉え方なのね。

3 Samuel CONTESTI ITA 145.86 74.52 71.34 6.96 6.71 7.32 7.25 7.43 0.00 #3
La vie en rose by Edith Piaf
Ca gaze by Fony Murena
Valse a mille temps by Jacques Brel
Choreographer: Pasquale Camerlengo, Geraldine Zulini
http://www.isuresults.com/bios/isufs00005918.htm
Skate Americaの結果↓
(4 Samuel CONTESTI ITA 134.68 68.32 66.36 6.50 6.25 6.68 6.68 7.07 0.00 #1)
彼のまともな演技をみるのはどれくらいぶりでしょう。
何が今までずれていたのか、どうして急に良くなったのか。
ともかく良かった、ほっとしました。

4 Ross MINER USA 141.24 74.22 67.02 6.86 6.36 6.82 6.68 6.79 0.00 #4
The Untouchables (soundtrack) by Ennio Morricone
Choreographer: Jamie Isley
http://www.isuresults.com/bios/isufs00011185.htm
Skate Canadaの結果↓
(5 Ross MINER USA 141.53 75.67 65.86 6.82 6.39 6.75 6.43 6.54 0.00 #2)
ロス君、よかったらアルマーニのスーツ着てみない?

5 Tomas VERNER CZE 133.67 63.89 71.78 7.25 6.93 7.18 7.21 7.32 2.00 #1
Sing Sing Sing (from "Swing Kids" soundtrack)
La Vie en Rose performed by Louis Armstrong
Choreographer: Pasquale Camerlengo
http://www.isuresults.com/bios/isufs00004383.htm
あら凄いサービスね。
ジャッジさん、最後の転倒はやはり演出ですよ、何回視ても。

6 Tatsuki MACHIDA JPN 123.19 54.57 68.62 6.93 6.64 6.96 6.96 6.82 0.00 #5
Don Quixote by Leon Minkus
Choreographer: Stephane Lambiel
http://www.isuresults.com/bios/isufs00007413.htm
意外にもランビ本人はドン・キホーテをやっていない?
もったいない!

7 Armin MAHBANOOZADEH USA 122.06 61.12 61.94 6.29 5.86 6.39 6.18 6.25 1.00 #2
Kill Bill (soundtrack)
Choreographer: Irina Romanova
http://www.isuresults.com/bios/isufs00010364.htm

8 Konstantin MENSHOV RUS 121.21 58.57 64.64 6.61 6.14 6.43 6.46 6.68 2.00 #6
The Race by Yellow
Battle Without Honour or Humanity (from "Kill Bill" soundtrack) by Tomoyasu Hotei
Clair de Lune by Claude Debussy
Choreographer: Olga Glinka
http://www.isuresults.com/bios/isufs00006781.htm
ミンショフさん、やったぁ。
2回もクワドをいれてたのね。
SP・FSとも曲編集面白く聴きごたえがありました。

9 Brandon MROZ USA 110.00 45.44 65.56 6.71 6.39 6.36 6.71 6.61 1.00 #7
Carmen by Georges Bizet, arranged by Leonard Bernstein
Choreographer: Sandra Bezic, Tom Dickson
http://www.isuresults.com/bios/isufs00007788.htm
もしかしたら体調不良だった?
曲は思い切ってプルシェンコの「やけくそカルメン」にしてはどうでしょう。





http://www.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-205151-222374-nav-list,00.html?id=950
「ISU Grand Prix of Figure Skating: NHK Trophy, Day 3
13 November 2011」より、機械翻訳。

札幌、日本のNHK杯は男子フリースケーティングおよび展示会のガラは日曜日締結。 NHK杯では、フィギュアスケートシリーズのISUグランプリで6つのイベントの第四だった。土曜日と同様に、5 733人の観客は、札幌で完売真駒内セキスイハイムアイスアリーナでの競争を追った。

高橋大輔(JPN)は、金を打つ
日本の高橋大輔は、チームメート小塚崇彦が銀を主張したメンズイベントで金を打った。ロスマイナー(米国)が銅メダルを獲得するために6位からだった。

高橋は彼の"Klookのためのブルース"プログラムのクワッドフリップのために行ったが、underrotatedと落ちた。彼は5つの良いトリプルジャンプ二レベル4のスピンを生成するために回復し、169.32点の最高の季節を獲得した。 2010年の世界チャンピオンは、全体の259.75点を獲得し、彼の勝利と同様に決勝で彼のスポットを確保。 "私はグランプリファイナルに進むには安心ですが、私は最終の準備になるために私のパフォーマンスを向上させる必要があります知っている。私のパフォーマンスは、今日はまだ100パーセントではなかったと私はパフォーマンスのその種の決勝で勝つことはありません。しかし、私は六分で私はクワッドフリップを上陸させることができたことを嬉しく思ってウォームアップ"、高橋は言った。
"風のナウシカ姫"にスケート、小塚は2つのトリプルアクセルとさらに4つのトリプルをオフ目前、しかし両足underrotatedクワッドつま先。現世界の銀メダリストは235.02ポイントまで追加した155.25ポイントotの最高の新しい季節を拾いました。 "以来の世界選手権以来、私はそれが表彰台になるためにどのように良い感じの理解になってきた。私はトップ3に終了する嬉しいです。しかし、私のパフォーマンスに近い外観は、いくつかのエラーを明らかにする。私は最初から最後まできれいにスケートをすることができませんでしたし、私はそれを知る前に私のパフォーマンスは終わった。私は非常にクリーンなスケートをすることができるよように困難に訓練したい"、小塚は記者に語った。
Minerは、全体の141.24ポイントと212.36を獲得するには、2つのトリプルアクセルと難しいスピンをフィーチャーした"アンタッチャブル"サウンドトラックに確かな実績になった。 "それはここにアップして素晴らしいです。私は本当にここでメダルを得るために予想していなかった。それは私の最初のグランプリを獲得です。私はこの大会に来たときに私の目標は、自分を幸せにすることでした。それは完璧ではなかったが、固体のスケートは"、20歳はコメントしています。

サミュエルコンテスティ(ITA)が209.69点で7位から4位に浮上し、トーマスベルナーは196.63点で9位から5位に引っ張った。ショートプログラムに続く第3の場所に立っていたブランドンムロツ(米国)は、、いくつかのエラーを加えた後で9位に下がった。
[PR]
by honnowa | 2011-11-19 02:50 | パフォーマンス