ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フィギュアスケート World2007 アイスダンス CD +追記

2007年世界選手権 アイスダンスのコンパルソリーダンスが動画サイトに上がっていました。
2010年バンクーバーオリンピック上位陣の少し若い姿がみられます。
順番に視て参りましょう。
※ 順位はCD順位です。

1位 CAN
germann1968様 「Khokhlova Novitski. 2007 Worlds. Ice Dancing CD - Rhumba」


おしゃれで素敵な演技でした。
ミヤケンさん、どこがずれたのか、私にはわかりません。

2位 BUL
「Albena DENKOVA & Maxim STAVISKI. 2007 Worlds. Ice Dancing CD - Rhumba」
http://youtu.be/RQugomdzUpM

残念ながら張れませんでした。
私のパソコンの調子によるものかもしれません。

3位 RUS
「Oksana DOMNINA & Maxim SHABALIN. 2007 Worlds. Ice Dancing CD - Rhumba」


容姿が素晴らしい。
リフト重視のルールでは、大型ペアはこの2人が最後かもしれません。
こういうカップルの演技がもっとみたいので、残念です。
バンクーバーに比べ、ドムニナはまだ可憐で、シャリバンもまだ渋くなる前です。

4位 FRA
「Isabelle DELOBEL & Olivier SCHOENFELDER. 2007 Worlds. Ice Dancing CD - Rhumba」


どうやって順位をつけているのか、素人には本当にわかりません。
コーナーのチェンジエッジもカメラワークで同じようには見ることができません。
ルンバの歴史にも言及した藤森さんの解説が面白いです。
藤森さんが指摘された男性、女性のエッジの違い、残念ながら私にはわかりません。

5位 USA
「Tanith BELBIN & Benjamin AGOSTO. 2007 Worlds. Ice Dancing CD - Rhumba」


ベルビン、きれ~い
アゴスト、サービス精神旺盛なのね。

6位 RUS
Khokhlova Novitski. 2007 Worlds. Ice Dancing CD - Rhumba


他の競技ならば、順位による演技の差が素人目にもわかりそうなものですが、この順位でもまだ差がわかりません。

7位 ITA
Federica FAIELLA / Massimo SCALI
残念ながらUP主様のコレクションに動画はありませんでした。

8位 GBR
Sinead KERR / John KERRGBR
残念ながらUP主様のコレクションに動画はありませんでした。

9位 CAN
「Tessa VIRTUE & Scott MOIR. 2007 Worlds. Ice Dancing CD - Rhumba」


17歳と19歳!
ものすごく若いのですが、メイクで大人びてますね。
それでもテッサの手の使い方が、いかにも学生さんという感じで微笑ましいです。
ここからわずか3年後にオリンピックチャンピオンになってしまうのですね。

10位
「Meryl DAVIS & Charlie WHITE. 2007 Worlds. Ice Dancing CD - Rhumba」


2人とも若い!(いえ、今でも十分に若いのですが)
メリルがもう少し可憐で、チャーリーが今よりもやや影薄な普通のイケメンでした。
1位になったペアの次の演技ということで、やや滑走順が不利だったのかもしれません。

それにしてもどこで上下を分けているのか、本当にわかりません。
ロビー活動とか(もちろん選手自身でなく、国のスケート連盟ですよ)、競技への実績と長年の功績度もあるのでしょうが。

強いて演技の差を見つけるならば、9位と10位の若いカップルは、左足を斜め前に出す時思い切りがよく見えます。
(ニ巡してみたら、そうでもなかったです)
ダンスの雰囲気、華やかさは、やはりベテラン組みに一日の長があります。

さてもう一度一巡して見比べてみることにします。
動画主様、ありがとうございます。

10位から逆に視てゆきました。
7、8位が抜けてるせいか、ベテラン組みと若手との差はわかりやすい。
ベテラン組みは演技に余裕が加わるので遊び心に溢れ、力が抜けて(いるように見え)、洒脱です。

技術的な差である、2人の距離、足のシンクロ具合、スピードはこれらバラバラの映像ではどうしてもわかりませんでした。



この試合の結果です。
ISUより。

http://www.isuresults.com/events/cat00005656.htm
[PR]
by honnowa | 2011-08-21 16:46 | パフォーマンス