ニュートラルな気づき 


by honnowa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

沢田研二さんについて思うこと 11 衣装

前々回の記事(『世間がジュリーを思い出しつつある』)でも触れましたが、10日に行なわれたジュリーの正月コンサートの様子が、新聞社系サイトにいくつも取り上げられていました。

ウエストを絞った白いスーツで熱唱する画像が載っています。
素敵ですね~
衣装デザインは例によって早川タケジさんでしょうか。

各年代のジュリー動画や、還暦ドームコンサートのテレビ放送を観ながら、なぜ今でもジュリーはタケジさんの衣装を着るのだろうと考えていました。

テレビ出演を見合わせ、過去のヒット曲を封印していた時期、現役ロックンローラーに拘るのなら、もっとロックらしい装いでいいのではと思えたのです。
それではジュリーでなくなってしまうかもしれませんが、そのほうがロックが好きな男性が近寄りやすいだろうし、ロッカー沢田としてはそのように路線変換をすることもできたかもしれません。

思うに、タケジさんの衣装はきっと沢田研二さんがジュリーになるためのスイッチなんでしょうね。
それからタイガース時代から応援してくれている特に年上のお姉さまファンへの、ジュリーなりのファンサービスなのかもしれません。

ジュリーの音楽の盟友はたくさんいらっしゃいますが、各時代の路線によって、協力者は代わって行きます。
もっとも長くジュリーと仕事をしている相手が実は音楽仲間でなく、衣装とアートディレクター担当の早川タケジさんであるとは、ジュリーの多面的な魅力を知る上で面白いですね。
[PR]
by honnowa | 2009-01-11 23:55 |